HTMLタグとCSSで太字表示する3つの方法。

2016/10/16


htmlとcssで太字

ブログを書くときなどに、HTMLタグやスタイルシートでテキストを太字にする方法をご紹介します。
一番シンプルなのは、<b>タグを使う方法。

他にもいくつか方法があるので、あわせてご紹介します。

スポンサーリンク

<b>タグ

まずは、冒頭でご紹介した<b>タグを使う方法。

<b>HTML、CSSで太字</b>

【表示例】HTML、CSSで太字

<strong>タグ

続いて<strong>タグを使う方法。

<strong>HTML、CSSで太字</strong>

【表示例】HTML、CSSで太字

見た目は<b>タグと変わりませんが、こちらは文字を「強調」したい場合に使用します。

<b>タグは単なる太字表示。<strong>タグは強調表示。
とは言いつつも、あんまり気にしなくていいと思います。
ちなみに私は<strong>をいつも使っています。

CSS

最後は、CSSで太字表示する方法です。
font-wightプロパティにboldを指定します。

タグにスタイルシートを設定する場合。

<span style="font-weight:bold;">HTML、CSSで太字</span>

こちらは、ヘッダー部分にスタイルシートを記述する場合。

<style type="text/css">
span.bold-text {
font-weight:bold;
}
</style>
<span class="bold-text">HTML、CSSで太字</span>
 

見た目は、どちらもこうなります。
【表示例】HTML、CSSで太字

スポンサーリンク
スポンサーリンク