こんにゃくのダイエットレシピ。家事えもんの青椒肉絲。

投稿日:2016年10月21日 更新日:

こんにゃくチンジャオロース

コンニャクを使ったダイエットレシピをご紹介します。

家事えもんこと、タレントの松橋周太呂さんが考案した「こんにゃくロウスー」です。

鶏ムネ肉を使ったチンジャオロースで、コンニャクでかさ増し、ヘルシーに仕上げます。

調理時間は8分です。

(一部情報元:日本テレビ「あのニュースで得する人損する人」家事えもんのかけ算レシピ 2016年10月20日放映)

こんにゃく青椒肉絲の作り方

こんにゃくチンジャオロース

「こんにゃくロウスー」のレシピです。

材料【1人分:調理時間8分】
鶏ムネ肉 50g
ピーマン 2個
板コンニャク(黒) 150g
味付きメンマ 30g
ゴマ油 小さじ1/2
A
醤油 大さじ1
大さじ1
砂糖 大さじ1/2
ひとつまみ
ゴマ油 小さじ1/2
片栗粉 小さじ1
大さじ1
作り方
  1. 鶏肉とピーマンは、包丁で細切りにする。コンニャクは、フォークを使って細切りにする。(コンニャクの臭みをしっかり抜きたい場合は、あらかじめ塩で軽く揉み、水洗いする。)
    Aの材料すべてを混ぜる。
  2. 温めたフライパンにコンニャクを入れ、軽く炒めて臭みを取る。
    鶏肉・ピーマン・メンマを加え、鶏肉に火が通るまで中火で炒める。
    Aを加え、とろみがつくまでヘラで混ぜる。仕上げにゴマ油(小さじ1/2)で香りづけしたらできあがり。

調理のポイントは、コンニャクをフォークで切ることです。
具体的には、コンニャクにフォークを刺し、そのまま引いて薄切りにし、薄切りにしたものをさらに同じようにして細切りにします。

コンニャクをフォークで切ると、包丁を使った時とくらべて切断面の形が複雑になるので、味が絡みやすくなります。

こんにゃくチンジャオロース
鶏肉の量は控えめで、こんにゃくをたっぷり使いますが、少し甘めのコッテリとした味付けなので、満足感がありますよ。

関連レシピ