やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

ナンの作り方!本場インドの焼き方と、手作り簡単レシピを動画で紹介。

投稿日:2020年1月30日 更新日:

ナン(Naan)の作り方を、本場インドで撮影した動画を交えてご紹介します。

ナンは、小麦粉を発酵させて作るパンの一種で、インド料理の人気メニューのひとつ。

インドでは、タンドールという土釜を使って、超高温で加熱して作ります。

日本の家庭で手作りするときは、オーブンを活用するのがおすすめです。
火力はタンドール窯には及びませんが、オーブンでも十分美味しく仕上がります。

市販のイーストなしで発酵

インドのナンは、生地をある程度発酵させてから、火にかけます。

発酵と言っても市販のイースト菌などを加えるのは少数派で、自然界に存在する「野生酵母」を利用するのが一般的なやり方です。

野生の酵母菌は、ナンの原料となる小麦粉の中にもいますし、あるいは空気中にもいますし、多くの場所に存在します。
そうした野生の酵母菌の働きを借りて、生地を常温で寝かせながら、ゆるやかに発酵させていきます。


重曹やベーキングパウダーが使われる

ただ、野生の酵母菌は、季節や場所によって種類も数も異なるので、上のやり方だけだとなかなか安定して生地が膨らみません。

そうしたことも影響してか、インドでは、自然発酵させつつも、重曹やベーキングパウダーといった膨張剤を加えてナンを作るのがポピュラーです。

いわば、自然発酵と膨張剤の併用スタイルです。


発酵なしでも発酵させてもOK

日本でナンを自作する時は、重曹などを加えて、発酵させずにすぐに焼くこともできます。

でも、時間がある場合は、やはり発酵させるのがおすすめ。
生地をこねてから2〜6時間くらい置くと、自然発酵による風味が加わってより美味しく仕上がります。

なお、本場インドでは、発酵を促すために生地にヨーグルトを加えることがよくあります。

今回ご紹介するナンも、ヨーグルトを使ったレシピになっているので、参考にしてください。

この記事では、「本場インドの本格ナンの作り方」と「日本で簡単にナンを作る方法」の2パターンをそれぞれ動画でご紹介します。

本場インドのナンの作り方

ナンの本場インドでの作り方

まず最初に、インドで実際にナンが作られている様子をご紹介します。

上の動画は、インド屈指の観光地、北インドのジャイプルで撮影したものです。

動画のバックに流れているのは、イスラム教のコーラン。
「ナーン」というのは元々はペルシャ語で、イスラム圏とも深いつながりがあります。

本場インドのナンの作り方

動画のお店では、ドラム缶のようなものをもとに作った簡易的なタンドールでナンを焼いています。

ナンの作り方は、とても簡単です。

まず、小麦粉に水と塩を混ぜ、重曹やベーキングパウダーなどの膨張剤を加え、お好みでヨーグルトや牛乳などを入れて生地を作ります。

そして、生地を常温に数時間置いて自然発酵。

生地を寝かせたら、平たい円形に整え、土窯の内側に貼り付けて、軽く数十秒ほど焼いたら出来上がりです。

タンドール窯はとても火力が強いため、短時間で、こんがり美味しく焼き上がります。

なかなか便利なタンドール窯ですが、こうした窯を持っている家庭はインドでも少数派。
ですから、ナンは、家庭で手作りするのではなく、お店で買うのが一般的なようです。


ナンよりもチャパティの方が一般的

なお、インドはとても広い国で、場所によって文化が大きく異なります。

ナンは、もともとは、西方から北インドのパンジャーブ州やデリーなどに伝わった食べ物なので、南インドの人は未だにあまり食べません。
もちろん、扱っているお店もありますが、北インドほどポピュラーではない印象です。

インド全土で広く食べられているのは、ナンよりもチャパティです。

チャパティも小麦粉を焼いて作るパンの一種ですが、こちらは精白されていない安価な小麦粉で作れるということもあり、南北を問わず、ナンよりも幅広い層に受け入れられています。

実際に、ターリーやミールスなどの定食をインドで注文すると、脇に添えられてくるのは、ほとんどの場合、ナンではなくチャパティ(写真右下)です。

ナンの方がクセがありませんが、興味がある方は、チャパティを試してみるのもいいと思います。

日本で作れるナンの簡単レシピ

ナンのレシピ

ここからは、タンドールなしで、日本で手軽に「ナン」を作る方法をご紹介します。

材料【4枚分:調理時間15分〜】
強力粉 250g
サラダ油 大さじ1
A
ヨーグルト 30g
牛乳 150ml程度
小さじ1
砂糖 大さじ1
重曹※ 小さじ1/4
ベーキングパウダー※ 大さじ1/2

※重曹のみ(小さじ1/2)、もしくは、ベーキングパウダーのみ(大さじ1)で代用可。文中参照。

カロリー
1枚297kcal
作り方
  1. 強力粉とAをボールに入れ、なめらかになるまで5分ほどこねる。
    サラダ油を加え、全体に馴染むまでこねる。
  2. 【お好みで】生地をボールに入れ、ラップをふんわりとかぶせて常温に2〜6時間ほど置く。(置く時間は省いてもOK。その場合は工程3に進む。)
  3. 生地を4等分し、打ち粉(分量外)をし、それぞれを平たい円形にのばす。
  4. 天板にクッキングシートを敷き、生地を1枚のせる。高温(できれば250度以上)に予熱したオーブンで、焦げめが付くまで5分ほど焼いたらできあがり。
    お好みで溶かしバター(分量外)を塗って食べても美味しい。

写真をもとにレシピを説明します。


【工程1】
まず、強力粉(250g)とAをボールに入れ、手で5分ほどこねます。

Aは、ヨーグルト(30g)・牛乳(150ml程度)・塩(小さじ1)・砂糖(大さじ1)・重曹(小さじ1/4)・ベーキングパウダー(大さじ1/2)です。
塩加減は、インドらしく少ししっかりめになっていますので、お好みで小さじ5/6に減らしてもいいです。

生地がなめらかになったら、サラダ油(大さじ1)を加え、全体に馴染むまでさらにこねます。

ヨーグルトを使って風味良く

インドでは、ナンの生地にヨーグルトを加えるレシピが人気があります。

ヨーグルトを加えると、生地が発酵しやすくなるので、焼き上がりの風味がアップします。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌が増殖して乳酸発酵が進むと、生地のpHが酸性に傾き、酵母菌が活動しやすい環境になるためです。


また、生地を発酵させずに焼く場合も、ヨーグルトは役立ちます。
重曹がヨーグルトと反応して炭酸ガスが発生するので、その状態ですぐに焼くと生地が膨らみやすくなります。

重曹とベーキングパウダーについて

なお、今回のレシピでは重曹とベーキングパウダーを両方とも使用していますが、どちらか一方だけを使うこともできます。

重曹だけで膨らませると、やや黄色ぽくなり、少しクセのある味に仕上がりになります。
一方で、ベーキングパウダーだけを使うと、淡白な味に。

私としては、両方を併用することで、重曹のクセをやや残すのがおすすめです。



【工程2】
生地ができたら、お好みで、生地を常温にしばらく置きます。

置く時間は少なくとも2時間くらいがおすすめです。

冬場(気温20度前後の室内)でも、2〜6時間置くだけで風味が少し変わってきます。
暑くない季節だったら、常温に1日置くのもアリ。

ゆったりめに時間を取ると、生地がじわじわと自然発酵して、風味が豊かになりますよ。

発酵なしでそのまま焼いてもOK

一方で、早く食べたい場合は、生地を置かずに、そのまま成形して焼くこともできます。
このナンは、重曹とペーキングパウダーを使っているので、発酵なしでも膨らみます。

その場合は、すぐに【工程3】に進んでください。



【工程3】
次に、生地を4等分し、それぞれを手で丸めます。



そして、打ち粉(分量外:強力粉でOK)をし、それぞれを麺棒などを使って、平たい円形にのばします。

形はお好みで

形はお好みで構いません。

今回のレシピでは、ジャイプルのナン屋と同じく、平たい円形に成形しています。

日本のインド料理店でよく見る、丸みのある二等辺三角形に成形しても、もちろんOKです。



【工程4】
最後に、天板にクッキングシートを敷き、生地を1枚のせます。

そして、高温(できれば250度以上)に予熱したオーブンで、焦げめが付くまで5分ほど焼いたら完成です。

オーブンの一番高い温度に設定して、短時間で焼くのがポイントです。


こちらが焼き上がり。

お好みで溶かしバター(分量外)を塗ると、バターナンになります。

このナンは、出来たてが一番美味しいです。
アツアツのうちにお召し上がりください。

インドのナンを写真で紹介

ここからは、本場インドのナンを写真でご紹介します。


こちらは、インドを代表する高級ホテル「タージマハル・ホテル」で食べたナン。

本場インドのナンは、平たい円形で、チャパティと同じくらい薄いのが一般的です。

Taj Mahal Hotel「MASARA CRAFT」
@インド ムンバイ


こちらは、インドのチェンナイで食べたバターナン。
インドのバターオイル「ギー」がたっぷりかかっており、みじん切りにしたパクチーが散らされています。

Annalakshmi Restaurant
@インド チェンナイ


こちらは、チェンナイのホテルのレストランで食べたバターナン。
大きさはこれくらいが最もポピュラーで、直径は20センチ、薄さは5ミリくらいです。

ちなみに、右上にあるのは「ケサル・ラスマライ(Kesar Rsmalai)」というインドのカッテージチーズ「パニール」を使ったデザート。
右下にあるのは、パクチーと玉ねぎのソースを使ったタンドリーチキンです。

ANISE Restaurant
@インド チェンナイ


こちらは、ムンバイのノンベジレストランで食べた「ガーリックナン」。

インドでガーリックナンといえば、みじん切りにしたにんにくをたっぷり使っているのが一般的です。
生地は薄くて香ばしく、にんにくの風味が絶妙に合います。

Pratap Lunch Home
@インド ムンバイ


こちらは、港町ムンバイの人気シーフードレストランで食べたナン。

手前にある黄色っぽいのがチーズナンで、うしろがバターナンです。
チーズナンは、粉状に砕いたチーズが生地の間に挟まっていて、濃厚な味わいです。

MAHESH LUNCH HOME
@インド ムンバイ


薄力粉とホットケーキミックスとフライパンを使ったナン

最後に、日本で簡単につくれるナンのレシピをあともう1品ご紹介します。

こちらは、ホットケーキミックスと薄力粉を混ぜて、フライパンで焼き上げるナン。
ホットケーキミックスを使うと本場のナンよりも甘みがありますが、発酵なしで作れるので手軽です。

8分
ホットケーキミックス薄力粉無糖ヨーグルトサラダ油

作り方を見る


ところで、当サイトでは、現地インドでの経験をもとに、インド料理やインドの観光スポットについて別記事で詳しく解説しています。
次の記事もあわせてご覧ください。

関連記事

インドのヨーグルトを現地から徹底解説!ダヒの作り方と使い方。

インドヨーグルトの作り方や食べ方を、現地インドから詳しくご紹介します。ヨーグルトは、インドでは「ダヒ(Dahi)」と呼ばれています…

インドの牛乳を徹底解説。ミルク消費量世界一!飲み方や使い方は様々。

インドで飲まれている牛乳について解説します。インドの宗教で最も幅を利かせているのはヒンドゥー教。インドの人口の8割がヒンドゥー教徒…

チャイの作り方。インドのスパイスミルクティー(マサラチャイ)のレシピ

チャイ(Chai)の作り方を、本場インドで撮影した動画とともにご紹介します。チャイとは、インドでよく飲まれているミルクティーのこと…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味…

シュリカンドのレシピ!インドの簡単ヨーグルトデザートの作り方。

シュリカンド(Shrikhand)のレシピをご紹介します。シュリカンドとは、インドの伝統的なスイーツのこと。インド西部のグジャラー…

甘酒の保存方法と日持ち。冷凍と冷蔵の2パターン。

甘酒の保存方法と日持ちについてお伝えします。甘酒の保存は、冷凍が一番おすすめです。市販品にしても手作りにしても、出来たての質を一番…

ドライトマトとセミドライトマトの作り方。乾燥で旨味UP!保存方法も解説

「ドライトマト」と「セミドライトマト」の簡単で効率の良い作り方をご紹介します。セミドライトマトとは、半乾燥させたトマトのことで、水…

ラッシーのレシピ。本場インドの飲むヨーグルト!本格的な作り方を紹介。

インドの国民的飲み物「ラッシー」の作り方を、現地から動画でご紹介します。ラッシーとは、インドの飲むヨーグルトのことで、濃厚で甘みが…

おすすめ記事

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

切る向きでこんなに違う!白菜の千切りの方法。縦と横を上手に使い分け。

昆布の保存。常温でもOKだが冷凍なら更に安心。表面の白い粉は旨味の元

火の通り&味しみがUP!白菜のそぎ切りのやり方。鍋や煮物に便利。

まろやかな味わい!南蛮酢のレシピ。酸味と甘みを抑えた優しい味付け。

ラクにスルッと!白菜の葉の取り方。葉1枚1枚を簡単に剥がすコツ。

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

こんなに簡単!白菜丸ごとの切り方。切れ目を入れて手で裂くとラクチン。

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方と戻し率。基本の水戻しから時短まで。

冷凍すれば長持ち!昆布だしの保存方法。冷蔵庫での日持ちは3〜4日。

白菜は洗わない?白菜を洗う必要性と簡単な洗い方。内側は意外ときれい。

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

賢く使い分け!白菜の切り方。鍋や煮物など料理に合ったカット方法を解説

旨味が濃いのはコレ!しいたけのフライパンを使った焼き方。塩が秘訣

1/4株を丸ごと切れる!白菜のざく切り。一番簡単なやり方を解説。

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

熊本を代表する人気の郷土菓子、「いきなり団子」の作り方をご紹介します。輪切りにしたさつまいもとあんこを具材にした、シンプルでありな…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を、きび砂糖のコクのある甘みで補った、風味豊かなパウンドケーキ…

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

さつまいもの素揚げのおすすめレシピをご紹介します。さつまいもを少し太めのスティック状に切って、さっと揚げるだけの簡単レシピ。油で揚…

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

ほっこり身体が温まる、熊本の人気郷土料理、「だご汁(だんご汁)」のレシピをご紹介します。だご汁は、小麦粉と水を練ってのばした団子を…

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

さつまいも好きにおすすめの、熊本天草の郷土料理「がね揚げ」のレシピをご紹介します。がね揚げは、さつまいもを使った昔ながらの天ぷらで…

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

エリンギと豚バラ肉を使った肉巻きのレシピをご紹介します。ご飯がすすむ、王道の甘辛い肉巻きレシピ。エリンギの弾力のある食感としっかり…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベーキングパウダーを加え、ヨーグルトと卵で風味付け。レーズンとく…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ料理は、オリーブオイルやレモンやハーブで風味付けされているも…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えします。ムサカとは、ギリシャやトルコやブルガリアなど、東地中海…

切る向きでこんなに違う!白菜の千切りの方法。縦と横を上手に使い分け。

白菜の千切りの切り方を解説します。千切りとは、食材を「線」のように細く、1〜2ミリくらいの幅に切り分ける方法です。千切りにした白菜…

昆布の保存。常温でもOKだが冷凍なら更に安心。表面の白い粉は旨味の元

昆布の保存方法について解説します。昆布を保存する際のポイントは、次の3点です。乾燥状態の昆布は常温で保存できるが、冷蔵・冷凍ならさ…

火の通り&味しみがUP!白菜のそぎ切りのやり方。鍋や煮物に便利。

白菜のそぎ切り(削ぎ切り)の切り方を解説します。そぎ切りは、その名の通り、食材を削ぐように切り分ける方法です。包丁を斜めに入れると…

まろやかな味わい!南蛮酢のレシピ。酸味と甘みを抑えた優しい味付け。

かんたんで美味しい南蛮漬のレシピをご紹介します。「南蛮酢」とは、南蛮漬けに使われる甘酸っぱいタレのこと。市販品もありますが、自宅で…

ラクにスルッと!白菜の葉の取り方。葉1枚1枚を簡単に剥がすコツ。

白菜の葉を株から1枚ずつ剥がす方法を解説します。白菜の葉は、根元に切れ込みを入れて、そこから外すのが簡単です。この外し方は、キャベ…

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

人参の美味しい茹で方と茹で時間を解説します。人参は、水の状態で鍋に入れて、じわじわと温度を上げていくと、中心部分まで均一に火が入り…

こんなに簡単!白菜丸ごとの切り方。切れ目を入れて手で裂くとラクチン。

白菜丸ごと1株の、上手な切り方を解説します。丸ごとの白菜はかなりサイズが大きいため、切ってから料理に使うのが一般的です。白菜を切る…

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方と戻し率。基本の水戻しから時短まで。

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方を解説します。刻み昆布とは、乾燥させた昆布を細切りにしたもののことで、切り昆布と呼ばれることもあり…

冷凍すれば長持ち!昆布だしの保存方法。冷蔵庫での日持ちは3〜4日。

昆布だしの保存方法を解説します。昆布だしは、常温での保存には向きません。また、冷蔵庫で保存したとしても、賞味期限は3〜4日ほどです…

白菜は洗わない?白菜を洗う必要性と簡単な洗い方。内側は意外ときれい。

白菜は、まったく洗わないで使うのは不衛生ですが、一方で、部位によって汚れの付き方に差があります。中側と外側とでは泥などの付き具合が…

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

鮭の美味しい焼き方を解説します。用意する鮭は、塩鮭でも生鮭でもOKです。鮭の切り身を焼いて食べるのなら、魚焼きグリルを使うのが一番…

賢く使い分け!白菜の切り方。鍋や煮物など料理に合ったカット方法を解説

白菜の切り方を解説します。白菜は、芯(軸)の部分と葉の部分とでは、火の通りやすさも食感もかなり違います。芯の部分は、火が通って柔ら…

旨味が濃いのはコレ!しいたけのフライパンを使った焼き方。塩が秘訣

フライパンを使った、しいたけの上手な焼き方をご紹介します。しいたけを焼く方法としてはトースターやグリルなどもありますが、その中で、…

1/4株を丸ごと切れる!白菜のざく切り。一番簡単なやり方を解説。

白菜のざく切りの切り方を解説します。ざく切りとは、食材を3〜5センチ角くらいの大きさのぶつ切りにする方法です。白菜を食べやすいサイ…

最新記事

昔ながらが一番旨い!白菜漬けの漬け方・作り方。絶品漬け物レシピ。

華やかな風味!柚子味噌の作り方と使い方。簡単で美味しい5分レシピ。

こってり甘辛!せりと豚肉の炒め物レシピ。さっと炒めてシャキシャキ食感

手軽に美味しく長期保存!柚子の砂糖漬け。余った柚子の使い切りレシピ。

極上和風仕上げ!菜の花スープのレシピ。海苔の風味が好相性。

昔ながらが一番旨い!白菜漬けの漬け方・作り方。絶品漬け物レシピ。

白菜の旨味が濃く感じられる、美味しい白菜漬けのレシピをご紹介します。白菜の塩漬けを作る際には、余分な水分を取り除くことがとても大切…

華やかな風味!柚子味噌の作り方と使い方。簡単で美味しい5分レシピ。

柚子の爽やかな風味をいかした、柚子味噌のレシピをご紹介します。柚子味噌を美味しく作るためのコツは2つあります。1つは、赤味噌を使う…

こってり甘辛!せりと豚肉の炒め物レシピ。さっと炒めてシャキシャキ食感

せり(芹)の風味と食感をいかした、ご飯によく合う炒め物の作り方をご紹介します。せりと豚肉を具材にした、味噌炒めのレシピです。スーパ…

手軽に美味しく長期保存!柚子の砂糖漬け。余った柚子の使い切りレシピ。

柚子の砂糖漬けのレシピをご紹介します。生の柚子をそのまま食べると酸味と苦味が気になりますが、砂糖に漬けることで食べやすさが大幅にア…

極上和風仕上げ!菜の花スープのレシピ。海苔の風味が好相性。

菜の花を使った風味豊かなスープの作り方をご紹介します。菜花と焼き海苔を具材に使ったスープのレシピ。お好みで、柚子の皮か、生姜か、小…