さつまいもペーストのシンプルレシピ!使い道とアレンジの方法も紹介。

投稿日:2019年11月1日 更新日:

さつまいもペースト

さつまいもペースト(さつまいもクリーム)の簡単レシピをご紹介します。

甘さ控えめのシンプルレシピ。
パンとの相性が抜群ですし、そのうえ、おやつにもアレンジしやすいのが特徴です。

さつまいもペーストのレシピ
材料は、さつまいもの他に、砂糖・はちみつ・牛乳・塩の4つだけ。

さつまいもをさっと煮て、フードプロセッサーでクリーム状にすれば完成です。

おやつやお弁当にもおすすめ

記事の最後では、さつまいもペーストの使い道もご紹介します。

さつまいもペーストの使い道
ラップでかたちを整えるだけで、和風おやつの出来上がり。
見栄えがするので、お弁当の隙間に詰めると華やかさがアップします。

また、洋風のおやつがお好みなら、モンブランなどのケーキのクリームにしても美味しいです。

このさつまいもペーストの日持ちは、冷蔵で2週間、冷凍で1ヶ月ほど。
ある程度日持ちするので、ストックしておくと便利ですよ。

さつまいもペーストのレシピ

「さつまいもペースト」のレシピです。

材料【作りやすい分量:調理時間15分】
さつまいも 400g(2本)
砂糖 大さじ4
はちみつ 小さじ1
少々
150ml
牛乳 大さじ3
作り方
  1. さつまいもの両端を少し切り落とし、皮をむく。5ミリ幅の半月切りにし、水にさらす。
    水を替えて2回ほどさっと洗い、水気を切る。
  2. 1を鍋に入れ、砂糖・はちみつ・塩・水を加え、フタをして火にかける。
    沸騰したら少し火を弱め、5分煮る。
    フタを取り、ヘラで混ぜながら2分ほど煮て、水分を完全に飛ばす。
    火を止め、牛乳を加え、粗熱を取る。
  3. 2をフードプロセッサーに入れ、ペースト状にしたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

さつまいもの切り方

【工程1】
まず、さつまいも(400g:2本)の両端を少し切り落とし、皮をむき、5ミリ幅の半月切りにします。

さつまいもの両端の尖った部分は、繊維が多いので、使いません。


さつまいもを水にさらしてアク抜きする

次に、さつまいもを水にさらします。

水にさらす時間は、3分くらいでいいです。

【調理のポイント】
さつまいもを水にさらすと、アク抜きができます。

また、表面のでんぷんが流れ出るので、ペーストがきれいな色に仕上がります。


さつまいもを水洗いする

さつまいもを水にさらしたら、流水で2回ほどさっと水洗いし、水気を切ります。

これで、さつまいもの下準備はお終いです。


さつまいもに調味料を加える

【工程2】
続いて、さつまいもを鍋に入れ、砂糖(大さじ4)・はちみつ(小さじ1)・塩(少々)・水(150ml)を加えます。


さつまいもペーストの具材を火にかける

そして、フタをして火にかけます。

沸騰したら少し火を弱め、5分煮ます。
5分煮ると、さつまいもに完全に火が通ります。


さつまいもペーストの具材を煮る

5分経ったらフタを取り、ヘラで混ぜながら2分ほど煮て、水分を完全に飛ばします。


さつまいもペーストの具材の粗熱を取る

水分が完全に飛んだら火を止め、牛乳(大さじ3)を加え、しばらく置いて粗熱を取ります。

ここで冷たい牛乳を混ぜると、すぐに粗熱が取れます。


さつまいもペーストの具材をフードプロセッサーにかける

【工程3】
最後にフードプロセッサーに入れ、ペースト状にしたら完成です。

フードプロセッサーが無い場合は、マッシャーなどできれいに潰してもいいですし、よりなめらかにしたい場合は裏ごししてもいいです。


さつまいもペースト(さつまいもクリーム)

砂糖とハチミツを加えるレシピになっていますが、甘さは控えめにしてあるので、比較的すっきりとした味に仕上がります。

さつまいもの味が程よく感じられて、とても美味しいですよ。


さつまいもペーストのアレンジ

さつまいもペーストの使い道

続いて、さつまいもペーストのおすすめの活用法をご紹介します。

定番は、やはりパンやクラッカーに塗って食べること。
バターと一緒に塗るとさらに美味しさがアップします。


さつまいもペーストの活用

お弁当のおかずにおすすめ

上の写真は、超簡単につくれる和風のおやつ。
さつまいもペーストで作った茶巾絞りです。

見た目が可愛らしいので、お弁当に入れても見栄えがします。

さつまいもペーストの使い道
作り方はとても簡単です。

ラップで包み、先をぎゅっと絞るだけです。

モンブラン風ケーキにも使える

また、さつもいもペーストを使えば、洋風のおやつも簡単に作れます。

例えば、さつまいもモンブラン。
市販のカステラを一口大に切り、その上に生クリームをのせて、さつまいもペーストを絞ったら完成です。

味変も楽しめる

さらには、お好みでシナモンをひと振りしたり、クリームチーズを混ぜたりすると、手軽に味変が楽しめます。

食感をさらに柔らかくしたい場合は、牛乳を少し混ぜるといいです。


さつまいもペーストの冷凍

なお、このさつまいもペーストは、作り置きにも向いています。

日持ちは、冷蔵で2週間、冷凍で1ヶ月くらいと考えてください。
どちらの場合も、写真のように保存袋に入れ、中の空気をしっかり抜いて保存してください。

解凍は、冷蔵庫に移して自然解凍するか、もしくはレンジがおすすめです。

関連レシピ