ゴーヤの味噌汁レシピ。ウインナーと卵で食べやすく!にがうりの味噌汁。

投稿日:2020年8月24日 更新日:

ゴーヤ味噌汁

ゴーヤ(にがうり)を使った味噌汁のレシピをご紹介します。

ウィンナーと卵を具材にすることで、ゴーヤの食べやすさが大幅にアップ。
もちろん苦味は残りますが、むしろ、ゴーヤのほんのりとした苦味がアクセントになって、とても美味しくいただけます。

ウィンナーの強めの旨味と卵のマイルドさが、ゴーヤによく合いますよ。

にがうりの味噌汁

ゴーヤの味噌汁

「ゴーヤの味噌汁」のレシピです。

材料【2人分:調理時間5分】
ゴーヤ 1/4本(50g程度)
ウィンナー 2〜3本
1個
味噌 大さじ1程度
だし汁
和風顆粒だし 小さじ1弱
350ml

※鰹だし(350ml)などでもOK。

ゴーヤを薄切りにする

【工程1】
まず、ゴーヤ(1/4本:50g程度)のワタとタネを取り、3ミリぐらいの薄切りにします。


ウィンナーを薄切りにする

ウィンナー(2〜3本)は、3ミリぐらいの斜め薄切りにします。


卵をとく

卵(1個)はあらかじめ溶いておきます。


だし汁を作る

【工程2】
次に、鍋に水(350ml)を沸かし、和風顆粒だし(小さじ1弱)を加え、だし汁を作ります。

本格だしでももちろんOK

ここでは、市販の和風顆粒だしを使って、味噌汁お手軽に作る方法を紹介していますが、かつお節や煮干などで取っただし汁を使うと、より美味しく仕上がります。
だしの取り方は、リンク先を参考にしてください。

かつおだし
かつお&昆布だし
煮干しだし
煮干し&昆布だし
市販のだしパック


ゴーヤとウインナーを煮る

そして、ゴーヤとウィンナーを加え、30秒ほどさっと煮ます。


味噌を溶かす

続いて、火を弱め、味噌(大さじ1程度)を溶かし入れます。

味噌は、あまりグラグラ煮立てると風味が飛んでしまいますので、火を弱めてから加えます。


卵を固める

最後に、溶き卵をまわしかけて固めたら完成です。


ゴーヤの味噌汁

ゴーヤだけで味噌汁をつくると、苦味がはっきりと感じられるので、食べ辛いと感じる方も多いと思います。

でも、ウインナー&卵を加えれば大丈夫。
特に、ウインナーにはしっかりとしたコクと旨みがあるので、そうした味がゴーヤの苦味を包み込み、味わい深い味噌汁に仕上がります。

夏におすすめのお味噌汁です。
ぜひお試しください。

関連レシピ