レンジでジュワッとコク旨!なすの煮浸しレシピ。めんつゆとごま油で味付け

投稿日:2018年8月10日 更新日:

なすの煮浸しをレンジで

電子レンジを使った、なすの煮浸しレシピをご紹介します。

縦半分に切った茄子を、めんつゆ&ごま油ベースのだしに浸して、レンジで加熱。
冷めるまでしばらく置くと、調味料がいい感じに染み込んできて、コクのある味に仕上がります。

手軽さが人気のレンチン煮びたし
ナスの煮浸しのレンジレシピ
このお料理は、揚げないで作るので、調理がとても簡単。

レンチンする時間を含めて10分ほどで作れます。


出来上がった煮びたしを噛むと、おつゆがジュワッと溢れ出て、口の中が濃厚な美味しさに包まれます。

ご飯との相性も抜群なので、夕飯のおかずにぴったりですよ。

なすの煮浸しのレンジレシピ

レシピ動画

「ジュワッとコク旨!なすの煮浸し」のレシピです。

材料

2人分:調理時間10分
なす 2本(200g程度)
かつお節 好みで少々
A
めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ1と1/2
醤油 大さじ1
みりん 大さじ1
ごま油 大さじ1
砂糖 小さじ1
おろししょうが 小さじ1/2
100ml

※ 他の濃度のめんつゆを使う場合は、下の文中を参考にして、めんつゆと水の量を変更してください。

作り方

茄子の切り方

まず、なす(2本)のヘタとガクを取り除き、縦半分に切り、味が染みやすいように表面に斜めに切れ目を入れます。


茄子の煮浸しの調味料

そして、Aを混ぜておきます。

Aは、めんつゆ(3倍濃縮:大さじ1と1/2)・醤油(大さじ1)・みりん(大さじ1)・ごま油(大さじ1)・砂糖(小さじ1)・おろししょうが(小さじ1/2)・水(100ml)です。

おろししょうがは、市販のしょうがチューブを使ってもOKです。

他の濃度のめんつゆで代用OK

ちなみに、めんつゆは、3倍濃縮以外の、他の濃度でも作れます。

ストレート・2倍濃縮・4倍濃縮を使う場合は、めんつゆの量と水の量を変更します。
分量は、下の表を参考にしてください。

めんつゆの種類 めんつゆの量 水の量
ストレート 大さじ4と1/2 55ml
2倍濃縮 大さじ2と1/4 90ml
3倍濃縮 大さじ1と1/2 100ml
4倍濃縮 大さじ1と1/8 105ml

参考:めんつゆの濃度に応じた使い方


茄子を調味料を回しかける

次に、なすを耐熱容器に入れ、混ぜておいた調味料Aを回しかけます。

耐熱容器は、ボールでもいいですし、普通の器でもOK。
いずれにしても、レンジにかけられるものを使ってください。

また、調味料は、なすに万遍なく回しかけます。
なすの入れ方は、皮の方を下にしても上にしても構いません。

茄子を電子レンジでチンする
そして、ふんわりとラップをして、電子レンジ(600w)で4分加熱します。

長めに加熱して柔らかく仕上げる

この煮浸しは、トータルで8分加熱します。

8分という加熱時間は、なす2本をレンチンする時間としては少し長めに思えるかもしれません。
でも、おつゆに浸した状態のなすを柔らかく仕上げるには、このくらいの加熱時間がおすすめです。


レンチンした茄子をひっくり返す

4分加熱したら、いったん取り出して、なすをひっくり返します。

茄子を再び電子レンジでチンする
そして、再びラップをかぶせ、600wで4分加熱します。

レンチンした茄子を冷ます

最後に、ラップを外し、冷めるまで置いたら完成です。

しばらく置いて味を馴染ませる

なすは、レンチン後に冷ます過程で味が染みるので、しばらく置いてから食べます。

すぐに食べることもできますが、冷めるまで置いた方が味染みが良くなります。
熱々を食べたい場合は、冷ました後に、レンジで軽く温め直すのがおすすめです。


茄子の煮浸しのレンジレシピ

ごま油の香りが食欲をそそる、濃厚な味の一品。

レンチンした茄子にはおつゆがたっぷりと染み込んでいて、噛むたびに旨みとコクが溢れ出ます。

みりんと砂糖のほど良い甘みも印象的で、それらがあることで、おつゆの味が丸みを帯びて、食べやすさが大幅にアップしています。

なすのお浸しのおすすめレシピ。
なすがいくらでも食べられそうな美味しさですよ。

関連レシピ