ナンプラーだとこんなに旨い!なすの焼き浸し。タイ料理のお手軽レシピ。

投稿日:2016年9月5日 更新日:

なすナンプラー焼き浸し

なすとナンプラーを使った、焼き浸しの簡単レシピをご紹介します。

身近な食材だけで作る、タイ風のエスニック料理。
なすをフライパンでこんがりと焼いて、ナンプラー・にんにく・レモンなどで味をととのえます。

ナンプラーを加熱しないのがコツ

調理のコツは、ナンプラーを一切加熱しないことです。
ナンプラーの風味は加熱すると飛びやすいので、なすが焼き上がった後にナンプラーを加えて、独特の風味を最大限いかします。

一晩置いて冷やして食べると、味が染みて、濃厚かつ旨みたっぷりな味を楽しめますよ。

レシピ動画

「なすのナンプラー焼き浸し」のレシピです。

材料

2〜4人分:調理時間10分/一晩置く
なす 4本(400g)
にんにく 1かけ(10g)
赤唐辛子 1/2〜1本
サラダ油 大さじ1と1/2
ナンプラー 大さじ1と1/2
砂糖 大さじ1と1/2
レモン汁 大さじ1と1/2

作り方

茄子に切れ目を入れる

まず、なす(4本:400g)のヘタを取り、縦半分に切って、皮目に切れ目を入れます。


ニンニクと唐辛子をみじん切りにする

にんにく(1かけ:10g)をみじん切りにして、赤唐辛子(1/2〜1本)は、タネを取ってみじん切りにします。


ナスをサラダ油で焼く

次に、フライパンにサラダ油(大さじ1)を引き、なすの切り口を下にして並べ、火にかけます。
そして、中火〜弱めの中火で、両面がこんがりとするまで7〜8分焼きます。


茄子をひっくり返して油を足す

焼いている途中、ひっくり返す際に、サラダ油(大さじ1/2)を補ってください。


焼き上がったなすをバットに入れてナンプラーなどの調味料をかける

続いて、焼き上がったなすをバットに並べ、にんにくと赤唐辛子を散らし、ナンプラー・砂糖・レモン汁(全て大さじ1と1/2ずつ)を混ぜたものを回しかけます。


ナスを一晩置いてナンプラーを染み込ませる

そして、ラップをかぶせ、冷蔵庫に一晩入れたら完成です。

このお料理は、冷たくして食べるのがおすすめです。


なすのナンプラー焼きびたし

ナンプラーとレモンと唐辛子、この3つを組み合わせるだけで、手軽にタイ風の味を楽しめます。

しっかりとした旨みがあって、甘みもあって、なおかつ、ほんのり酸っぱ辛い。
食べるとかなりクセになる味です。

なすがスポンジのようにおつゆを吸ってくれるので、噛むとジュワーッと美味しさが広がりますよ。

作り置きOK!

日持ち:冷蔵保存で5日ほど

関連レシピ