ゴーヤチャンプルのレシピ。味付けも調理も簡単!人気沖縄料理の作り方。

投稿日:2020年8月11日 更新日:

ゴーヤチャンプル

ゴーヤチャンプルの簡単レシピをご紹介します。

材料は、ゴーヤの他に、豚バラ肉と卵。
本場沖縄では、豆腐も具材としてよく使われますが、水切りの手間がかかるので、ここでは、豆腐なしで簡単に作ります。

また、味付けもお手軽です。
ゴーヤチャンプルは、鰹節の風味が効いているのが特徴ですが、このレシピでは、本場でもよく用いられる顆粒かりゅう和風だし(ほんだし)を使います。

苦くないゴーヤチャンプルを作るコツ

ゴーヤチャンプルの最大の魅力は、ゴーヤ特有の苦い味を活かしているところ。
一方で、本場のゴーヤチャンプルには、ゴーヤの苦みを抑えて食べやすくするアイデアも詰まっています。

ゴーヤチャンプルのレシピ
それは、油で炒めたり、鰹節や豚肉の旨味を効かせたり、卵などのマイルドな具材をたっぷり合わせることです。

このレシピも、もちろん、そうした現地のアイデアを取り入れています。
食べやすいので、ぜひ、気軽に作ってみてください。

ゴーヤチャンプル

「ゴーヤチャンプル」のレシピです。

材料【2人分:調理時間6分】
ゴーヤ 1/2本(120g程度)
豚バラ薄切り肉 100g
2個
サラダ油 小さじ1
砂糖 小さじ1/2
少々
和風顆粒だし 小さじ1/2
醤油 小さじ1
カロリー
1人分321kcal

ゴーヤチャンプルの切り方

【工程1】
まず、ゴーヤ(1/2本:120g程度)のワタとタネを取り、5ミリぐらいの半月切りにします。

ワタとタネはスプーンでかき出すのが簡単です。
詳しいやり方は、冒頭の動画をご覧ください。


豚バラ肉の切り方

豚バラ薄切り肉(100g)は、食べやすい大きさに切ります。


卵に砂糖と塩を混ぜる

【工程2】
卵(2個)はボールに割り入れ、砂糖(小さじ1/2)・塩(少々)を混ぜます。


フライパンにゴーヤと豚肉を入れる

【工程3】
次に、フライパンにサラダ油(小さじ1)を引き、ゴーヤと豚肉を入れます。


ゴーヤと豚バラ肉を炒める

そして、たまに返しながら3〜4分炒めます。


ゴーヤチャンプルの味付けの調味料を加える

豚肉とゴーヤに少し焼き目がついたら、火を弱め、和風顆粒だしと醤油を加えます。

醤油は焦げやすいので、火を少し弱めてから加えてください。


ゴーヤチャンプルの味付け

そして、手早く炒め合わせて味を絡めます。


卵を回し入れる

最後に、混ぜておいた卵液を回し入れます。


卵を固める

混ぜながら、卵を軽く固めたら完成です。


ゴーヤチャンプル

炒めたゴーヤは食感が柔らかく、かつおと醤油の味がよく馴染みます。

また、豚肉の旨味と卵のマイルドな口当たりが加わることで、ゴーヤの食べやすさが大幅にアップ。
苦味はもちろん残りますが、その苦味がいいアクセントになって、メリハリのある味に仕上がります。

ゴーヤは食べ慣れない人にとっては敬遠しがちな食材ですが、炒めてゴーヤチャンプルにすると、とても美味しくいただけますよ。

作り置きやお弁当おかずにも

なお、このゴーヤチャンプルを作り置きすることも可能です。
日持ちは、冷蔵保存で2日程度と考えてください。

また、忙しい時でもチャチャッと作れるので、お弁当のおかずにするのもおすすめです。

関連レシピ