春菊(菊菜)のおひたし。茹で時間は1分!人気のめんつゆ簡単レシピ。

投稿日:2020年2月5日 更新日:

春菊(菊菜)のおひたし

春菊(別名:菊菜)のおひたしのレシピをご紹介します。

春菊のおひたしを上手に仕上げるポイントは、さっと短時間で春菊を茹でること。
春菊を1分ほど茹でることで、食感がほど良く残り、苦味も出にくくなります。

春菊のおひたしの人気の味付け

また、今回ご紹介するレシピは、味付けにめんつゆを使います。

春菊にかぎらず、めんつゆと野菜のおひたしは、かなり好相性。
茹でた野菜にめんつゆをかけるだけで、簡単に美味しいおかずが作れます。

味に変化を持たせたい場合は、めんつゆにごま油を加えてもいいですし、酸味のある味付けにしたい場合は、めんつゆの代わりにポン酢を使うレシピも人気です。

お好みで試してみてください。

春菊のおひたし

春菊のおひたし

「春菊のおひたし」のレシピです。

材料【4人分:調理時間5分】
春菊 1束
かつお節 適量
味付け ※1
めんつゆ(3倍濃縮)※2 20ml
80ml

※1 お好みでごま油(適量)を混ぜてもOK。また、ポン酢(適量)で代用してもOK。
※2 他の濃度のめんつゆを使う場合は文中参照。

手順
  1. 鍋にたっぷりの湯を沸かし、春菊の茎だけを30秒ほど茹で、全体を湯に浸してさらに20〜30秒茹でる。
  2. 春菊を冷水に浸し、水気を軽く絞り、食べやすい長さに切る。
  3. 春菊を皿に盛り、めんつゆと水を混ぜたものを回しかけ、かつお節をのせたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

春菊の切り方(茎の硬い部分を切り落とす)

【工程1】
まず、春菊(1束)の茎がかたい場合は、その部分を切り落とします。
全体が柔らかい場合は、切らずにそのまま使えます。


春菊の洗い方(振り洗い)

次に、春菊を流水で振り洗いします。

水が濁らなくなるまで、水を替えながら2〜3回繰り返してください。

春菊の洗い方


沸騰した湯に塩を加える

続いて、鍋にたっぷりの湯を沸騰させます。
そして、塩を加えます。

塩の分量は、湯1リットルあたり、小さじ1くらいがおすすめです。

【春菊のおひたしのコツ】
春菊を茹でる時には、塩を少量加えると、色が鮮やかになります。

春菊の茎を茹でる

春菊は、まず茎だけを湯に浸し、30秒ほど茹でます。

【春菊のおひたしのコツ】
春菊は葉と茎で火の通りやすさが違うので、時間差で茎から先に茹でます。

春菊を茹でる

30秒ほど経ったら、全体を湯に浸し、20〜30秒茹でます。

春菊の苦味を抑える

ちなみに、春菊の苦味が好きじゃないという方もいらっしゃると思います。
そんな場合には、葉の部分の茹で時間を10秒ほどにおさえるのがおすすめです。

春菊の苦みのもとは、ポリフェノール。
ポリフェノールは、加熱することによって細胞から出てくるので、短時間で火を通すことである程度抑えることができます。

春菊の苦味をおさえる方法


茹でた春菊を冷水に浸す

【工程2】
茹で上がったら、春菊を冷水に浸します。

そして、水に浸しながら茎の切り口を揃え、軽く水気を絞ります。

【春菊のおひたしのコツ】
茹でた春菊を冷水に浸すと、色止めの効果があり、また、苦味も和らぎます。

春菊を切る

茎の切り口を揃えたら、食べやすい長さに切ります。

春菊の切り方


春菊のおひたし

【工程3】
春菊を皿に盛り、めんつゆ(20ml)と水(80ml)を混ぜたものを回しかけ、かつお節(適量)をのせたら完成です。

味付けはお好み

ここでは、めんつゆを使った味付けを紹介していますが、お好みでごま油(適量)をプラスしてもいいですし、あるいは、めんつゆと水の代わりにポン酢(適量)をかけるのも美味しいです。

その時々の気分で味付けを変えると、春菊1束があっと言う間に無くなります。

2倍・4倍濃縮のめんつゆを使う

ちなみに、めんつゆは、3倍濃縮ではなく、他の濃度でも作れます。

ストレート・2倍濃縮・4倍濃縮を使う場合は、下の表を参考にして水と混ぜてください。

めんつゆの種類 めんつゆの量
(ml)
水の量
(ml)
ストレート 60 40
2倍濃縮 30 70
3倍濃縮 20 80
4倍濃縮 15 85

めんつゆの濃度に応じた使い方


春菊のおひたしの日持ち
春菊のおひたし
食べるまでに時間がある場合は、味付けをしたあとで、しばらく冷蔵庫に置いておくと味馴染みが良くなります。

ただし、この状態だとあまり日持ちしないので、1日くらいを目途に食べきってください。

春菊のおひたしの冷蔵・冷凍保存方法
春菊のおひたしを2日以上保存したい場合は、茹でた後に味付けをせずに冷蔵すると、3〜4日ほど食べられます。

さらに長持ちさせたい場合は、いちおう冷凍も可能です。
こちらも、保存するのは味付け前。
春菊を小分けにしてラップで包み、保存袋に入れると、賞味期限が1ヶ月にのびます。

自然解凍かレンジ解凍すれば、おひたしとして食べられますよ。

関連レシピ