カリカリジューシーな唐揚げレシピ!柳澤英子さんの鶏の唐揚げ。

投稿日:2016年11月15日 更新日:

カリカリジューシーな唐揚げ

カリカリでジューシーな鶏の唐揚げレシピをご紹介します。

考案したのは、料理研究家の柳澤英子さん。
その名も、「カリカリジューシー! 鶏の唐揚げ」です。

この唐揚げは、衣に卵を使います。

表面はカリカリで、中身は柔らかくジューシー。
鶏の唐揚げの超おすすめレシピですよ。

唐揚げのコールドスタートレシピ

また記事の最後には、柳澤さんが考案した鶏の唐揚げのレシピをもう1品ご紹介します。
常温の油に具材を入れる、「コールドスタート」のレシピ。
こちらは、鶏肉がしっとり柔らかく仕上がります。

(一部情報元:TBSテレビ「おびゴハン!」 2016年11月14日放映、日本テレビ「世界一受けたい授業」2019年1月19日放映)

カリカリジューシーな唐揚げの作り方

カリカリジューシーな唐揚げのレシピ

「カリカリジューシー! 鶏の唐揚げ」のレシピです。

材料【2人分:調理時間20分】
鶏モモ肉 300g
サラダ油 適量
下味
塩・コショウ 各少々
醤油 小さじ2
適量
おろしニンニク 小さじ1
おろしショウガ 小さじ1
1個
片栗粉 大さじ3
作り方
  1. 鶏肉は一口大に切り、下味と衣の材料すべてを混ぜ、10〜15分置く。
  2. フライパンに高さ1センチくらいの油を注ぎ、中火にかけ、鶏肉の皮目を下にして並べる。
    鶏肉のまわりが白くなったらひっくり返し、3〜4分揚げる。
    最後に30秒ほど強めの中火にし、両面に揚げ色をつける。
    取り出して油を切ったらできあがり。

カリカリジューシーな唐揚げの作り方
調理のポイントは2つあります。

1つは、10分程度の短時間で下味をつけること。
柳澤さんによると、長時間かけて味を染み込ませると、醤油に含まれる塩分で、鶏肉が硬くなってしまうそうです。
10分もあれば、鶏肉に味が十分染み込むとのことです。

2つめは、衣に卵を加えること。
卵のタンパク質が鶏肉と片栗粉をしっかりくっつけるので、肉汁を閉じ込め、揚げている時の油の飛び跳ねも防ぐことができます。

なお下味と衣は、工程1で一緒に混ぜてしまいます。
一度に混ぜると、上の写真のようになります。


カリカリジューシーな唐揚げの作り方
この唐揚げは、表面はカリカリで鶏肉は柔らかくジューシーに仕上がります。

ニンニク醤油味がしっかり付いていて、とても美味しいですよ。

次に、柳澤さんの唐揚げのレシピをあともう1品ご紹介します。

柳澤さんの鶏唐揚げをあともう1品

鶏の唐揚げ

最後に、柳澤英子さんの鶏唐揚げのレシピをあともう1品ご紹介します。

日本テレビの「世界一受けたい授業」で話題になった「柳澤流!呪いを解いたから揚げ」のレシピです。

斬新なメニュー名が付いたこのレシピ。
最大の特徴は、少量の油を使って「コールドスタート」で揚げることです。
「コールドスタート」とは、フライパンに材料を入れたあとに、火にかける調理法。
このレシピは、「唐揚げは高温で揚げるべき」という「呪い」を解くお料理です。

材料【2人分:調理時間20分】
鶏もも肉 300g
オリーブオイル 1/2カップ
下味
塩・コショウ 各少々
ガーリックパウダー 小さじ1/2
醤油 小さじ1
小麦粉 大さじ3
片栗粉 大さじ1
作り方
  1. 鶏肉を一口大に切り、ボールに入れる。下味の材料を混ぜ、5分置く。
  2. 1に小麦粉を混ぜ、さらに片栗粉を混ぜる。
  3. フライパンにオリーブオイルを注ぎ、2を手でぎゅっと握って形を整えながら並べる。
  4. フライパンを弱めの中火に5分かけ、ひっくり返す。
    5〜6分揚げ焼きにしたらできあがり。

鶏の唐揚げ
衣を付けた唐揚げは、上の写真のように冷たい状態の油の中に入れ、揚げ始めます。
この調理法を「コールドスタート」といいます。

コールドスタートで唐揚げを揚げると、高温で揚げ始めた場合とくらべて、鶏肉が柔らかくジューシーに仕上がります。
また、表面だけが焦げて中が生という失敗が少なくなりますし、油の飛び跳ねが抑えられるので、レンジまわりの掃除もラクですよ。

関連レシピ