やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

奥田政行シェフの、チャーハンのレシピ。世界で絶賛されたチャーハン。

投稿日:2016年9月23日 更新日:

イタリアンの名店「アル・ケッチャーノ」のオーナーシェフ 奥田政行さんが考案した、家庭でも美味しく作れるチャーハンのレシピをご紹介します。

奥田さんは、世界の大舞台で活躍される超一流シェフで、このチャーハンは、ダボス会議で各国のVIPに絶賛された料理を、家庭用にアレンジしたレシピになっています。

材料費は1人前285円。
調理時間は、ご飯を炊く時間(25分)を除くと、たったの10分です。

(一部情報元:日本テレビ「あのニュースで得する人損する人」奥田シェフ&家事えもんのかけ算レシピ 2016年9月22日放映)

奥田シェフのチャーハンの作り方

奥田さんの「チャーハン」のレシピです。

レシピの全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【2人分:調理時間10分/炊く時間除く】
鶏ムネ肉 80g
玉ネギ 1/4個(62g)
ニンニク 17g(特大1かけ)
生米 200g
2個
ピュアオリーブオイル 40ml
塩・コショウ 適量
醤油 小さじ1/2
アイスコーヒー(無糖) 10ml
200ml
トッピング
ブロッコリースプラウト 1/2パック
パクチー 1枝
作り方
  1. 玉ネギは粗みじん切りにする。ニンニクは、半分をみじん切りにし、残りの半分は、切らずにそのまま残す。
  2. 鶏肉に塩・コショウで下味をつけ、オリーブオイル(分量外)を引いたフライパンで皮目だけを焼く。焼いている途中で1のニンニク(切らずに残した半分)を加え、香りを出す。
    皮目がこんがり焼けたら取り出し、フライパンに残った脂を、少しだけ別のフライパンに移す。(このフライパンは工程3で使用する。)
    取り出した鶏肉の上面の生の部分を半分切り取り、それをさらに2等分する。
    2等分した肉だけを元のフライパンに戻し、水(200ml)を加え、さっと茹でる。
  3. 工程2で鶏の脂を入れたフライパンにニンニクを入れ、炒めて香りを出す。さらに玉ネギも加えて炒める。
    玉ネギが透き通ってきたらオリーブオイルと生米を加え、玉ネギが薄っすらと色づき、米が透き通るまで炒める。
  4. 2(茹で汁ごと)と3を炊飯器に入れ、25分炊く。
  5. 炊き上がった4をバットに広げ、ヘラでほぐしながら、あおいで冷ます。
    一緒に炊いた鶏肉と2で焼いた鶏肉(皮目の方)を、包丁で1センチ角に切る。
  6. 5のご飯と鶏肉をフライパンに入れ、さっと炒め合わせる。
    フライパンの端に寄せ、空いた部分に卵を割り入れ、ヘラで混ぜて半熟状にし、ご飯と炒め合わせる。(白身と黄身は混ぜすぎず、敢えてまだらにする。)
    炒め合わせたご飯を端に寄せ、空いた部分に醤油を垂らし、少し焦がしてご飯と混ぜる。
    もう一度ご飯を端に寄せ、空いた部分にコーヒーを入れ、少し焦がしてご飯と混ぜる。
  7. 6を皿に盛り、ブロッコリースプラウトとパクチーをトッピングしたらできあがり。

写真をもとに、レシピを説明します。

奥田さんのチャーハンの作り方

【工程1】
まず、玉ネギを粗みじん切りにします。

そしてニンニクは、半分をみじん切りにし、残りの半分は切らずにそのまま残しておきます。


【工程2】
次に、鶏肉を調理します。

最初に鶏肉に塩・コショウで下味をつけ、オリーブオイル(分量外)を引いたフライパンで、皮目だけをこんがりと焼きます。

焼いている途中で、切らずに残しておいたニンニクを加え、香りを移します。

鶏肉の皮目が焼けたら、フライパンに残った鶏の脂を別のフライパン(工程3で使用する)に移し、鶏肉をフライパンから取り出します。


鶏肉をフライパンから取り出したら、上面の生の部分を半分切り取ります。

そして切り取った鶏肉を、上の写真のようにさらに半分に切ります。

ちなみに皮目の方の鶏肉も、この段階では上の方がまだ生の状態ですが、後ほど工程6で炒める時に、最後まで火を通します。


そして皮目の方の鶏肉はそのまま残し、2等分した完全に生の鶏肉だけを元のフライパンに戻し、水(200ml)を加え、さっと茹でます。


【工程3】
続いて、鶏の脂を入れた別のフライパンにニンニクを加え、炒めて香りを出します。そして玉ネギも加えて炒めます。


玉ネギが透き通ってきたら、オリーブオイルと生米を加え、玉ネギが薄っすらと色づき、米が透き通るまで炒めます。

ちなみにここで加える生米は、研いでいない米です。


【工程4】
次に、炊飯器を使ってご飯を炊きます。

工程2のフライパンに残った鶏肉を茹で汁ごと炊飯器に入れ、さらに工程3で炒めた米を加え、25分炊きます。

ちなみに鶏肉の皮目の部分は、炊飯器には加えず、そのまま残しておきます。


炊き上がりは、こんな感じになります。

加えた水分が少なめということもあり、ご飯は少し硬めの仕上がりです。


【工程5】
炊き上がったら、ご飯をバットに広げ、ほぐしながら団扇などであおいで冷まします。


ご飯と一緒に炊いた鶏肉は、残しておいた鶏肉の皮目の部分と一緒に、包丁で1センチ角に切ります。


【工程6】
そしてご飯と鶏肉を炒め合わせます。

次に上の写真のようにご飯をフライパンの端に寄せ、空いたスペースに卵を割り入れます。

卵をヘラで軽く混ぜて半熟状にしたら、ご飯と混ぜ合わせます。

ちなみに卵の白身と黄身は混ぜ過ぎず、敢えてまだらにした方が、美味しく仕上がるそうです。


最後に風味づけをします。

炒めたご飯をフライパンの端に寄せ、空いたところに醤油をたらし、少し焦がしてご飯と混ぜます。

コーヒーも同様に、少し焦がしてご飯に混ぜ、香ばしさをプラスします。

塩気が足りない場合は、最後に調整してください。


【工程7】
チャーハンを皿に盛り、ブロッコリースプラウトとパクチーをトッピングしたらできあがり。

出来上がったチャーハンは、素材の味をいかした優しい味つけで、焦がした醤油とコーヒーの香ばしさがほのかに感じられます。上品な味のチャーハンです。

ご飯は中まで味が染みており、少し硬めの仕上がりで、パラパラっとした軽い食感が印象的です。
鶏肉にも、しっかりとした歯応えがあります。
ゆっくり噛み締めていただくと、味わい深いお料理ですよ。

素材の味だけで勝負するシンプルなチャーハンなので、仕上がりは、料理のスキルの差がかなり出てしまいそうです。
奥田さんのレストランは山形にあるそうですが、お店の味が知りたくなりました。

※情報元のテレビ番組で、このチャーハンの食べ比べの比較対象になった、家事えもんの「チャーハン」のレシピも紹介しました。
家庭で作るレシピとしては、だれでも失敗なく作れる家事えもんのチャーハンの方がちょっといいと、私は思いました。

関連記事

チャーハンの超簡単レシピ。電子レンジでわずか3分。

チャーハンの超簡単レシピをご紹介します。料理研究家の井上かなえさんが考案した「レンチンチャーハン」です。その名の通り、フライパンで…

そばの実の美味しい食べ方。蕎麦の実の上手な茹で方と炊き方。

そばの実の美味しい食べ方をご紹介します。そばの実は、雑穀の中でもクセが少なく比較的食べやすいので、茹でたり炊いたりするだけで、ご飯…

あさりの砂抜き2パターン。基本と50度の湯に浸す時短ワザ。

アサリの砂抜きの方法を2パターンをご紹介します。アサリの砂抜きをするには、海水と同じ3%の塩水にアサリを浸し、冷暗所に3時間から一…

余った刺身のアレンジレシピ。和食のプロが薦める味噌漬け。

和食のプロがすすめる、残った刺身の美味しい食べ方をご紹介します。日本料理の名店「割烹智映」の店主、北山智映さんが考案した、余った刺…

キヌアの食べ方。3パターンの炊き方と料理のレシピ6品。

南米産のスーパー穀物「キヌア」は、栄養豊富で低カロリーであることから、美容やダイエットに良いと言われています。今日は「キヌア」の美…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味…

ミントの上手な保存方法。冷凍・乾燥・冷蔵の仕方。

ミントの生葉の上手な保存方法をご紹介します。ミントの冷蔵・冷凍・乾燥の方法と合わせて、はちみつ漬けやミントティーのレシピもお伝えし…

かつおのたたきの簡単な作り方。人気シェフのおすすめ。

カツオの刺し身から、カツオのたたきを作る方法をご紹介します。人気イタリアンレストラン「ラ・ブリアンツァ」の奥野義幸シェフが考案した…

おすすめ記事

いんげんとオリーブオイルのトルコ風煮物!ターゼファスリエのレシピ。

梨のコンポートの簡単レシピ。柔らか食感が美味い!日持ちは3週間。

ひよこ豆のサラダレシピ。インドのチャナ・カチュンバルが旨い!

ライタのレシピを本場インドから紹介!きゅうりとヨーグルトの人気サラダ

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

ギリシャサラダのレシピ。フェタチーズたっぷり!本格グリークサラダ。

ガツンと旨いニラだれ!ニラポン酢の簡単レシピ。万能調味料の作り方。

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

ファラフェルの簡単レシピ!中東生まれのひよこ豆コロッケの作り方。

ナンプラーだとこんなに旨い!なすの焼き浸し。タイ料理のお手軽レシピ。

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ドライトマトとセミドライトマトの作り方。乾燥で旨味UP!保存方法も解説

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

味見がとにかく大事!数の子の塩抜き。戻し方などの下ごしらえを解説。

キッチンペーパーで簡単!数の子の薄皮(半透明の膜)の取り方・むき方。

切り干し大根の戻し方。基本は水で時短ならレンジ。戻さない方が良い場合も

水ではなく熱湯で!ドライトマトの戻し方と使い方。酢を加えて旨味キープ

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

しいたけの薄切り・千切り・みじん切り!簡単なやり方と人気の使い方。

しいたけを洗うデメリット。汚れはなるべく拭き取る。味が落ちない洗い方も解説

しいたけの石づきの取り方と活用法。食べるのはNG!でも出汁は取れる。

焼き芋のトースターレシピ!さつまいもの甘みとねっとり食感が人気。

いんげんとオリーブオイルのトルコ風煮物!ターゼファスリエのレシピ。

さやいんげんとオリーブオイルを使った煮物のおすすめレシピをご紹介します。トルコやギリシャなどで親しまれている「いんげんのオリーブオ…

梨のコンポートの簡単レシピ。柔らか食感が美味い!日持ちは3週間。

梨(和梨)のコンポートの簡単レシピをご紹介します。梨を砂糖と一緒に煮ることで、まるで桃のような柔らかい食感に仕上がります。ワインな…

ひよこ豆のサラダレシピ。インドのチャナ・カチュンバルが旨い!

ひよこ豆を使った、エスニックなサラダのレシピをご紹介します。インドのサラダ、チャナ・カチュンバル(英語:chana kachumb…

ライタのレシピを本場インドから紹介!きゅうりとヨーグルトの人気サラダ

ライタのレシピを本場インドからご紹介します。ライタ(Raita)とは、ヨーグルトを使ったサラダのこと。ヨーグルトの中に刻んだ生野菜…

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

熊本を代表する人気の郷土菓子、「いきなり団子」の作り方をご紹介します。輪切りにしたさつまいもとあんこを具材にした、シンプルでありな…

ギリシャサラダのレシピ。フェタチーズたっぷり!本格グリークサラダ。

ギリシャサラダ(グリークサラダ)のレシピを、現地ギリシャの情報を交えて詳しくお伝えします。ギリシャサラダとは、ギリシャ産の「フェタ…

ガツンと旨いニラだれ!ニラポン酢の簡単レシピ。万能調味料の作り方。

濃厚で風味豊かな、美味しいニラポン酢のレシピをご紹介します。ニラポン酢とは、ニラをポン酢に漬けたニラだれのこと。ポン酢と合わせるこ…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を、きび砂糖のコクのある甘みで補った、風味豊かなパウンドケーキ…

ファラフェルの簡単レシピ!中東生まれのひよこ豆コロッケの作り方。

ファラフェル(Falafel)のレシピをご紹介します。ファラフェルとは、イスラエルやアラブ諸国・トルコなど中東一帯で食べられている…

ナンプラーだとこんなに旨い!なすの焼き浸し。タイ料理のお手軽レシピ。

なすとナンプラーを使った、焼き浸しの簡単レシピをご紹介します。身近な食材だけで作る、タイ風のエスニック料理。なすをフライパンでこん…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベーキングパウダーを加え、ヨーグルトと卵で風味付け。レーズンとく…

ドライトマトとセミドライトマトの作り方。乾燥で旨味UP!保存方法も解説

「ドライトマト」と「セミドライトマト」の簡単で効率の良い作り方をご紹介します。セミドライトマト(ソフトドライトマト)とは、半乾燥さ…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ料理は、オリーブオイルやレモンやハーブで風味付けされているも…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えします。ムサカとは、ギリシャやトルコやブルガリアなど、東地中海…

味見がとにかく大事!数の子の塩抜き。戻し方などの下ごしらえを解説。

数の子の塩抜きの仕方など、下処理の方法を解説します。数の子を上手に戻すには、水ではなく塩水を使ったうえで、急がずに時間をある程度か…

キッチンペーパーで簡単!数の子の薄皮(半透明の膜)の取り方・むき方。

数の子の表面を覆っている薄皮の、簡単な取り方を解説します。数の子には大きく2種類あり、食べやすいように味が付いている「味付け数の子…

切り干し大根の戻し方。基本は水で時短ならレンジ。戻さない方が良い場合も

切り干し大根(千切り大根)の戻し方を解説します。乾燥した状態の切り干し大根を柔らかくするには、水を使うのが基本です。ごく一般的な千…

水ではなく熱湯で!ドライトマトの戻し方と使い方。酢を加えて旨味キープ

ドライトマトの上手な戻し方を解説します。ドライトマトには、大きく2種類があります。1つは、カラカラに乾燥させたもの。もう1つは、半…

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

人参の美味しい茹で方と茹で時間を解説します。人参は、水の状態で鍋に入れて、じわじわと温度を上げていくと、中心部分まで均一に火が入り…

しいたけの薄切り・千切り・みじん切り!簡単なやり方と人気の使い方。

しいたけの「薄切り」・「千切り」・「みじん切り」の切り方と、その使い方を解説します。薄切りは、しいたけを端から1〜2ミリの厚さに切…

しいたけを洗うデメリット。汚れはなるべく拭き取る。味が落ちない洗い方も解説

しいたけは、基本的には、調理の前に洗う必要はありません。むしろ、できるかぎり洗わないのがおすすめです。というのは、しいたけを洗って…

しいたけの石づきの取り方と活用法。食べるのはNG!でも出汁は取れる。

しいたけの石づきの取り方と使い道を解説します。石づきとは、しいたけに限らずキノコ全般にあり、原木や地面に接していた生え際の根元部分…

焼き芋のトースターレシピ!さつまいもの甘みとねっとり食感が人気。

焼き芋のトースター(オーブントースター)を使った簡単レシピをご紹介します。さつまいもは、中心部が70度くらいになるようにじっくりと…

最新記事

おしゃれに変身!柿の飾り切り。お弁当やおもてなしに使えるフルーツカット

清涼感のある味と香り!チャービルのサラダレシピ。手軽で美味しい使い方

すべらず簡単!柿の切り方と剥き方。種を避けて切る方法も解説。

挟んでお洒落!柿とクリームチーズのデザートレシピ。蜂蜜&胡椒が好相性

固まらない原因も解説!柿プリンのレシピ。柿と牛乳のシンプルおやつ。

おしゃれに変身!柿の飾り切り。お弁当やおもてなしに使えるフルーツカット

柿を使った、おしゃれな飾り切りのやり方をご紹介します。「うさぎ」と「とさか」と「花」の3パターンです。「うさぎ」と「とさか」は、短…

清涼感のある味と香り!チャービルのサラダレシピ。手軽で美味しい使い方

チャービル(セルフィーユ)の爽やかな風味をいかした、シンプルなサラダのレシピをご紹介します。チャービルと合わせる野菜は、きゅうりと…

すべらず簡単!柿の切り方と剥き方。種を避けて切る方法も解説。

柿の基本的な切り方と剥き方を解説します。「種なし柿」の切り方はもちろんのこと、「種あり柿」を、種を切らずに上手に切り分ける方法もご…

挟んでお洒落!柿とクリームチーズのデザートレシピ。蜂蜜&胡椒が好相性

柿の風味を活かした、美味しいデザートの作り方をご紹介します。クリームチーズを使った簡単レシピになっていて、柿の間にチーズを挟み、は…

固まらない原因も解説!柿プリンのレシピ。柿と牛乳のシンプルおやつ。

柿と牛乳を使ったプリンの作り方をご紹介します。火を一切使わないうえに、ゼラチンなどの凝固剤も使わない、超簡単レシピ。柿と牛乳をミキ…