横浜中華街・華正樓の「伍仁月餅 (ごもくげっぺい)」。ナッツぎっしり甘さ控えめで美味しいです。

投稿日:2014年5月20日 更新日:

華正樓の月餅

横浜中華街にある北京料理の名店「華正樓」。
ここの月餅が美味しいと友人にすすめられ、「伍仁月餅 (ごもくげっぺい)」を食べました。

華正樓の月餅

華正樓は本店を含めて3店舗あります。横浜中華街に2店舗。そして私が住む鎌倉に1店舗。

華正樓の月餅

私が月餅を買ったのは、中華街にある新館。本店と同じく、中華街大通り沿いにあります。

華正樓の月餅

高級感のあるお店の入口。

華正樓の月餅

華正樓で販売されているお菓子は、36種(2014年5月20日現在)ほどあります。月餅は13種類。

店員さんに人気の月餅を伺ったところ、黒餡入りの「大月餅」(497円)と、栗餡入りの「栗月餅」(497円)が最もよく売れるそうです。
また若い方に人気なのは、椰子の実餡が入った「椰蓉月餅(やじょんげっぺい)」(260円)や、木の実入りの「伍仁月餅(ごもくげっぺい)」(497円)といった、ちょっと変わった月餅だとか。

華正樓の月餅

さて、私はナッツが大好きなので、木の実入りの「伍仁月餅(ごもくげっぺい)」を選びました。直径8センチ・厚さ2.5センチほど。けっこうボリュームがあります。

地元中国では、中秋節に月餅を家族で切り分けて食べるそうです。
私も家族と一緒にいただきました。

華正樓の月餅

甘さはかなり控えめ。いろいろなナッツがきっしり詰まっていて食べごたえがあります。

使用されているナッツ類は、カシューナッツ・アーモンド・クルミ・ピーナッツ・ヘーゼルナッツ。それに、かぼちゃの種と胡麻も入っています。また、オレンジピールやレーズン、杏などのドライフルーツも使われています。
洋菓子を食べているような感じですね。素材の風味がして美味しいです。

月餅というと、私はこれまでスーパーに並んでいるようなものしか食べたことがありませんでしたが、本格的なお店の月餅は違いますね。月餅にはまりそうです。