波照間島観光の見どころ!日本最南端の島の魅力を豊富な写真で紹介。

投稿日:

波照間島

波照間島はてるまじまは、日本にある有人島(人が住んでいる島)の中で、最南端に位置する島です。

島内は観光のための開発はあまりされておらず、雰囲気はかなり素朴。
ゆったりとした南国の空気のなかで、穏やかな時間を過ごすのにぴったりの場所です。

ニシ浜で海水浴

島の北西部には「ニシ浜」というビーチがあります。

波照間島の観光 そこは海がとてもキレイなので、抜けるような青空のもと、海水浴を楽しむのもおすすめです。

日本最南端の碑

また、島の南部には「日本最南端の碑」が建っています。
この「最南端」という言葉の響きがなかなか魅力的で、この言葉に誘われて、多くの旅行好きがこの地を訪れています。

この記事では、波照間島観光の魅力をお伝えします。

波照間島の位置

波照間島は、有人島のなかでは日本最南端ですが、無人島を含めると、日本の最南端は沖ノ鳥島になります。

それぞれの位置関係は、Googleマップで見ると分かりやすいです。

波照間島
沖ノ鳥島
東京

ただ、沖ノ鳥島は一般人が行くことはできません。
ですから、実際に訪れることのできる島のなかでは、この場所が南の果てということになります。

波照間島への行き方(アクセス)

波照間島行きのフェリー
波照間島には飛行機が飛んでいないので、島を訪れる際には、石垣島からフェリーで行くことになります。

石垣港の離島ターミナルから小型の高速船に乗って、片道約1時間。
波が穏やかな日であればあまり揺れませんが、船酔いが心配な人は、あらかじめ酔い止めを飲んでおくと安心です。

なお、船の便数は、夏とそれ以外では違います。
最新の時刻表と料金については、船の運航会社である安栄観光のホームページで確認してください。

波照間島での移動手段

波照間島観光の移動手段
波照間島は、意外と広いです。

そのうえ、バスなどの公共交通機関が走っていないので、徒歩で観光しようとすると、ヘトヘトになると思います。

自転車(電動含む)のレンタルもありますが、それでもキツいかも。
港から最南端まで40分くらいかかるので、暑い夏の日にはかなり体力を奪われます。

というわけで、オススメなのは、やはりレンタカーもしくはレンタルバイクです。
90ccのスクーターもあるので、2人乗りで、風を切って観光することもできますよ。

予約しておくのがおすすめ

ちなみに、現地で移動手段をレンタルする予定であれば、あらかじめ予約しておくとスムーズです。
私が訪れた時は、行列に並んだ末になんとか借りられましたが、後に並んでいた何組かは、自転車などの台数が足りず、結局徒歩で観光していました。

Googleで検索すると何社かヒットすると思うので、検討してみてください。

波照間島観光の見どころ

それでは、ここからは、波照間島の見どころをご紹介します。

日本最南端の碑

波照間島の日本最南端の碑
波照間島といえば、やはり、この場所は外せません。
島の南部の、海に面した場所に、日本最南端の碑が建っています。

上の写真に写っている石碑がサイズ的には一番大きいですが、近くには、他の石碑も。
この場所には、建立者の異なる石碑が複数あるようです。

波照間島の日本最南端の碑
波照間島の日本最南端の碑

波照間島の南部
こちらは少し離れた場所から撮った写真。
荒野のような乾いた土地に囲まれています。

ほとんど整備されていないこうしたワイルドな雰囲気が、「南の果て」という言葉の響きに絶妙にマッチ。
旅の気分をいい感じに盛り上げてくれます。


波照間島の岸壁と海
石碑から先に進むと、そこは剥き出しの岩肌。
岸壁に立ち、南を向けば、目の前には八重山の海が広がっています。

もちろん目視することはできませんが、その遙か先にはフィリピンがあります。
台湾やフィリピンなど、周辺国との位置関係をイメージしてこの場所を訪れると、より楽しめますよ。


ニシ浜

波照間島のニシ浜
続いてご紹介するのは、島の北側にあるビーチ、「ニシ浜」です。

ニシ浜は港から1キロほどの場所にあるので、ここだったら、自転車や徒歩でもムリなく来られると思います。

このビーチの特徴は、なんといっても、透き通った海と白い砂浜。
きれいな砂浜が、1.5キロにわたって続いています。


波照間島のビーチ
海は、淡いブルーが印象的。
遠浅なので、がっつり泳ぐというよりも、波打ち際でチャプチャプと遊ぶのに適しています。

砂浜に腰掛けて、海を眺めているだけでも癒やされますよ。

ビーチの目の前のホテル

ところで、ニシ浜を目当てに波照間島を訪れるなら、近くにある、「ペンション最南端」に泊まることを検討してみてはいかがでしょうか。

このペンションの立地は、ビーチのまさに目の前。
私は今回日帰りで訪れたので宿泊できませんでしたが、ビーチの周辺には他に民宿などがなく、また、利用者の口コミを見ると評価が高いようです。

ニシ浜を堪能するのにうってつけの宿と言えそうです。


以上、波照間島の魅力についてご紹介しました。

日本の最南端に位置するこの島は、旅行愛好家なら一度は訪れてみたい島だと思います。

波照間島の高速船 時間がない場合は石垣島からの日帰りも可能なので、石垣島に来た際には、ぜひ波照間島まで足をのばしてみてください。