にんにくのみじん切りの方法。コツをおさえると簡単!基本の切り方。

投稿日:2019年11月5日 更新日:

にんにくのみじん切り

にんにくのみじん切りのやり方をご紹介します。

特別な器具を使わずに、包丁でにんにくの芯を取り、みじん切りにする方法です。

包丁を使ってみじん切りにするメリットは、やはり、後片付けが簡単なこと。
みじん切り器用のカッターやチョッパー、そしてフードプロセッサーといった器具は、解体して洗うのがちょっと面倒くさいです。

大量のみじん切りが必要な場合はこれらのグッズを使うのもありですが、たいていは包丁で事足ります。

みじん切りのコツは「切れ目」

包丁で簡単にみじん切りにするコツは、にんにくにあらかじめ切れ目を入れることです。
にんにくの一部を繋げた状態で縦横に切れ目を入れれば、あとは端から包丁を入れるだけ。
とても簡単ですよ。

にんにくをみじん切りにする方法

にんにくを縦半分に切る
まず、にんにくを縦半分に切ります。

にんにくの簡単皮むき(動画)


にんにくの芯の取り方(抜き方)
次に、にんにくの芯を取ります。

ニンニクの芯は、焦げやすく、臭みの原因にもなるので、取り除きます。


にんにくに包丁で切れ目を入れる
続いて、にんにくの切断面を下にして置き、にんにくのお尻の部分を少し繋げたままにしながら、縦に包丁で切れ目を入れます。


にんにくに包丁で切れ目を入れる
縦に切れ目を入れたら、今度は、にんにくを横にして置き、にんにくのアタマの方から横に2回包丁を入れます。

この工程でも、にんにくのお尻の部分は、繋げたままにします。


にんにくをみじん切りにする
最後に、端から包丁を入れたらお終い。

にんにくのお尻の部分だけは、最後に細かく包丁を入れます。


みじん切りにしたにんにく
これで完成です。


みじん切りにしたにんにくの冷凍保存 ところで、みじん切りを一度に大量に作った時は、冷凍保存しておくとすぐに使えて便利です。

解凍は不要。
そのまま料理に加えればOKです。

詳しくは「にんにくの冷凍保存」をご覧ください。

日持ち:冷凍保存で1ヶ月


にんにくのオリーブオイル漬け

また、みじん切りにしたにんにくをオイル漬けにして保存するのもおすすめです。

食べるにんにくオイル」の作り方はとても簡単。
みじん切りにしたにんにくをオリーブオイルで2分ほど加熱します。

火を入れることで、ほんのり香ばしい味に仕上がります。
とても食べやすいですよ。

日持ち:冷蔵保存で1ヶ月

5分
にんにくオリーブオイル

作り方を見る

関連レシピ