塩昆布で旨味アップ!白菜の浅漬けレシピ。さっぱりシンプルがクセになる

投稿日:2021年12月21日 更新日:

白菜と塩昆布の浅漬け

さっぱりとした味わいが魅力の、白菜の浅漬けの作り方をご紹介します。

とてもシンプルで簡単なレシピになっていて、材料は、白菜の他に、塩昆布と塩だけでOK。
白菜を切って、材料すべてをビニール袋に入れ、一晩〜1日置いたら完成です。

飽きのこない味付けで、どんな献立にも合わせやすい一夜漬け。
塩昆布の旨味が白菜に染み渡り、優しいながらも味わい深く仕上がります。

冷蔵保存で10日ほど日持ちするので、作り置きしておくと、箸休めとして重宝します。
ちょっと余った白菜の使い道としてもおすすめですよ。

レシピ動画

「旨さっぱり!白菜と塩昆布の浅漬け」のレシピです。

下のレシピには、白菜200gの場合の分量を記載しています。
より多くの白菜を使って漬けたい場合は、この分量の割合を目安にして、塩昆布と塩の量を増やしてください。

材料

2人分:調理時間3分/漬ける時間除く
白菜 200g(2枚程度)
塩昆布 6g
小さじ1/3

作り方

白菜の芯と葉を切る

【工程1】
まず、白菜(200g:2枚程度)の芯の部分をそぎ切りにして、葉をざく切りにします。

そぎ切りとは、包丁を寝かせて斜めに切り分ける方法で、白菜の断面積が大きくなるため、味が染みやすいのが特徴です。


白菜と塩昆布と塩をビニール袋に入れる

【工程2】
次に、白菜をビニール袋に入れて、塩昆布(6g)と塩(小さじ1/3)を加えます。


白菜と塩昆布と塩を入れた袋の口を閉じる

そして、袋を振って中身をよく混ぜます。
袋の中の空気をしっかりと抜いて口を閉じ、そのまま10分ほど置きます。


白菜と塩昆布と塩を入れた袋を冷蔵庫に入れる

10分ほど経つと、ゴワゴワしていた白菜が少ししんなりとして、水分が出てきます。

そうなったら、袋の口を開けて、もう一度中の空気をしっかりと抜き、口を閉じます。
そして、冷蔵庫に一晩〜1日入れたら完成です。

袋に入れたまま保存

なお、この浅漬けは、このようにして冷蔵しておくと、10日ほど食べられます。
時間の経過とともに塩昆布の色が白菜にじんわりと移り、少し茶色っぽく染まった部分ができますが、まったく問題なく美味しく食べられます。


白菜と塩昆布の浅漬け

塩昆布は旨味がたっぷり詰まった食材です。
塩昆布自体が美味しいのはもちろんのこと、漬けている間に塩昆布の成分が白菜に染み込んで、浅漬け全体が深みのある味に仕上がります。

旨さっぱりな味がクセになる、白菜の浅漬けの簡単おすすめレシピです。

作り置きOK!

日持ち:冷蔵保存で10日ほど

関連レシピ