デリー観光のおすすめスポットを動画で紹介。インドの首都の見どころ!

投稿日:2020年1月17日 更新日:

デリー観光

インドの首都デリーのおすすめ観光情報を動画でご紹介します。

デリーは、イスラム教の影響を強く受けてきた街。
12世紀にイスラム教の王朝に征服されて以降、19世紀にムガル帝国が滅びるまでの700年近くの間、イスラム教徒がこの街を治めてきました。

そのため、見どころもイスラム教に関係するものが多いです。

クトゥブ・ミナール 例えば、世界遺産に登録されているレッドフォート(ラール・キラー)はムガル帝国時代の宮殿ですし、同じく世界遺産のクトゥブ・ミナールもイスラム系の別の王朝時代に建てられたものです。

こうしたイスラム教の建築物は、すっきりとした、洗練されたデザインが特徴。
ヒンドゥー教の野生的でエネルギッシュなデザインも魅力ですが、イスラム建築もなかなかのものです。

せっかくインドまで来たのですから、イスラム教とヒンドゥー教、どちらも観光するのがおすすめですよ。

レッド・フォート(ラール・キラー)

レッドフォート(インドのデリー)

こちらはレッド・フォート(Red Fort)です。
ラール・キラー、あるいはデリー城と呼ばれることもあります。

建造されたのは17世紀で、ムガル帝国の第5代皇帝シャー・ジャハンの命で建てられました。

レッド・フォートという名前の通り、赤い壁面が特徴的なお城で、そのサイズも巨大。
実際に現地で見ると、威圧感が半端ないです。

お城の中にはミニバザールも

レッド・フォートの入り口「ラーホーリ門」を抜けると、お土産屋さんが軒を連ねていて、アクセサリーや置物などが並んでいます。

レッド・フォートのお土産屋 この場所にはムガル帝国時代にもお店が並んでいたらしく、宮殿の女性達のお買い物スポットだったそうですよ。

屋外のチャトリー(東屋)
レッド・フォートのチャトリー レッド・フォートの敷地は広大で、中には複数の建物が建っています。
謁見の間
レッド・フォートの謁見の間 こちらは、謁見の間です。
ここでは、民衆が皇帝に直に会うこともできたそうです。
博物館

敷地内には博物館も建っています。
展示されているのは、イギリスからの独立に関するものです。

レッド・フォートの博物館 実は、このレッド・フォートも植民地支配の影響を受けていて、1857年にイギリスへの反乱に失敗した際には、イギリスによる略奪と破壊がこの場所で行われました。

奪われた品々は、大英博物館などに持って行かれてしまったそうです。

クトゥブ・ミナール

クトゥブ・ミナール(インドのデリー)

クトゥブ・ミナール(Qutb Minar)は、13世紀に建てられたモスクの尖塔(ミナレット)です。

高さは約73メートル。
まっすぐに伸びたその姿は、なかなかの存在感を誇ります。

隣接するモスクも見どころ

このクトゥブ・ミナール自体も見ものなのですが、その脇にあるモスクも興味深いです。

クトゥブ・ミナールと同時期に建てられたインド最古のモスク。

クトゥブ・ミナールのモスク 特筆すべきなのは、破壊されたヒンドゥー寺院やジャイナ寺院の石材を使って、モスクを建造している点です。

建設当時は、もともとあったレリーフを漆喰で覆って隠していたそうですが、現在では、漆喰がはがれ、もとの姿が剥き出しになっています。

モスクの回廊の天井を支える柱には、ヒンドゥー教の女神の姿が刻まれているものもあり、そうしたものを眺めていると、異なる文化圏に征服されることの残酷さを、改めて実感します。

ジャマー・マスジット

ジャマー・マスジット(インドのデリー)

ジャマー・マスジット(Jama Masjid)は、レッド・フォートの近くにある巨大なモスクで、建造されたのは17世紀です。

小高い場所に建っているため、見晴らしがよく、モスクからデリーの街を一望できます。
また、中庭がとても広いのが特徴で、モスクの門をくぐると、インド人の家族連れなどが思い思いにくつろいでいる様子が印象的です。

暑い日の観光は要注意

なかなか居心地のいい空間なのですが、暑い季節に観光する場合は要注意です。
真夏にはモスクの石畳がヒリヒリするほどの熱さになっていて、そこを靴を脱いで裸足で歩くことになります。

私は以前、5月にこの場所を訪れたことがありますが、気温が40度近くまで上昇した日だったので、床が熱くて歩くだけで一苦労でした。
終わってみれば旅のいい思い出ですが、一応、頭の片隅に置いておくことをおすすめします。

モスク周辺も活気があって面白い

ちなみに、ジャマー・マスジットの周辺も、活気があって面白いエリアです。

ジャマー・マスジット近くのマーケット モスクに至る参道はマーケットになっていて、ものすごく多くの人で賑わっています。
イスラム教徒が多くいるエリアなので、ケバブの屋台などもあり、歩いているだけでも楽しめますよ。

インド門

インド門(インドのデリー)

インド門(India Gate)は、第一次世界大戦で戦死した兵士たちの慰霊碑です。

門の高さは42メートル。
壁面には戦争で亡くなった方の名前が刻まれていて、刻まれている名前の数は1万3千にも及ぶそうです。

インド門の先には、2019年に完成した「National War Memorial」があり、そこにも戦死者の方たちの名前が刻まれています。

旅行者にとっては、インドの近現代の歴史に興味を持つきっかけとなる場所だと思います。


以上、デリー観光の見どころについてご紹介しました。

デリーは、アグラやジャイプルのようないわゆる観光地ではありませんが、長い歴史を持つ都市なので、見どころは意外と豊富です。

ただ、渋滞がひどいので、なかなか思うように移動できないこともあるかもしれません。
デリーを観光する際には、あれもこれもと詰め込みすぎずに、余裕のあるスケジュールを組んでおくのがおすすめですよ。


ところで、当サイトでは、現地インドでの経験をもとに、インドの観光スポットやインド料理について別記事で詳しく解説しています。
次の記事もあわせてご覧ください。