圧力鍋を使った栗の茹で方と皮むきの簡単な方法!蒸し栗風のホクホク食感。

投稿日:2014年9月30日 更新日:

栗の圧力鍋を使った茹で方

圧力鍋を使った栗のゆで方と皮むきの方法をご紹介します。

栗を圧力鍋で加圧するメリットは、栗の皮がむきやすくなること。
皮と実の間に隙間ができ、また、皮も柔らかくなるので、皮むきが簡単になります。

加圧時間は、10分もしくは30秒。
状況に応じて、2パターンを使い分けるのがおすすめです。

茹で栗の加圧時間は10分

栗をちょうど食べ頃の柔らかさに仕上げたい場合は、加圧時間は10分です。

茹で栗の圧力鍋を使った調理時間 10分加圧すると、栗に完全に火が通るので、皮もダンゼン剥きやすくなります。

圧力鍋で栗を茹でると、鍋よりも水っぽくならないので、蒸し栗のようにホクホクとしています。

皮むきだけなら30秒
圧力鍋で茹でた栗の皮の剥き方 一方で、生の状態をできるだけキープしつつ、皮を剥きやすくしたい場合は、15〜30秒くらい加圧します。

表面には火が通りますが、中はまだ固い状態。
これからもう一度加熱して調理する場合には、こちらの方が適しています。

どちらの方法で加熱したとしても、栗ご飯に使えます。
調理法がそれぞれ異なるので、栗ご飯の作り方についても合わせてお伝えします。

圧力鍋を使った栗の茹で方・皮の剥き方

茹で栗として柔らかく仕上げたいなら加圧時間は10分、皮を剥きやすくしたいだけなら加圧時間は15〜30秒です。

両者の違いについては、下の表をご覧ください。

加圧時間 食感 栗ご飯に使う場合
10分 柔らかい 炊き上がりに加える
15〜30秒 中はまだ硬い 米と一緒に炊く

それでは、圧力鍋を使った調理法をお伝えします。

ちなみに、栗を10分間加圧して、それを栗ご飯に使う場合は、水1リットルにつき小さじ1の塩を加えておくと、さらに美味しく仕上がります。

材料
適量
作り方
  1. 栗の尖った部分に切れ目を入れる。
  2. 栗を圧力鍋に入れ、かぶるくらいの水を注ぎ、フタをして火にかける。
    沸騰したら弱火にし、15〜30秒、もしくは10分加圧する。
  3. 火を止め、圧が抜けるまで待ち、皮をむいたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

栗を圧力鍋で爆発させない方法
【工程1】
まず、栗の尖った部分に十字の切れ目を入れます。
十字が大変なら、一の字でもいいです。

圧力鍋で栗を茹でる場合は、必ず、栗に切り込みを入れてください。
加熱中の栗の破裂を防ぐことができます。

栗に切れ目を入れる 包丁で切れ目を入れるのが難しい場合は、キッチンバサミで栗の先を切ってもいいです。

切れ目を入れる手間が面倒な場合は、普通の鍋で茹でることをおすすめします。
鍋の場合は、皮むきだけだったら2〜3分、完全に火を通す場合は50分ほど茹でます。

【調理のポイント】
栗にあらかじめ切り込みを入れると、加熱中の栗の破裂を防ぐことができるうえに、あとで皮がむきやすくなります。

圧力鍋を使った栗の茹で方
【工程2】
次に、栗を圧力鍋に入れ、かぶるくらいの水を注ぎます。


フィスラーやティファールといった圧力鍋を使った栗の茹で方
続いて、フタをして、火にかけます。

そして、沸騰して圧がかかったら、弱火にして加熱します。
加圧時間は、下の表を参考にしてください。

加圧時間 食感 栗ご飯に使う場合
10分 柔らかい 炊き上がりに加える
15〜30秒 中はまだ硬い 米と一緒に炊く

圧力鍋で茹でた栗
加圧時間が終了したら、火を止め、圧が自然に抜けるまで冷まします。

フタを取ると、こんな感じに茹で上がります。

【調理のポイント】
圧力鍋を使って加熱すると、栗の皮と実の間にある空気が減圧することによって膨張するので、皮が実から剥がれやすくなります。

また、栗の硬い皮が柔らかくなることもあり、皮がむきやすくなります。

茹で栗の美味しい食べ方 ちなみに、茹でて完全に火を通した栗をそのまま食べるのなら、包丁で切って、スプーンですくうのが一番ラクチンですよ。

栗の皮の剥き方

圧力鍋で茹でた栗の皮の剥き方
ここからは、「圧力鍋で茹でた栗」の皮の剥き方をご紹介します。

圧力鍋で10分茹でると、中までしっかり火が入るので、鬼皮も渋皮も剥きやすくなります。

一方で、圧力鍋で15〜30秒加熱すると、10分茹でた状態よりも皮はやや剥きにくいですが、中まで完全に火が通っていない状態をキープできます。
栗ご飯に使うのなら、米と一緒に炊いてもOKです。


栗の鬼皮の剥き方(圧力鍋)
表面の硬い皮(鬼皮)をむく時は、先に入れた切れ目から包丁を入れます。


栗の鬼皮の皮むき(圧力鍋)
切れ目に包丁をひっかけて、皮を引っ張るようにすると、ラクに皮がむけます。

栗の鬼皮の剥き方(圧力鍋) 包丁で1回皮を剥がしたら、あとは手でもむけます。

渋皮煮にする栗
これで鬼皮がすべて剥けました。
渋皮煮にする場合は、この状態で調理します。


栗の渋皮の剥き方(圧力鍋)
栗ご飯や甘露煮にする場合は、さらに、渋皮(薄い皮)を包丁でむきます。


皮むきした栗
これで皮むきはお終いです。

続いては、皮を剥いた栗で「栗ご飯」を作る方法をお伝えします。

栗ご飯のレシピ

圧力鍋を使った栗ご飯の作り方

まずご紹介するのは、圧力鍋で15〜30秒加圧した栗で作る、栗ご飯のレシピです。

栗は米と一緒に炊く

圧力鍋で皮むきした栗の栗ご飯 栗の中心部分はまだ生の状態なので、米と一緒に炊飯器に入れて炊きます。

レシピは、下のリンク先を参考にしてください。
飽きの来ないシンプルな栗ご飯のレシピを紹介しています。

皮を剥いた栗を250g使うレシピになっていますが、栗の分量はお好みで変えても問題ありません。

作り方を見る

圧力鍋を使った栗ご飯の作り方

一方で、圧力鍋で10分加圧した栗は、中まで火が通っているので、調理法が少し変わります。

栗は炊き上がりに加える

圧力鍋で茹でた栗の栗ご飯 こちらは、栗を米と一緒に炊きません。

ご飯だけを先に炊き、炊き上がったところに茹でた栗を加え、10分ほど蒸らしたら完成です。

レシピは、下のリンク先をご覧ください。
こちらも、使用する栗の量はお好みで変えられます。

この栗ご飯の最大の特徴は、栗自体の味が、先に紹介したレシピよりも濃く感じられるところ。
先のレシピの方がご飯に栗の味がよく馴染みますが、栗の味を存分に楽しみたい場合にはこちらの方がおすすめです。

合わせて是非参考にしてください。

50分
茹でた栗

作り方を見る

関連レシピ