やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

インドのスイーツ(デザート)図鑑。インドのお菓子情報を一挙紹介!

投稿日:2020年1月16日 更新日:

インドの代表的なスイーツをご紹介します。

インドでは、牛乳やココナッツミルクをベースにしたデザートや、米やセモリナ粉やひよこ豆の粉などの穀物を多用したお菓子がとても多いです。

インドのスイーツは、素朴な味つけが魅力で、見た目も色とりどり。

たしかに甘いお菓子も多いですけど、日本人好みのマイルドな味のものも意外とあります。

個人的には、甘さ控えめで食べやすい「ハルヴァ」というスイーツがイチオシです。

下の動画は、インド西部のジャイプルにある、昔ながらのお菓子屋さんの様子です。
黄色やオレンジなど、綺麗な色のお菓子が店先にずらっと並べられていて、見ているだけでも楽しいですよ。

インドのスイーツ店(ジャイプル)

ハルヴァ(ハルワ)

インド旅行中によく見かけるデザートの一つに、「ハルヴァ(ハルワ:Halwa)」があります。

ハルヴァは、日本ではトルコのお菓子として有名ですが、実際は、トルコに限らず、中東地域やロシア・ギリシャ・インドなどでも広く食べられています。

ハルヴァの作り方はシンプルで、セモリナ粉に牛乳・バターオイル(ギー)・砂糖などを加えて火にかけ、練り上げたら出来上がり。
お好みでナッツやドライフルーツ、スパイスなどを加えることもあります。

食後のデザートとしても人気

ハルヴァは、インドでは食後のスイーツとしても人気があるようです。

右の写真は、ハルヴァが、インドのターリー(定食)に添えられているところ。

スパイスの刺激を、ハルヴァの甘みが和らげてくれます。

人参のハルヴァ
ちょっと変わったところで言えば、にんじんのハルヴァ、「ガジャル・ハルワ(Carrot Halwa)」もインドではよく見かけます。

こちらは、セモリナ粉を一切使っておらず、にんじんをミルクやバターオイル(ギー)で長時間煮て作ります。

にんじんのミルク煮といった感じです。

インドのハルヴァ

上の動画は、にんじんのハルヴァを大きな鍋で煮込んでいるところ。
にんじんを細かく刻み、牛乳とバターオイル(ギー)と砂糖を加え、1時間ほどかけて煮詰めると、濃厚な味わいに仕上がります。

グラブ・ジャムン

こちらは、グラブ・ジャムン(Gulab Jamun)。
このお菓子も、インドを旅しているとよく見かけます。

グラブ・ジャムンは、ものすごく甘いのが特徴で、初めて食べるとちょっとびっくりするくらいの甘さです。
アルコールをあまり飲まない文化圏では、こうした強烈な甘さが、嗜好品として重宝されているのだと思います。

材料は、「コア(Khoa)」と呼ばれる固形状の濃縮乳と、小麦粉と砂糖。
これらを直径3センチくらいに丸め、バターオイル(ギー)で揚げ、砂糖シロップに浸したら完成です。

しっとりしていて、濃厚な甘みとコクがあり、1粒でも大満足のお菓子です。


ジャレビ

こちらは、オレンジ色の「ジャレビ(Jalebi)」という揚げ菓子です。
インドだけでなく、中東や北アフリカでも食べられています。

こちらも、インドの定番のお菓子です。

お味の方は、少し柔らかいかりんとうみたいな感じ。
生地に砂糖シロップがしっかりと染みていて、口当たりはジューシーです。


バルフィ

「バルフィ(Balfi)」は、牛乳を使ったインドのスイーツ。
煮詰めた牛乳の濃厚な味わいと、ほろほろっとした柔らかい食感が特徴です。

こちらは、普段のおやつとしてだけでなく、誕生日や結婚式など特別な日に食べられることもあります。

上の写真のバルフィは、銀箔が使われることでよりリッチな感じに仕上がっていますが、シンプルで真っ白なバルフィもありますし、ナッツなドライフルーツなどをトッピングしたものもあります。

キール(ミルク粥)

「キール(Kheer)」(写真左)は、インド発祥のライスプディングです。

ミルク粥のようなデザートで、ミルクと砂糖を使って、米を柔らかく煮て作ります。
人によっては、ナッツやドライフルーツを混ぜたり、あるいはシナモンやカルダモンなどのスパイスで風味付けすることもあるようです。

温かいうちに食べることも多いですが、あえて冷たくしてから供されることもあり、それもなかなか美味しいです。


ラスマライ

こちらは、東インドのベンガル湾沿岸地域やバングラディッシュでよく食べられている「ケサル・ラスマライ(Kesar Rasmalai)」です。

サフラン色が目を引く可愛らし見た目のデザート。
インドのカッテージチーズ「パニール」で作ったスポンジ状の柔らかいお団子を、サフラン風味の濃厚な味わいのミルクソースでいただきます。


ちなみに、「ラスマライ」は南インドでも食べられています。

こちらは、南インドのお菓子屋さんで「ラスマライ」が売られている様子。
写真左下の黄色いお菓子がラスマライです。

南インドのラスマライは、ミルクの代わりにココナッツミルクを使う場合もあります。

サンデシュ

こちらは、牛乳で作るシンプルなお菓子「サンデシュ(サンディッシュ:Samdesh)」です。

ごく一般的なものは、真っ白くて丸い形をしていますが、写真のサンデッシュは、少し凝っているタイプ。
白い牛乳生地の内側を黄色く着色して、棒状に形成したうえで、半分に切り分けています。

サンデッシュの材料はシンプルで、基本的には、牛乳・レモン汁・砂糖の3つさえあればOKです。

牛乳にレモン汁を加え、それを固めて、カッテージチーズを作ります。
そして、砂糖などを混ぜれば生地の完成です。

口に入れると、しっとりとして柔らかく、爽やかな風味も感じます。


ラドゥ

こちらは、「ラドゥ(ラドゥー:Laddu)」。
ひよこ豆などの穀物の粉をフライパンで炒り、インドのバターオイル「ギー」や砂糖を混ぜて作るお団子状のお菓子です。

写真のように、サフランパウダーを使ってきれいな黄色に仕上げることもあり、刻んだナッツなどのドライフルーツが入ることもあります。

甘みが強くてほろほろっとした食感が特徴で、インドのお祭りや宗教行事などでよく食べられます。


ペサ

「ペサ(Petha)」は、半透明のソフトキャンディーです。
北インドの特にアグラやマトゥラで有名で、食後に食べるお菓子として人気があります。

このお菓子は、簡単に説明すると、冬瓜の砂糖漬けのようなもの。
日本で言う冬瓜のような野菜を石灰水に浸し、柔らかく煮たあとに、砂糖シロップに浸し、乾燥させたものです。

ジューシーでサクサクとした食感があります。


グジャ

「グジャ(Gujia)」は、インドをはじめ、ネパールやバングラディッシュなどでも食べられているお菓子です。
ホーリーなどのお祭りでも、よく食べられます。

一見すると餃子のような形をしていますが、全体的に濃厚な甘みがあります。

中身は、「コア(Khoa)」と呼ばれる固形状の濃縮乳やドライフルーツなどが詰められており、これを小麦粉の生地で包み、インドのバターオイル「ギー」で揚げ、甘い砂糖シロップに浸して作ります。


ブーンディ

こちらは、「ブーンディ(ブンディ:Boondi)」という粒状のお菓子。
甘みが強いのが特徴です。

作る際には、まず、小麦粉やひよこ豆の粉などに砂糖を加え、サフランパウダーやカルダモンパウダーで風味付けし、水を加えてドロドロにします。
そして、揚げ油を温め、穴が空いたお玉のような調理器具に先ほどのドロドロにしたものを流し入れると、丸い小さな粒状に揚げ上がります。

ちなみに、「ブーンディ」を柔らかくして団子状にまとめた、「ブーンディ・ラドゥ」というお菓子もあります。


シュリカンド

インドのデザート(シュリカンド)

こちらは「シュリカンド(Shrikhand)」というデザートです。

インド西部のグジャラート州やマハラシュトラ州で特に人気があり、結婚式などのおめでたい日によく作られます。

水切りしたヨーグルトをベースに、カルダモンやサフランなどで風味付けするのが特徴で、濃厚な甘みがあります。

詳しい作り方は「シュリカンドのレシピ」をご覧ください。
日本でも簡単に作れます。

5分
プレーンヨーグルト砂糖サフランピスタチオカルダモンパウダー

作り方を見る

ヨーグルトのデザート

ところで、インドと言えば、ヨーグルトも食後のデザートとしてよく食べられます。

はちみつなどで甘みを補うことも勿論ありますが、意外にも、砂糖を使わない食べ方も人気です。
インドのターリーやミールス(定食)などには、プレーンヨーグルトが添えられていることが多く、そのプレーンヨーグルトをご飯などに混ぜて、食事の締めにしている光景をよく見かけます。

なお、甘みを補う場合は、ドライフルーツ・ナッツ・はちみつなどを混ぜるシンプルな食べ方も好まれるようです。

ちなみに、インドのヨーグルトは、日本のよりも少し酸味が強いことが多いです。
詳しくは「インドのヨーグルトの特徴と食べ方」をご覧ください。

インドスイーツ店

続いて、インドのお菓子屋さんの写真をまとめてみました。
インドには、見た目も美しいお菓子がたくさんありますよ。


インドのケーキ

こちらは、インドのジャイプルで見かけたケーキ屋さんです。

年末にたまたま通りかかったお店を撮影したものですが、インドでは、年越しにケーキを食べる方もいらっしゃるようです。

また、一部の方に限ってのことだとは思いますが、クリスマスにケーキを食べることもあるようです。
写真は、ホテルのビュッフェで出てきたクリスマスケーキ。
日本とデザインが少し違うので、面白いですよ。


インドの駄菓子

最後にご紹介するのは、スーパーで売られている駄菓子です。

スーパーのお菓子売り場をのぞいてみて、一番印象的だったのは、バナナチップスがとても人気があるということです。
南インドのチェンナイのスーパーだったからかもしれませんが、日本のポテチ売り場がそのままごっそりバナナチップス売り場になってしまったくらい、スペースを割いて売られていました。

また、バナナチップス以外だったら、クッキーもインドでとても人気があるように思います。


以上、インドのスイーツについてお伝えしました。

インドには物珍しいスイーツがたくさんあり、スイーツ売り場を眺めているだけでもかなり楽しめます。
実際に食べると甘すぎてびっくりすることもありますが、そうした経験も旅の面白さの一つです。

気軽に試してみるのもいいですよ。


ところで、当サイトでは、現地インドでの経験をもとに、インド料理やインドの観光スポットについて別記事で詳しく解説しています。
次の記事もあわせてご覧ください。

関連記事

シュリカンドのレシピ!インドの簡単ヨーグルトデザートの作り方。

シュリカンド(Shrikhand)のレシピをご紹介します。シュリカンドとは、インドの伝統的なスイーツのこと。インド西部のグジャラー…

ラッシーのレシピ。本場インドの飲むヨーグルト!本格的な作り方を紹介。

インドの国民的飲み物「ラッシー」の作り方を、現地から動画でご紹介します。ラッシーとは、インドの飲むヨーグルトのことで、濃厚で甘みが…

インドのヨーグルトを現地から徹底解説!ダヒの作り方と使い方。

インドヨーグルトの作り方や食べ方を、現地インドから詳しくご紹介します。ヨーグルトは、インドでは「ダヒ(Dahi)」と呼ばれています…

チャイの作り方。インドのスパイスミルクティー(マサラチャイ)のレシピ

チャイ(Chai)の作り方を、本場インドで撮影した動画とともにご紹介します。チャイとは、インドでよく飲まれているミルクティーのこと…

インドの牛乳を徹底解説。ミルク消費量世界一!飲み方や使い方は様々。

インドで飲まれている牛乳について解説します。インドの宗教で最も幅を利かせているのはヒンドゥー教。インドの人口の8割がヒンドゥー教徒…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味…

バスマティライスの炊き方。インドの香り米を伝統的な湯取り法で炊く!

バスマティライス(Basmati rice)の炊き方をご紹介します。バスマティライスとは、インディカ米の一種のこと。インドを中心に…

ライタのレシピを本場インドから紹介!きゅうりとヨーグルトの人気サラダ

ライタのレシピを本場インドからご紹介します。ライタ(Raita)とは、ヨーグルトを使ったサラダのこと。ヨーグルトの中に刻んだ生野菜…

おすすめ記事

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

切る向きでこんなに違う!白菜の千切りの方法。縦と横を上手に使い分け。

昆布の保存。常温でもOKだが冷凍なら更に安心。表面の白い粉は旨味の元

火の通り&味しみがUP!白菜のそぎ切りのやり方。鍋や煮物に便利。

柔らかさ自由自在!白菜の茹で方と茹で時間。おひたしもすぐに完成。

ラクにスルッと!白菜の葉の取り方。葉1枚1枚を簡単に剥がすコツ。

身の方から焼くのが正解!フライパンを使ったアジの開き(干物)の焼き方

こんなに簡単!白菜丸ごとの切り方。切れ目を入れて手で裂くとラクチン。

カットも丸ごともこれで長持ち!白菜の保存方法と賞味期限を解説。

冷凍すれば長持ち!昆布だしの保存方法。冷蔵庫での日持ちは3〜4日。

白菜は洗わない?白菜を洗う必要性と簡単な洗い方。内側は意外ときれい。

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

賢く使い分け!白菜の切り方。鍋や煮物など料理に合ったカット方法を解説

好みが分かれる!白菜の冷凍保存。調理後に冷凍なら食感の変化は少なめ

グリルが一番旨い!アジの開き(干物)の焼き方。焼き時間は5分でOK

1/4株を丸ごと切れる!白菜のざく切り。一番簡単なやり方を解説。

柚子の種で自然派コスメ!柚子化粧水のレシピ。焼酎か日本酒に漬けるだけ

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

熊本を代表する人気の郷土菓子、「いきなり団子」の作り方をご紹介します。輪切りにしたさつまいもとあんこを具材にした、シンプルでありな…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を、きび砂糖のコクのある甘みで補った、風味豊かなパウンドケーキ…

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

さつまいもの素揚げのおすすめレシピをご紹介します。さつまいもを少し太めのスティック状に切って、さっと揚げるだけの簡単レシピ。油で揚…

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

ほっこり身体が温まる、熊本の人気郷土料理、「だご汁(だんご汁)」のレシピをご紹介します。だご汁は、小麦粉と水を練ってのばした団子を…

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

さつまいも好きにおすすめの、熊本天草の郷土料理「がね揚げ」のレシピをご紹介します。がね揚げは、さつまいもを使った昔ながらの天ぷらで…

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

エリンギと豚バラ肉を使った肉巻きのレシピをご紹介します。ご飯がすすむ、王道の甘辛い肉巻きレシピ。エリンギの弾力のある食感としっかり…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベーキングパウダーを加え、ヨーグルトと卵で風味付け。レーズンとく…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ料理は、オリーブオイルやレモンやハーブで風味付けされているも…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えします。ムサカとは、ギリシャやトルコやブルガリアなど、東地中海…

切る向きでこんなに違う!白菜の千切りの方法。縦と横を上手に使い分け。

白菜の千切りの切り方を解説します。千切りとは、食材を「線」のように細く、1〜2ミリくらいの幅に切り分ける方法です。千切りにした白菜…

昆布の保存。常温でもOKだが冷凍なら更に安心。表面の白い粉は旨味の元

昆布の保存方法について解説します。昆布を保存する際のポイントは、次の3点です。乾燥状態の昆布は常温で保存できるが、冷蔵・冷凍ならさ…

火の通り&味しみがUP!白菜のそぎ切りのやり方。鍋や煮物に便利。

白菜のそぎ切り(削ぎ切り)の切り方を解説します。そぎ切りは、その名の通り、食材を削ぐように切り分ける方法です。包丁を斜めに入れると…

柔らかさ自由自在!白菜の茹で方と茹で時間。おひたしもすぐに完成。

白菜の上手な茹で方について解説します。白菜は、芯の部分と葉の部分では、火の通り具合がかなり違います。そのため、柔らかくするのに必要…

ラクにスルッと!白菜の葉の取り方。葉1枚1枚を簡単に剥がすコツ。

白菜の葉を株から1枚ずつ剥がす方法を解説します。白菜の葉は、根元に切れ込みを入れて、そこから外すのが簡単です。この外し方は、キャベ…

身の方から焼くのが正解!フライパンを使ったアジの開き(干物)の焼き方

アジの開き(干物)をフライパンで美味しく焼く方法を解説します。アジの開きをフライパンで焼くメリットは、何と言っても手軽なこと。アジ…

こんなに簡単!白菜丸ごとの切り方。切れ目を入れて手で裂くとラクチン。

白菜丸ごと1株の、上手な切り方を解説します。丸ごとの白菜はかなりサイズが大きいため、切ってから料理に使うのが一般的です。白菜を切る…

カットも丸ごともこれで長持ち!白菜の保存方法と賞味期限を解説。

白菜の保存について解説します。丸ごと1株の白菜はわりと長持ちしますが、切った途端に日持ちしにくくなります。丸ごとの白菜は常温で保存…

冷凍すれば長持ち!昆布だしの保存方法。冷蔵庫での日持ちは3〜4日。

昆布だしの保存方法を解説します。昆布だしは、常温での保存には向きません。また、冷蔵庫で保存したとしても、賞味期限は3〜4日ほどです…

白菜は洗わない?白菜を洗う必要性と簡単な洗い方。内側は意外ときれい。

白菜は、まったく洗わないで使うのは不衛生ですが、一方で、部位によって汚れの付き方に差があります。中側と外側とでは泥などの付き具合が…

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

鮭の美味しい焼き方を解説します。用意する鮭は、塩鮭でも生鮭でもOKです。鮭の切り身を焼いて食べるのなら、魚焼きグリルを使うのが一番…

賢く使い分け!白菜の切り方。鍋や煮物など料理に合ったカット方法を解説

白菜の切り方を解説します。白菜は、芯(軸)の部分と葉の部分とでは、火の通りやすさも食感もかなり違います。芯の部分は、火が通って柔ら…

好みが分かれる!白菜の冷凍保存。調理後に冷凍なら食感の変化は少なめ

白菜を冷凍すると日持ちが大幅にアップします。細かくカットした白菜でも、冷凍することで1ヶ月程度保存することが可能です。また、冷凍し…

グリルが一番旨い!アジの開き(干物)の焼き方。焼き時間は5分でOK

アジの開き(干物)の上手な焼き方を解説します。アジの開きを焼くのなら、グリルを使うのが一番美味しいです。グリルだったら、オーブント…

1/4株を丸ごと切れる!白菜のざく切り。一番簡単なやり方を解説。

白菜のざく切りの切り方を解説します。ざく切りとは、食材を3〜5センチ角くらいの大きさのぶつ切りにする方法です。白菜を食べやすいサイ…

柚子の種で自然派コスメ!柚子化粧水のレシピ。焼酎か日本酒に漬けるだけ

柚子の種を有効活用する方法をご紹介します。柚子の種を利用した、手作り化粧水のレシピです。柚子の種には、水溶性食物繊維の「ペクチン」…

最新記事

王道が旨い!筑前煮の絶品レシピ。福岡のがめ煮の簡単な作り方。

セリが主役!セリパスタのレシピ。鰹節と合わせてペペロンチーノ風。

昔ながらが一番旨い!白菜漬けの漬け方・作り方。絶品漬け物レシピ。

ピシッと旨い!白菜のおひたしレシピ。白だし&鰹節のダブル使い。

華やかな風味!柚子味噌の作り方と使い方。簡単で美味しい5分レシピ。

王道が旨い!筑前煮の絶品レシピ。福岡のがめ煮の簡単な作り方。

筑前煮の簡単で美味しい作り方をご紹介します。筑前煮とは、鶏肉やこんにゃくや里芋など、たくさんの種類の具材を甘辛く煮込んだ煮物のこと…

セリが主役!セリパスタのレシピ。鰹節と合わせてペペロンチーノ風。

セリをたっぷりと使った、セリが主役のパスタレシピをご紹介します。セリにかつお節を合わせた、ペペロンチーノ風のパスタ。セリといえば爽…

昔ながらが一番旨い!白菜漬けの漬け方・作り方。絶品漬け物レシピ。

白菜の旨味が濃く感じられる、美味しい白菜漬けのレシピをご紹介します。白菜の塩漬けを作る際には、余分な水分を取り除くことがとても大切…

ピシッと旨い!白菜のおひたしレシピ。白だし&鰹節のダブル使い。

たっぷりの白菜をモリモリ美味しく食べられる、白菜のお浸しレシピをご紹介します。白菜の味はとても優しくて淡いので、普通におひたしにす…

華やかな風味!柚子味噌の作り方と使い方。簡単で美味しい5分レシピ。

柚子の爽やかな風味をいかした、柚子味噌のレシピをご紹介します。柚子味噌を美味しく作るためのコツは2つあります。1つは、赤味噌を使う…