やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

ゴーヤの栄養。苦みにも栄養あり!ゴーヤの栄養成分を逃さない食べ方。

投稿日:

ゴーヤに含まれる栄養とその効果、また、栄養を効率よく摂る方法をご紹介します。

ゴーヤの主要な栄養成分はビタミンCです。
他にも、カロテンやビタミンK、ミネラルなどが豊富に含まれています。

ダイエットにも活用可能

また、ゴーヤは、糖質もカロリーもともに低い食材です。

ゴーヤ100gあたりの糖質は1.5gほど、熱量は15キロカロリー程度です。
ですから、ゴーヤは、ダイエットにも活用可能な、ヘルシーな食材と言えます。

ゴーヤの栄養

それでは、まず最初に、ゴーヤに含まれる栄養について解説します。

ビタミンCで免疫力アップ

ゴーヤにはビタミンCが豊富に含まれていますが、ビタミンCは、現代人に不足しがちな大事な栄養素。
抗酸化作用が高く、体の免疫力を高める効果があります。

また、コラーゲンの生成を促して、血管や筋肉、皮膚などを丈夫にする働きもあります。

  • 免疫力を高める。
  • 血管や筋肉、皮膚などを丈夫にする。
苦味には食欲増進効果

また、ゴーヤ特有の苦味のもとである「モモルデシン」という成分も、身体に良いことが知られています。

胃液の分泌を促進して食欲を増進させたり、肝機能を高めたり、血糖値を抑制したりする効果があると言われています。

  • 食欲を増進させる。
  • 肝機能を高める。
  • 血糖値を抑制する。

ゴーヤが出回るのは、夏の暑い時期。
夏バテや紫外線による肌対策に効果が期待できるので、ゴーヤは、まさに夏にもってこいの食材と言えそうです。


ちなみに、ゴーヤの苦味には、個体差があります。

写真左の、表面のイボイボが小さいゴーヤの方が、苦味が強いです。

ゴーヤの栄養を逃さない調理法

では、そんなゴーヤの栄養を逃さず摂取するには、どのような調理法が良いのでしょうか。

水にさらさない

ゴーヤの主要な栄養素である、ビタミンC・ビタミンK・モモルデシンは、どれも水溶性の栄養素。
ですから、水にさらすと、量が減ってしまいます。

ゴーヤを調理する際には、特有の苦味を和らげるために、塩もみして水気を絞ったり、熱湯をかけたり、水にさらしてから使うことがあります。

こうした下処理は、苦味を抑えるという面では一定の効果がありますが、一方で、大事な栄養素が流れ出てしまうというデメリットもあります。


茹でない

また、ゴーヤを下茹でするのも同様です。

ゴーヤに含まれるビタミンCに関しては、皮が固いこともあり、加熱しても比較的壊れにくいとされていますが、茹でれば、結局はお湯の中に溶け出してしまいます。

ゴーヤを茹でたときに失われるビタミンCの量は、最大で70%程度と言われています。

下茹でするとゴーヤ嫌いでも食べやすくなるので、湯がいてから調理する方法を当サイトでもいくつか紹介していますが、栄養を重視するのであれば、別の方法で調理するのがおすすめです。


炒めるのがおすすめ

では、具体的にはどうすればいいのか。
その答えは、ゴーヤの代表料理とも言える「ゴーヤチャンプル」の調理法にあります。

ゴーヤチャンプルと言えば、ゴーヤなどの具材を油で炒めたお料理。
ゴーヤの栄養を効率よくとりたいのなら、ゴーヤチャンプルのように、油で炒めるのがおすすめです。

栄養の流出が抑えられる

油で炒めれば、ビタミンCなどの水溶性の栄養成分が流れ出るのを最小限に抑えられますし、そのうえ、カロテンの吸収率を高めることもできます。

カロテンの吸収率は、油で炒めることで、最大で7倍程度にアップすると言われています。

苦味が和らぐ

しかも、ゴーヤの苦味は、油と炒めることで和らぐという性質もあります。
また、ゴーヤチャンプルのように、鰹節や豚肉などの旨味を効かせたり、卵や豆腐など味がマイルドな具材と合わせると、苦味が分かりにくくなって食べやすくなります。

ゴーヤチャンプルは、ゴーヤだけでなく色々な食材を一緒に炒める料理なので、一皿で栄養のバランスもとても良いです。
そうした意味でもお勧めです。


【番外編】わたや種はさらに栄養豊富

ところで、ゴーヤのわたや種は、あらかじめ取ってから調理に使うことが多いと思います。

でも、栄養面を考えると、わたや種を食べずに捨ててしまうのは、かなりもったいない。
ゴーヤのわたには、果肉の3倍ものビタミンCが含まれています。

ゴーヤのわたは、食べ慣れない人が多いと思いますが、緑色の果肉部分と違って苦味はあまりありません。
むしろ、ほんのりとした甘みがあります。

わたは、味噌汁やスープなどにすると、手軽に美味しく食べられますよ。

関連記事

ゴーヤの苦みの取り方。かんたん苦味取り!塩揉みや茹でるのが効果的。

ゴーヤの苦みをとる方法をご紹介します。ゴーヤのアク抜きをして、苦味を消す方法です。ゴーヤを生で食べる場合は、塩揉みするのがおすすめです。ある…

キャベツの芯は栄養たっぷり!おすすめレシピや人気の使い道を紹介。

キャベツの芯は、葉の部分と同様に、栄養がとても豊富です。そのうえ、味にクセがないので、調理次第でいくらでも美味しく食べられます。キャベツの芯…

みかんの栄養と効果。白い筋や外皮も栄養豊富!おすすめの食べ方も紹介。

みかんの栄養についてお伝えします。みかんに含まれる栄養成分の効果と、おすすめの食べ方についてです。

さつまいもの栄養と効果。皮ごと食べると栄養アップ!食べ方も解説。

さつまいもの栄養についてお伝えします。さつまいもに含まれる栄養の健康効果と、さつまいもの上手な調理法についてです。

いよかんの栄養。薄皮も栄養豊富!おすすめの食べ方と調理法も紹介。

いよかんの栄養についてお伝えします。いよかんに含まれる栄養成分の効果と、おすすめの食べ方についてです。

おすすめ記事

バナナマフィンの簡単レシピ。バナナ×レモンが美味しい!定番の作り方。

バナナマフィンのおすすめレシピをご紹介します。熟した甘いバナナをつかっ…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を…

蒸しパンのレシピ。人気のプレーン蒸しパン!基本の作り方を動画で解説。

蒸しパンの手作りレシピをご紹介します。優しい甘みとふわふわ食感が印象的…

かぼちゃスコーンのレシピ。かぼちゃたっぷり!簡単で美味しい作り方。

かぼちゃをたっぷり使ったスコーンのレシピをご紹介します。レンジで柔らか…

牛乳寒天の作り方。濃厚で柔らか!ミルク100%の水なし簡単レシピ。

味が濃厚で食感の柔らかい、美味しい牛乳寒天(ミルク寒天)の作り方をご紹…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベー…

ささみフライのシンプルレシピ。少ない油で簡単!フライパンでささみカツ

ささみフライの作り方をご紹介します。鶏ささみを使ったカツレツの簡単レシ…

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッ…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えし…

最新記事

ごま油で香り良く!チンゲン菜と厚揚げ炒めのレシピ。だし&醤油で簡単。

チンゲン菜と厚揚げを使った、手軽に作れる炒めもののレシピをご紹介します…

ふろふき大根のレシピ。下ゆでして上品な仕上がり!たれの作り方も解説。

大根の上品な甘みが堪能できる、美味しいふろふき大根のレシピをご紹介しま…

鶏胸肉カツのレシピ。叩いてから揚げる!柔らかチキンカツの作り方。

鶏胸肉を使ったチキンカツのおすすめレシピをご紹介します。少ない油で揚げ…

かいわれ大根の味噌汁レシピ。さっと加熱して食感UP!美味しい作り方

かいわれ大根を使った味噌汁のレシピをご紹介します。かいわれの爽やかな風…

塩胡椒だけで旨い!ほうれん草とウインナーソーセージ炒めの簡単レシピ。

ほうれん草とウインナーソーセージを使った、簡単で美味しいおかずレシピを…