なすのおひたしレシピ。めんつゆで簡単!茄子のレンジお浸しの作り方。

投稿日:2020年8月4日 更新日:

なすのおひたし

レシピ動画

なすのおひたしのレシピをご紹介します。

めんつゆを使った人気の味付けで、調理には電子レンジを使います。

茄子にラップをして2分ほど加熱。
あとは、めんつゆと醤油を混ぜるだけで完成です。

あと一品欲しいという時にとても便利なので、キッチンになすが転がっていたら、是非お試しください。
あっという間に完成しますよ。

材料

2人分:調理時間5分
なす 1本(100g程度)
めんつゆ(3倍濃縮) 小さじ1
醤油 小さじ1/2
かつお節 好みの量
  • 他の濃度のめんつゆを使う場合は、下の説明を参考に微調整してください。

作り方

なすに切れ目を入れる

まず、なす(1本:100g程度)をきれいに洗い、包丁を使って軽く切れ目を入れます。

軽く切れ目を入れる

なすにあらかじめ切れ目を入れておくことで、まれに起こる加熱中の破裂を防ぎます。

切れ目を入れる部分は、どこでもOK。
写真は、ヘタの下あたりに包丁の先を軽く刺しています。

なお、包丁を使うのが面倒な場合は、フォークで刺して穴を開けても構いません。


なすをラップで包む

そして、なすをラップでふんわりと包み、電子レンジ(600W)で2分ほど加熱します。


なすを冷ます

加熱し終えたら、ラップを開き、そのまましばらく置いて粗熱を取ります。

時間がない場合

粗熱を取る時間がない場合は、ラップをかぶせた状態で、冷水に浸したり、冷凍庫に少し入れて冷ましてもいいです。


なすを手で裂く

次に、なすのヘタを手で取り除き、細く裂いてボールに入れます。


なすに調味料を加える

続いて、めんつゆ(小さじ1)・醤油(小さじ1/2)を加えます。

他の濃度のめんつゆを使う場合

3倍濃縮ではないめんつゆを使う場合は、量を調整してください。

例えば、2倍濃縮のめんつゆが手元にあるのなら、めんつゆの量を小さじ1と1/2に変更します。
4倍濃縮のめんつゆを使う場合は、小さじ3/4が目安です。

参考:めんつゆを他の濃度で代用する方法


なすとめんつゆと醤油を混ぜる

そして、軽く和えます。


なすのおひたし

最後に、なすを器に盛り、かつお節(好みの量)をのせたら完成です。

なすは、レンジで加熱することで十分に柔らかくなり、また、表面の紫色もきれいに残ります。

めんつゆとかつお節の旨味が加わって、シンプルでありながら、満足度が大幅アップ。
食欲がない蒸し暑い日でも、これだったらさっぱりと美味しく食べられますよ。

作り置きもOK

なお、このおひたしは、とても簡単なのでその都度作るのがおすすめですが、作り置きすることもできます。
日持ちは、冷蔵保存で2〜3日程度と考えてください。

関連レシピ