やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

世界一美味しいカルボナーラのレシピ。人気プロの簡単で本格的な作り方。

投稿日:2018年1月12日 更新日:

世界一美味しいカルボナーラのレシピをご紹介します。

イタリアンのプロ・小林幸司シェフが考案した、カルボナーラの人気レシピです。

小林シェフは、イタリア料理の名店「フォリオリーナ・デッラ・ポルタ・フォルトゥーナ」のオーナーシェフをされている方。
小林シェフは、このカルボナーラについて、「世界一美味しい」とおっしゃっています。

カルボナーラの簡単本格レシピ

生クリームなし牛乳なしでパスタソースを作る本格レシピになっていて、卵や粉チーズなど、日本で容易に手に入るものだけを具材にして、本場イタリアの美味しいカルボナーラを作ります。

また、作り方はとても簡単で、初心者でも失敗しないレシピになっています。
調理時間は、トータルで17分ほどです。

世界一美味しいカルボナーラの作り方

世界一美味しいカルボナーラのレシピです。

レシピの全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【1人分:調理時間17分】
ベーコン 15g
卵(Sサイズ) 1個
粉チーズ 30g
にんにく 5g
オリーブオイル 大さじ2
黒こしょう 適量
適量(※)
パスタ(2ミリ) 90g

※塩の量は下の説明を参考にしてください。

作り方
  1. 卵は室温に戻しておく。ベーコンは5ミリ角に切り、にんにくはみじん切りにする。
  2. オリーブオイル(大さじ1)とベーコンをフライパンに入れて炒める。
    ベーコンの脂身が透明になったらにんにくを加え、にんにくがカリカリになるまで炒める。
  3. 粉チーズをボールに入れ、中央に仕切りを作り、その両サイドに卵と2をそれぞれ入れる。(下の写真参照)
  4. 鍋に湯を沸かし、塩を加え、パスタを袋の表示時間通りに茹でる。
    茹で上がったらザルに上げ、水気を切る。
  5. 4のパスタを3の上に覆いかぶせるように入れ、10秒ほどそのままにして具材を蒸す。
    全体をよく混ぜ、皿に盛る。オリーブオイル(大さじ1)と黒こしょうをかけたら出来上がり。

写真をもとにレシピを説明します。

カルボナーラの作り方を写真で解説


【工程1】
まず、卵(Sサイズ1個)を室温に戻しておきます。

そして、ベーコン(15g)を5ミリ角に切り、にんにく(5g)をみじん切りにします。
ちなみに、ベーコン15gは1枚弱くらいで、にんにく5gは1かけ程度です。

【調理のポイント】
ベーコンは細かく切ります。
ベーコンを使うと燻製臭が邪魔になるので、なるべく小さくカットして、燻製の風味を感じにくくします。

ちなみに、本場イタリアのカルボナーラは、ベーコンではなく「グアンチャーレ」や「パンチェッタ」といった豚肉の塩漬けを使って作るので、燻製臭はありません。

にんにくのみじん切り(動画)



【工程2】
次に、オリーブオイル(大さじ1)とベーコンをフライパンに入れて炒めます。

そして、ベーコンの脂身が透明になったらにんにくを加え、にんにくが少し色付いてカリカリになるまで炒めます。(上の写真)



【工程3】
続いて、粉チーズ(30g)をボールに入れ、中央に仕切りを作り、その両サイドに卵(Sサイズ1個)と炒めたベーコンをそれぞれ入れます。

粉チーズで仕切りを作る理由は、炒めたベーコンが卵に触れることで、卵に少しでも火が入ってしまうのを防ぐためだと思われます。
このカルボナーラは、ソースをなめらかな食感に仕上げるために、卵をフライパンで加熱しません。



【工程4】
次に、パスタを茹でます。

鍋に湯(適量)を沸かし、塩(適量)を加え、パスタを袋の表示時間通りに茹でます。
茹で上がったらザルに上げ、水気を切ります。

塩の量は、パスタに下味を付けるような感覚で、少し多めにします。
使用量はお好みですが、小林シェフは、1リットルの湯に対し、小さじ4の塩を使うそうです。

パスタは表示時間通りに茹でる

また、パスタの茹で加減は、アルデンテ(髪の毛の細さ程度の芯を残して茹でること)ではなく、表示時間通りを目安に、芯が無くなるまでしっかり茹でます。
茹で上がったパスタはこの後一切加熱しないので、この段階で中まで完全に火を通します。
小林シェフによると、パスタは芯が無くなるまで茹でた方が、味が染みて美味しいそうです。

なおパスタの太さは、ソースが絡みやすくなるという理由で、少し太め(2ミリ)がおすすめとのことです。

【調理のポイント】
パスタは芯が無くなるまで茹でます。


【工程5】
茹で上がったパスタの水気を切ったら、卵が入ったボールに覆いかぶせるように加えます。(上の写真)

そして、10秒ほどそのままにして、パスタの下にある具材を余熱で蒸します。

【調理のポイント】
このカルボナーラは、生クリームや牛乳は一切使いません。
卵本来の風味を薄めずに最大限いかすためで、卵だけでソースのなめらかさを出します。

ソースをとろとろに仕上げるために、卵はフライパンで加熱調理せず、他の具材と一緒にボールに入れます。
そして、茹で上がったパスタの余熱で軽く火を通します。



最後に、全体をよく混ぜます。



パスタを皿に盛り、オリーブオイル(大さじ1)を回しかけ、黒こしょう(適量)を振ったら出来上がりです。



塩気のしっかり効いた濃厚な味わいのカルボナーラが出来ます。
ソースはとろとろで、パスタはもっちりとした歯応えがあり、食べ応えがあります。

パルミジャーノ・レッジャーノを使うとより本格的

お味の方は、卵よりもチーズの風味の方が際立っています。
チーズの存在感がとても強いので、使用するチーズの塩気や味によってだいぶ印象が変わってきます。

私は普通の粉チーズを使って作りましたが、パルミジャーノ・レッジャーノを削って使うと、より本格的な味になると思います。

塩気は好みで調整する

また、レシピ通りに作ると塩気がしっかり効くので、お好みで調整すると良いと思います。

ちなみに、私は、小林さんのおすすめの分量の塩を使ってパスタを茹でましたが(1リットルに対して塩小さじ4)、もう少し塩気が弱くても良いと思いました。
ただ、塩味は意外と好みの幅が広いですし、使用するチーズによっても変わってきますので、お好みの量を見つけてみてください。

このカルボナーラは、シンプルで分かりやすく、初心者でも失敗しようがないので、とても素晴らしい家庭料理のレシピだと私は思います。


ところで、当サイトでは、イタリアンのシェフが考案した生クリームも牛乳も使わない本場イタリア風のカルボナーラのレシピをあともう1品紹介しています。

カルボナーラの人気店「ラ・ブリアンツァ」の奥野義幸シェフが考案した「生クリームを使わないカルボナーラ」です。

参考程度に、奥野シェフのレシピにも少し触れたいと思います。

このカルボナーラは、小林シェフのカルボナーラよりも卵が主役と思える味に仕上がります。
ただ、最後に卵を加熱調理する工程があるので、小林シェフのレシピの方が、だれにでも失敗せずに作れると思います。
リンク先も是非ご覧ください。

最後に当サイトが紹介しているテレビで話題のカルボナーラの中から、人気レシピベスト3をお伝えします。


カルボナーラの人気レシピあと3品

カルボナーラの人気レシピ、ベスト3です

詳しいレシピはメニュー名のリンク先をご覧ください。

カルボナーラ人気ベスト3
  1. サイゲン大介さんの「カルボナーラ
  2. みきママの「ヘルシーカルボナーラ
  3. 奥野義幸シェフの「生クリームを使わないカルボナーラ

2018年1月12日現在のランキング

1位のカルボナーラを作ったサイゲン大介さんは、日本テレビの「あのニュースで得する人損する人」という番組で名店の料理の再現レシピを披露している芸人さんで、お笑いコンビ「うしろシティ」の阿諏訪泰義さんです。

サイゲンさんの「カルボナーラ」は、スーパーで手に入る安い食材を使った、高級店のカルボナーラの再現レシピになっています。

干し椎茸の戻し汁を使ってトリュフの風味を出したり、スモークチーズを加えて燻製の香りをプラスしたりとかなり凝った一品で、お味の方も風味豊かでとても美味しいですよ。


2位の節約料理研究家のみきママの「ヘルシーカルボナーラ」は、白菜とほうれん草をたっぷり使った一品です。

野菜をたくさん使っているのでさっぱりしていて物足りないのではと思うかもしれませんが、お味の方はカルボナーラらしくとても濃厚。
食べ応えがあります。

調理時間は15分です。


3位の奥野義幸シェフの「生クリームを使わないカルボナーラ」は、先ほどご紹介したカルボナーラです。

小林シェフのカルボナーラと同じく、本場イタリア風のシンプルなカルボナーラで、卵の風味がはっきり出るのが特徴です。
濃厚でコクがあって美味しいです。

調理時間は10分です。

(一部情報元:日本テレビ「得する人損する人」2018年1月11日放映)

関連記事

家事えもんの茶碗蒸しのレシピ。余った味噌汁を使ってレンジで5分。

余った味噌汁で作る茶碗蒸しの簡単レシピをご紹介します。家事えもんこと、タレントの松橋周太呂さんが考案した「本格茶碗蒸し」です。食べ切れなかっ…

フライドオニオンの作り方。和牛の水田さんのおすすめレシピ。

フライドオニオンの超簡単レシピをご紹介します。ゴショクレンジャーこと、お笑いコンビ「和牛」の水田信二さんが考案した「簡単カリカリ フライドオ…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味は、時に感…

タラモサラダ(タラモサラタ)の本格レシピ!ギリシャ人気料理の作り方。

タラモサラダ(タラモサラタ)のレシピをご紹介します。日本でも簡単に作れる、たらこを使ったタラモサラダです。日本で「タラモサラダ」と言えば、一…

焼きそばのナポリタン。レンジで簡単!焼きそば麺のアレンジパスタ。

焼きそばで作るナポリタンのレシピをご紹介します。焼きそば麺のアレンジパスタ。料理研究家の柳澤英子さんが考案した「ナポリタン」です。味付けは、…

ギリシャサラダのレシピ。フェタチーズたっぷり!本格グリークサラダ。

ギリシャサラダ(グリークサラダ)のレシピを、現地ギリシャの情報を交えて詳しくお伝えします。ギリシャサラダとは、ギリシャ産の「フェタチーズ」と…

ギリシャヨーグルトの作り方とおすすめレシピ!市販品の味の違いも解説。

ギリシャヨーグルト(グリークヨーグルト)の作り方と、それを使った料理のおすすめレシピを、本場ギリシャの情報を交えて詳しくご紹介します。また合…

かぼちゃの煮物レシピはこれでOK!基本の作り方から簡単レンジまで。

かぼちゃの煮物のレシピをたっぷりとご紹介します。かぼちゃの煮物の基本レシピはもちろん、電子レンジを使った簡単レシピや、残り物をつかったリメイ…

おすすめ記事

とうもろこしはレンジが一番。皮ごとチン、皮なしラップでチンが美味しいゆで方。

梅干しの作り方。初心者でも失敗しない簡単な漬け方。手作りレシピを解説。

とうもろこしごはんのレシピ。人気のバター風味!炊飯器で炊き込みご飯

とうもろこしスープの手作りレシピ。甘みを堪能!コーンスープの作り方

らっきょうの甘酢漬けのレシピ。ラッキョウの手軽で美味しい漬け方。

紅しょうがの作り方。塩気控えめで食べやすい!新生姜の梅酢漬けのレシピ

新生姜の甘酢漬けのレシピ。甘酸っぱくてクセになる!ガリの簡単な作り方

桃スムージーのレシピ。おうちで作ると超美味しい!冷凍桃の活用法。

これがベスト!餃子の皮ピザ。フライパンやトースター等を上手に使い分け

ガツンと旨いニラだれ!ニラポン酢の簡単レシピ。万能調味料の作り方。

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

ピーマンとしめじ炒め。作り置きにもおすすめ!お手軽おかずレシピ。

牛乳寒天の作り方。濃厚で柔らか!ミルク100%の水なし簡単レシピ。

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

塩胡椒だけで旨い!ささみフライの簡単レシピ。フライパンでささみカツ。

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

とうもろこしはレンジが一番。皮ごとチン、皮なしラップでチンが美味しいゆで方。

とうもろこしの茹で方は、レンジでチンが一番美味しいです。皮ごとならそのまま。皮なしならラップで包んで。普通のゆで方よりもずっと甘いですし、栄…

梅干しの作り方。初心者でも失敗しない簡単な漬け方。手作りレシピを解説。

梅干しの作り方をご紹介します。私は10年ほど前から自家製梅干しを作っていますが、いろいろ試した中で、初めてでも失敗しない簡単な漬け方をお伝え…

とうもろこしごはんのレシピ。人気のバター風味!炊飯器で炊き込みご飯

とうもろこしごはん(とうきびごはん)のおすすめレシピをご紹介します。とうもろこしの甘みとバターのコクを活かした、人気の炊き込みごはんのレシピ…

とうもろこしスープの手作りレシピ。甘みを堪能!コーンスープの作り方

とうもろこしスープの手作りレシピをご紹介します。生のとうもろこしを使ったコーンスープで、濃厚な味わいが特徴。コンソメなどのだしを一切使わずに…

らっきょうの甘酢漬けのレシピ。ラッキョウの手軽で美味しい漬け方。

らっきょうの甘酢漬けのレシピをご紹介します。らっきょうの漬け方は、とても簡単です。らっきょうをきれいに洗い、根元を切るなどして下ごしらえをし…

紅しょうがの作り方。塩気控えめで食べやすい!新生姜の梅酢漬けのレシピ

紅しょうがの作り方をご紹介します。塩気と辛みを抑えた、食べやすい紅しょうがのレシピです。紅生姜の漬け方のポイントは、3つあります。1つめは、…

新生姜の甘酢漬けのレシピ。甘酸っぱくてクセになる!ガリの簡単な作り方

新生姜の甘酢漬け(ガリ)の作り方をご紹介します。お寿司屋さんでおなじみの、甘酸っぱい薄切り生姜。ほど良い酸味が食欲を刺激する、和食のお供にぴ…

桃スムージーのレシピ。おうちで作ると超美味しい!冷凍桃の活用法。

桃を使った美味しいスムージーのレシピをご紹介します。作り方はとても簡単です。桃を凍らせて、ヨーグルトとはちみつを加え、ミキサーにかけるだけ。…

これがベスト!餃子の皮ピザ。フライパンやトースター等を上手に使い分け

餃子の皮を使った美味しいピザのレシピをご紹介します。フライパン、ホットプレート、トースター、オーブン、グリル。これらを使った、5パターンの簡…

ガツンと旨いニラだれ!ニラポン酢の簡単レシピ。万能調味料の作り方。

濃厚で風味豊かな、美味しいニラポン酢のレシピをご紹介します。ニラポン酢とは、ニラをポン酢に漬けたニラだれのこと。ポン酢と合わせることで、ニラ…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を、きび砂糖のコクのある甘みで補った、風味豊かなパウンドケーキのレシピで…

ピーマンとしめじ炒め。作り置きにもおすすめ!お手軽おかずレシピ。

ピーマンとしめじを使った、手軽で美味しいおかずレシピをご紹介します。市販のだしの素を使った、ピーマンとしめじの炒めもの。ピーマンは表面がツル…

牛乳寒天の作り方。濃厚で柔らか!ミルク100%の水なし簡単レシピ。

味が濃厚で食感の柔らかい、美味しい牛乳寒天(ミルク寒天)の作り方をご紹介します。レシピのポイントは、水なしで、牛乳だけで寒天を溶かすことです…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベーキングパウダーを加え、ヨーグルトと卵で風味付け。レーズンとくるみをたっ…

塩胡椒だけで旨い!ささみフライの簡単レシピ。フライパンでささみカツ。

ささみフライの作り方をご紹介します。鶏ささみを使ったカツレツの簡単レシピです。ささみカツは、豚肉を使ったトンカツよりも脂が少なく、さっぱりめ…

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッと巻いて、フライパンでこんがりと加熱。焼き上がった肉巻きを、醤油やみり…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味は、時に感…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ料理は、オリーブオイルやレモンやハーブで風味付けされているものが多く、…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えします。ムサカとは、ギリシャやトルコやブルガリアなど、東地中海の国々で食…

最新記事

風味抜群!いんげんと人参の海苔和えレシピ。生姜を加えてさっぱり仕上げ。

手軽に作り置き!味噌玉のレシピ。味噌汁の素と即席みそ汁の作り方。

爽やかな風味!オレンジ酢のレシピ。酢漬けで手軽にサワードリンク。

マヨで格上げ!トマトトーストのレシピ。食パンにトマトだけで旨い。

濃厚ごま風味!ごぼうときゅうりのサラダレシピ。レンジで簡単副菜。

風味抜群!いんげんと人参の海苔和えレシピ。生姜を加えてさっぱり仕上げ。

さやいんげんと人参を使った、風味の良いおかずの作り方をご紹介します。和食全般に合わせやすい「いんげんと人参の海苔和え」のレシピです。いんげん…

手軽に作り置き!味噌玉のレシピ。味噌汁の素と即席みそ汁の作り方。

味噌汁の作り置きに便利な「味噌玉」の作り方をご紹介します。味噌汁は、加熱後にそのまま作り置きしておくと、味噌の風味が飛んでしまってあまり美味…

爽やかな風味!オレンジ酢のレシピ。酢漬けで手軽にサワードリンク。

オレンジと酢を使った、シンプルなサワードリンクのレシピをご紹介します。オレンジを薄い輪切りにして砂糖を加え、りんご酢を回しかけたら仕込み完了…

マヨで格上げ!トマトトーストのレシピ。食パンにトマトだけで旨い。

トマトと食パンだけを使った、風味豊かなトマトトーストのレシピをご紹介します。トマトをすこし小さめに切って塩を振り、マヨネーズを塗った食パンに…

濃厚ごま風味!ごぼうときゅうりのサラダレシピ。レンジで簡単副菜。

ごぼうときゅうりだけで作れる、箸休めに便利な副菜のレシピをご紹介します。ごぼうときゅうりを千切りにして、すりごまとマヨネーズで味付けをする、…