やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

栗の剥き方。コツを押さえて簡単皮むき!渋皮と鬼皮をそれぞれ解説。

投稿日:2017年10月24日 更新日:

生栗の皮の簡単な剥き方をご紹介します。

用意するものは、ボールと包丁だけ。
栗をあらかじめ熱湯や水に浸し、皮を柔らかくすることで、格段に皮が剥きやすくなります。

もし、少しだけ火が入ってもいいのなら、鍋で2〜3分茹でるのもありです。

いずれの方法でも剥きやすさがアップしますが、とは言え、包丁を使った皮むきが苦手という方もいらっしゃると思います。

そんな場合は、栗の皮むき専用のハサミなどの道具を使うと更に簡単ですよ。

渋皮煮の栗のむき方

なお、記事の最後では、生栗の鬼皮だけをきれいに剥く方法も合わせてお伝えします。
こちらの方法は、栗の渋皮煮をつくる時に便利です。


栗の皮の剥き方(栗ご飯・甘露煮)

栗の皮の簡単な剥き方です。

まず、生栗(適量)をボールに入れ、かぶるくらいの熱湯を注ぎます。
そしてそのまましばらく置き、湯が冷めるまで待ちます。
30分〜1時間くらい置けば、皮は十分柔らかくなります。

ちなみに、熱湯をかけたくらいでは、栗の中まで火は入らないので、生栗と同じように料理に使えますよ。

【調理のポイント】
栗をあらかじめ熱湯に浸すと、皮が柔らかくなり、むきやすくなります。
水に浸してもOK

もし、時間に余裕があるのであれば、熱湯ではなく、水に一晩浸けてもOKです。

茹でるのもあり

また、栗の表面に少しだけ火が入っても良い場合は、鍋もしくは圧力鍋で茹でるという方法もあります。

鍋での茹で時間は2〜3分、圧力鍋での加圧時間は15〜30秒ほどです。

圧力鍋を使った方法については、「圧力鍋を使った栗の茹で方と剥き方」という記事で詳しく解説しているので、参考にしてください。



栗を熱湯に浸すなどして皮を柔らかくしたら、ザルに上げ、水気を切ります。



次に、栗の下の部分に包丁を入れます。

この時のコツは、下の皮を切らずに残すこと。
こうすることで、皮むきがより簡単になります。


次に、下の皮を包丁で押さえながら、栗の身から外します。



続いて、切り口に包丁を引っ掛けます。



そして、鬼皮(表面の硬い皮)を引きはがすようにむきます。

もし、包丁で栗の鬼皮をむく自信が無い場合は、100均などで売られている、栗専用のハサミを使うのもアリです。

栗の皮を刃先でしっかり掴めるようになっているので、皮むきがすごくラクになります。



鬼皮がすべてむけたら、今度はその内側にある渋皮(薄い皮)を丁寧にむきます。



これで栗の皮むきはお終いです。


皮をむいた栗は、10分ほど水に浸してアク抜きすると、栗ご飯などにそのまま使えます。

栗ご飯のレシピ」は、こちらがおすすめです。

塩と酒だけで味付けするシンプルなレシピ。
炊飯器を使って炊き上げるので、とても簡単です。

栗の自然な甘みが存分に堪能できる美味しい栗ご飯ですよ。

作り方を見る


続いて、栗の渋皮煮を作る場合の皮むきの手順をご紹介します。
表面の硬い鬼皮だけをむいて、その内側の渋皮はきれいに残す方法です。

栗の鬼皮の剥き方(渋皮煮)

表面の鬼皮だけを剥く方法です。

栗を渋皮煮にする場合に便利なむき方。
熱湯に1時間ほど浸すところまでは、先に紹介した方法と同じです。


まず、鬼皮の色が変わる境目のあたりに、包丁で切れ目を入れます。

中の渋皮をなるべく傷つけないように、切れ目を浅めに入れるといいです。



次に、その切れ目に包丁を入れ、皮を引っ張るようにして取ります。



あとは、包丁を皮に引っ掛けて取ってもいいですし、手で簡単にむくこともできます。



栗のお尻の部分も、手できれいにむけます。



これで完成です。

薄皮をきれいに残す剥き方は、皮をすべてむいてしまうよりも気を使うかもしれません。
でもそれは、美味しい渋皮煮を作るため。
そう考えると、けっこう楽しめると思います。

関連記事

圧力鍋を使った栗の茹で方と皮むきの簡単な方法!蒸し栗風のホクホク食感。

圧力鍋を使った栗のゆで方と皮むきの方法をご紹介します。栗を圧力鍋で加圧するメリットは、栗の皮がむきやすくなること。皮と実の間に隙間…

茹で栗でつくる栗ご飯の簡単レシピ。栗の味を堪能したい人におすすめ!

茹で栗を使った「栗ご飯」の簡単レシピをご紹介します。栗とお米を別々に調理して、あとで混ぜ合わせてつくる栗ご飯です。この栗ご飯の最大…

栗の簡単な茹で方。茹で時間は50分!茹で栗の剥き方や保存も解説。

栗の茹で方をご紹介します。普通の鍋で茹でる方法と、圧力鍋で加圧する方法の2パターン。加熱時間は異なりますが、どちらの方法で調理した…

栗ご飯のレシピ。シンプルな味付けが旨い!炊飯器を使った簡単な作り方。

栗ご飯のおすすめレシピをご紹介します。栗ごはんの炊き方にはいくつかの方法がありますが、中でも人気なのは、炊飯器を使った作り方です。…

栗の保存方法と保存期間。長期なら冷凍!皮付きはチルドで甘みアップ。

栗の保存方法をご紹介します。冷蔵なら、皮付きの栗が1ヶ月くらい日持ちします。冷凍の場合は、皮のありなしにかかわらず、だいたい2〜3…

栗ご飯の土鍋レシピ。2合3合の炊き方!栗を軽く茹でるのがコツ。

土鍋を使った栗ご飯の炊き方をご紹介します。塩と酒だけで味付けした、飽きの来ない栗ご飯のレシピです。土鍋で炊くご飯はとても美味しいも…

里芋の皮むき。包丁を使った剥き方と、レンジや鍋で茹でて簡単に剥く方法

里芋の皮むきのやり方について、詳しく解説します。包丁を使った基本の皮むきから、レンジや鍋を活用した簡単な剥き方まで。それぞれのむき…

キウイの剥き方と切り方。包丁で簡単!皮むきのやり方を動画で解説。

キウイの皮の剥き方と、皮むきしたキウイの切り方をご紹介します。キウイの皮を剥くにあたっては、ピーラーを使うという手もありますが、熟…

おすすめ記事

栗ご飯のレシピ。シンプルな味付けが旨い!炊飯器を使った簡単な作り方。

いんげんとオリーブオイルのトルコ風煮物!ターゼファスリエのレシピ。

梨のコンポートの簡単レシピ。柔らか食感が美味い!日持ちは3週間。

ひよこ豆のサラダレシピ。インドのチャナ・カチュンバルが旨い!

ライタのレシピを本場インドから紹介!きゅうりとヨーグルトの人気サラダ

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

こんがりトロ旨!なすピザのレシピ。ベーコンとチーズで美味しさUP。

ギリシャサラダのレシピ。フェタチーズたっぷり!本格グリークサラダ。

ガツンと旨いニラだれ!ニラポン酢の簡単レシピ。万能調味料の作り方。

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

ファラフェルの簡単レシピ!中東生まれのひよこ豆コロッケの作り方。

ナンプラーだとこんなに旨い!なすの焼き浸し。タイ料理のお手軽レシピ。

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ドライトマトとセミドライトマトの作り方。乾燥で旨味UP!保存方法も解説

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

人参の短冊切りのコツ。やっぱり包丁が便利!切り方を動画で解説。

切り干し大根の戻し方。基本は水で時短ならレンジ。戻さない方が良い場合も

水ではなく熱湯で!ドライトマトの戻し方と使い方。酢を加えて旨味キープ

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

栗ご飯のレシピ。シンプルな味付けが旨い!炊飯器を使った簡単な作り方。

栗ご飯のおすすめレシピをご紹介します。栗ごはんの炊き方にはいくつかの方法がありますが、中でも人気なのは、炊飯器を使った作り方です。…

いんげんとオリーブオイルのトルコ風煮物!ターゼファスリエのレシピ。

さやいんげんとオリーブオイルを使った煮物のおすすめレシピをご紹介します。トルコやギリシャなどで親しまれている「いんげんのオリーブオ…

梨のコンポートの簡単レシピ。柔らか食感が美味い!日持ちは3週間。

梨(和梨)のコンポートの簡単レシピをご紹介します。梨を砂糖と一緒に煮ることで、まるで桃のような柔らかい食感に仕上がります。ワインな…

ひよこ豆のサラダレシピ。インドのチャナ・カチュンバルが旨い!

ひよこ豆を使った、エスニックなサラダのレシピをご紹介します。インドのサラダ、チャナ・カチュンバル(英語:chana kachumb…

ライタのレシピを本場インドから紹介!きゅうりとヨーグルトの人気サラダ

ライタのレシピを本場インドからご紹介します。ライタ(Raita)とは、ヨーグルトを使ったサラダのこと。ヨーグルトの中に刻んだ生野菜…

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

熊本を代表する人気の郷土菓子、「いきなり団子」の作り方をご紹介します。輪切りにしたさつまいもとあんこを具材にした、シンプルでありな…

こんがりトロ旨!なすピザのレシピ。ベーコンとチーズで美味しさUP。

なすをピザ生地の代わりに使った、お手軽ピザのレシピをご紹介します。こんがりと焼いたなすをベーコン&チーズと共にいただく、ピザ風のお…

ギリシャサラダのレシピ。フェタチーズたっぷり!本格グリークサラダ。

ギリシャサラダ(グリークサラダ)のレシピを、現地ギリシャの情報を交えて詳しくお伝えします。ギリシャサラダとは、ギリシャ産の「フェタ…

ガツンと旨いニラだれ!ニラポン酢の簡単レシピ。万能調味料の作り方。

濃厚で風味豊かな、美味しいニラポン酢のレシピをご紹介します。ニラポン酢とは、ニラをポン酢に漬けたニラだれのこと。ポン酢と合わせるこ…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を、きび砂糖のコクのある甘みで補った、風味豊かなパウンドケーキ…

ファラフェルの簡単レシピ!中東生まれのひよこ豆コロッケの作り方。

ファラフェル(Falafel)のレシピをご紹介します。ファラフェルとは、イスラエルやアラブ諸国・トルコなど中東一帯で食べられている…

ナンプラーだとこんなに旨い!なすの焼き浸し。タイ料理のお手軽レシピ。

なすとナンプラーを使った、焼き浸しの簡単レシピをご紹介します。身近な食材だけで作る、タイ風のエスニック料理。なすをフライパンでこん…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベーキングパウダーを加え、ヨーグルトと卵で風味付け。レーズンとく…

ドライトマトとセミドライトマトの作り方。乾燥で旨味UP!保存方法も解説

「ドライトマト」と「セミドライトマト」の簡単で効率の良い作り方をご紹介します。セミドライトマト(ソフトドライトマト)とは、半乾燥さ…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ料理は、オリーブオイルやレモンやハーブで風味付けされているも…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えします。ムサカとは、ギリシャやトルコやブルガリアなど、東地中海…

人参の短冊切りのコツ。やっぱり包丁が便利!切り方を動画で解説。

人参を短冊切りにする方法を動画で詳しく解説します。短冊切りというのは、食材を、長さ4〜5センチ、幅1センチ、厚さ2〜3ミリに切り分…

切り干し大根の戻し方。基本は水で時短ならレンジ。戻さない方が良い場合も

切り干し大根(千切り大根)の戻し方を解説します。乾燥した状態の切り干し大根を柔らかくするには、水を使うのが基本です。ごく一般的な千…

水ではなく熱湯で!ドライトマトの戻し方と使い方。酢を加えて旨味キープ

ドライトマトの上手な戻し方を解説します。ドライトマトには、大きく2種類があります。1つは、カラカラに乾燥させたもの。もう1つは、半…

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

人参の美味しい茹で方と茹で時間を解説します。人参は、水の状態で鍋に入れて、じわじわと温度を上げていくと、中心部分まで均一に火が入り…

最新記事

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

酢醤油が好相性!しいたけと長ネギ炒めのレシピ。切り方もポイント。

冷やして風味UP!なすとバルサミコ酢の冷菜レシピ。前菜にもおすすめ。

ご飯に塩胡椒で旨い!ラタトゥイユ丼のレシピ。トマト缶&ベーコンで簡単

旨味を凝縮!切り干し大根の煮物レシピ。甘辛い味付けでご飯と好相性。

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

エリンギと豚バラ肉を使った肉巻きのレシピをご紹介します。ご飯がすすむ、王道の甘辛い肉巻きレシピ。エリンギの弾力のある食感としっかり…

酢醤油が好相性!しいたけと長ネギ炒めのレシピ。切り方もポイント。

長ねぎとしいたけを使った、手軽で美味しい炒め物のレシピをご紹介します。ねぎとしいたけは、どちらも優しい旨味があり、とても相性のいい…

冷やして風味UP!なすとバルサミコ酢の冷菜レシピ。前菜にもおすすめ。

バルサミコ酢を使った、洋食にも和食にも合うなすの副菜レシピをご紹介します。バルサミコ酢の風味をいかした、さっぱりとしつつもコクがあ…

ご飯に塩胡椒で旨い!ラタトゥイユ丼のレシピ。トマト缶&ベーコンで簡単

ラタトゥイユ丼のおすすめレシピをご紹介します。ラタトゥイユをごはんに乗せると、白米の淡泊な味と合わさって、物足りない味になりがちで…

旨味を凝縮!切り干し大根の煮物レシピ。甘辛い味付けでご飯と好相性。

切り干し大根(千切り大根)の旨味を存分に活かした、おすすめの煮物レシピをご紹介します。調理のポイントは、切り干し大根の戻し方にあり…