くたっと味しみ!白菜とウインナーのコンソメ煮レシピ。簡単洋風おかず。

投稿日:2016年11月5日 更新日:

白菜とウインナーソーセージのコンソメ煮

白菜とウインナーソーセージを使った、手軽に作れる洋風おかずのレシピをご紹介します。

白菜とウインナーを重ねてフライパンに入れ、顆粒コンソメと少量の水で蒸し煮にするお料理です。

クタッと柔らかくなった白菜に、ウインナーとコンソメの旨味がじんわりと染みて、とても美味しくいただけます。
忙しい朝でもラクに作れるので、パンと合わせて朝食のおかずにするのもおすすめです。

「くたっと味しみ!白菜とソーセージのコンソメ煮」のレシピです。

材料【2人分:調理時間8分】
白菜 1/8株(300g)
玉ねぎ 1/4個(50g)
ウインナー 4本
顆粒コンソメ 小さじ1
塩こしょう 少々
80ml


白菜の茎と葉を切る
【工程1】
まず、白菜(1/8株:300g)の芯の部分を2センチ幅のそぎ切りにして、葉をざく切りにします。

そぎ切りというのは包丁を寝かせて斜めに切り分ける方法で、切り口の面積が広くなるため、包丁を真っ直ぐにして切るよりも火の通りが良くなります。


玉ねぎとウインナーソーセージを切る
玉ねぎ(1/4個:50g)は薄切りにして、ウインナー(4本)は斜めに切って3等分します。


フライパンに白菜の芯と玉ねぎとソーセージをのせる
【工程2】
次に、フライパンに白菜の芯の部分を広げます。
その上に玉ねぎを散らし、さらにその上にウインナーをのせます。


コンソメとこしょうを振って水をかける
そして、ウインナーの上に白菜の葉をかぶせます。
顆粒コンソメ(小さじ1)とこしょう(少々)を振って、水(80ml)を回しかけます。

重ねて蒸し煮

火が通りにくい白菜の芯を一番下にして、重ねて蒸し煮にします。
調味料の味は、時間の経過とともに下の方に向かって染み込んでいくので、白菜の葉の上に多少残った状態で加熱し始めても大丈夫です。


フライパンに蓋をして煮る
水を回しかけたら、フタをして火にかけます。

そして、沸騰したら火を少し弱め、3分ほど蒸し煮にします。


白菜とソーセージを混ぜる
ソーセージを白菜の上に乗せる

3分経ったら一度フタを取ってよく混ぜて、ウインナーを白菜の上にのせます。

ざっくりで良いので、ウインナーを上に、白菜を下にして、白菜に火が通りやすいようにしてください。


白菜とソーセージを再び煮る
そして、再びフタをして、あと2分ほど蒸し煮にします。

水分が完全に無くなりそうになったら、焦げないように火をさらに弱めて煮てください。


白菜とウインナーソーセージのコンソメ煮
お好みで、塩(少々)で味をととのえたら完成です。


白菜のコンソメ煮
コンソメ煮と言えば、キャベツを使うレシピも人気があります。
勿論それも美味しいのですが、今回のように白菜を使うのもかなりおすすめです。

白菜は、キャベツとくらべると一つ一つの細胞が大きいため、煮物にすると、おつゆの味が良く染みて、つゆだくジューシーな食感に仕上がります。

コンソメの濃厚な旨味がお料理全体によく馴染み、満足度の高い味を楽しめますよ。

関連レシピ