正三角形の面積・高さ・辺の長さの計算機。公式を使った求め方も紹介。

投稿日:

正三角形の面積・高さ・辺の長さを計算するツールです。




計算結果

一辺(a):

高さ(h):

面積(S):


この計算機で出来ることは次の3つです。

  • 辺の長さから、高さと面積を求める。
  • 高さから、辺の長さと面積を求める。
  • 面積から、辺の長さと高さを求める。

計算には、javascriptライブラリBigNumber.jsを使用しています。

正三角形の面積・高さ・辺の長さの求め方(公式)

正三角形の面積・高さ・辺の長さを求めるにあたっては、次のような公式があります。
辺の長さから高さを求める

h = \frac{\sqrt{3}}{2}a

辺の長さから面積を求める

S = \frac{\sqrt{3}}{4}a^{2}

高さから辺の長さを求める

a = \frac{2}{\sqrt{3}}h

高さから面積を求める

S = \frac{1}{\sqrt{3}}h^{2}

面積から辺の長さを求める

a = \sqrt{\frac{4}{\sqrt{3}}S}

面積から高さを求める

h = \sqrt{\sqrt{3}S}