栗ペーストの簡単レシピ。パンに塗るのは勿論、お菓子作りにも使える!

投稿日:2019年9月27日 更新日:

栗ペースト(栗クリーム)

栗ペースト(栗クリーム)の簡単レシピをご紹介します。

この栗ペーストの材料は、茹で栗と砂糖だけ。

栗ペーストのレシピ
この2つを5分ほど煮て、フードプロセッサーでペースト状にしたら完成です。

甘さ控えめのシンプルな栗ペースト

お味の方は、甘さ控えめです。
栗の風味をいかしたシンプルな味付けなので、少し多めに作っておけば、お菓子やデザート作りに大活躍します。

もちろん、パンやクラッカーに塗って食べてもOK。
子供のおやつにもおすすめです。

冷凍保存すれば、1ヶ月ほど日持ちしますよ。

栗クリームのレシピ

レシピ動画

「シンプルが一番!栗ペースト」のレシピです。

材料

400ml分:調理時間7分
茹で栗 300g
グラニュー糖 120g
150ml

※ 皮をむいた茹で栗。皮付き生栗500g分相当。茹で方や剥き方は下の文中参照。

作り方
  1. 茹で栗を砕いて鍋に入れ、グラニュー糖と水を加え、強火にかける。
    アクを取ったら中火に落とし、5分ほど煮て、粗熱を取る。
  2. 1をフードプロセッサーに入れ、ペースト状にしたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

栗の茹で方

栗の茹で方

まず最初に、栗の茹で方を説明します。

鍋で茹でる場合は、茹で時間は50〜60分くらいです。
栗を鍋に入れ、かぶるくらいの水の湯を注ぎ、火にかけます。

茹で方が分からない場合は「鍋を使った栗の茹で方」をご覧ください。

圧力鍋を使った栗の茹で方
また、圧力鍋を使うと、光熱費の節約ができます。

加圧時間は10分。
圧を抜く時間を含めると、調理時間は20〜30分くらいです。
詳しくは「圧力鍋を使った栗の茹で方」をご覧ください。


茹で栗の中身をスプーンで掻き出す

栗を茹でたら、中身をスプーンで掻き出します。

ちなみに、これからご紹介する栗ペーストで使う分量は、皮を除いた栗の中身だけで300g。
この量は、皮つき生栗のだいたい500g分くらいに相当します。


栗ペーストの作り方

茹で栗にグラニュー糖を加える

ここからは、栗ペーストのレシピを説明します。
まず、茹で栗(300g)を砕いて鍋に入れ、グラニュー糖(120g)と水(150ml)を加えます。

グラニュー糖が無い場合は、普通の白い砂糖やブラウンシュガーを使っても美味しいです。


茹で栗を鍋で煮る

次に、鍋を強火にかけます。

沸騰したらアク(白い泡)が出るので、取り除きます。(上の写真)
アクを取ると、仕上がりの味が良くなります。

アクを取ったら中火に落とし、5分ほど煮ます。


栗の粗熱を取る

5分経ったら火を止め、粗熱を取ります。


栗をフードプロセッサーにかける

最後に、鍋の中身をフードプロセッサーに入れ、ペースト状にしたら完成です。


栗のペースト

甘さは控えめですが、しっかりとした満足感のある栗ペースト。
そのままパンに塗って食べても美味しいです。

モンブランにも使える

また、この栗ペーストをもとに、モンブランを手作りすることもできます。

その場合は、市販のカステラを使うのが簡単なのでおすすめ。
カステラを一口大に切ってカップに詰め、その上に生クリームをのせ、最後に栗ペーストをたっぷり絞ったら完成です。

栗ペーストの保存方法

栗ペーストの保存
なお、この栗ペーストは、冷蔵保存で3週間ほど日持ちします。

長期保存したい場合は、冷凍するといいですよ。
写真のように保存袋に入れ、中の空気をしっかり抜いた状態で冷凍庫に入れると、1ヶ月ほど食べられます。

解凍は、レンジで加熱、もしくは自然解凍でOKです。

関連レシピ