ゴーヤの漬け物レシピ。味噌漬けが旨い!にがうりの漬物の作り方。

投稿日:2020年8月25日 更新日:

ゴーヤの漬け物(味噌漬け)

ゴーヤ(にがうり)の漬け物のレシピをご紹介します。

作り方は簡単で、さっと茹でたゴーヤを保存袋に入れ、味噌・砂糖・おろし生姜を混ぜて、一晩置けば完成です。

ゴーヤをあらかじめ茹でることで、苦味が抑えられます。
さらに、味噌のコクと生姜の風味で包みこむことで、食べやすくて味わい深い味噌漬けに仕上がります。

このお料理は冷蔵保存で1週間ほど日持ちするので、余ったゴーヤの大量消費レシピとしてもおすすめですよ。

生姜風味で食べやすい!ゴーヤの味噌漬け

レシピ動画

「生姜風味で食べやすい!ゴーヤの味噌漬け」のレシピです。

材料

調理時間5分/一晩置く
ゴーヤ 1/2本(120g程度)
味噌 大さじ1程度
砂糖 小さじ1/3
おろし生姜 小さじ1

作り方

ゴーヤを半月切りにする

まず、ゴーヤ(1/2本:120g程度)のわたと種を取り、5ミリぐらいの厚さの半月切りにします。


ゴーヤを茹でる

次に、鍋に湯(500ml程度)を沸かし、塩(小さじ1/2程度:分量外)を加え、ゴーヤを1分ほど茹でます。

ゴーヤをさっと茹でると、特有の苦味が和らぎます。

参考:ゴーヤの茹で方


ゴーヤの水気を切る

茹で上がったら、ザルに上げて水気を切ります。


ゴーヤの味噌漬けの味付け

続いて、ゴーヤを保存袋に入れ、味噌(大さじ1程度)・砂糖(小さじ1/3)・おろし生姜(小さじ1)を加えます。

味噌の量は、比較的塩気がしっかりした味噌だったら、大さじ1くらいが適量です。
味噌の味に応じて、微調整してみてください。


ゴーヤと味噌を馴染ませる

そして、袋の上から手で揉んで、ゴーヤと味噌をなじませます。

全体が綺麗に混ざったら、袋の中の空気を抜き、口を閉じて、冷蔵庫に一晩入れます。

作り置きもOK

なお、この味噌漬けは、袋に入れて冷蔵保存した状態で、1週間ほど日持ちします。


ゴーヤの味噌漬け

味噌を軽くぬぐって、お皿に盛ったら完成です。

砂糖を少量加えているので、ほんのりとした甘みがあり、食べやすい味に仕上がります。

もちろん、ゴーヤですからある程度の苦味はありますが、その苦味もこの漬け物の魅力の一つです。
味噌のコクとともに、とても美味しくいただけますよ。

関連レシピ