ウインナーと卵のレシピ!お弁当にもおすすめの簡単炒め料理の作り方。

投稿日:2020年2月28日 更新日:

ウインナーと卵(卵とウインナー)

ウインナーソーセージと卵を使った、簡単で美味しいお料理のレシピをご紹介します。

ウインナーをオリーブオイルでじっくりと炒めて、半熟のふわふわ卵を絡めた一品です。

味付けは塩こしょうだけとシンプルですが、ウインナーの旨味がオリーブオイルにじんわりと溶け出して、卵の食べごたえもアップします。

お弁当やダイエットにおすすめ

なお、家で食べるのであれば、半熟に仕上げるのがおすすめですが、お弁当のおかずにするなら、卵を固めに仕上げる方が安心です。
5分ほどで作れるので、忙しい朝でも手軽に作れますよ。

また、卵とウインナーソーセージという組み合わせは糖質がかなり少ないので、ダイエットをしている方にもおすすめです。

卵とウインナーのレシピ

ウインナーソーセージと卵炒め

「ウインナーソーセージと卵炒め」のレシピです。

材料【2〜4人分:調理時間5分】
ウインナーソーセージ 4本程度
2個
適量
こしょう 少々
オリーブオイル※ 大さじ1

※サラダ油でもOK

作り方
  1. ウインナーを斜めに切る。卵をボールに割り入れ、塩を加え、軽く溶く。
  2. フライパンにオリーブオイルとウインナーを入れ、ウインナーに焦げ目が付くまで炒める。
    弱火にし、溶き卵を回し入れる。混ぜながら半熟に固め、こしょうを振ったらできあがり。(お弁当にするには、卵にしっかり火を通す。)

写真をもとにレシピを説明します。

ウインナーの切り方
【工程1】
まず、ウインナーソーセージ(4本程度)を斜めに切ります。


卵を軽く混ぜる
次に、卵(2個)をボールに割り入れ、塩(適量)を振り、軽く混ぜます。

卵はしっかり溶くこともできますが、卵白が残るくらいに軽く混ぜた方が、味や食感にムラができて美味しく仕上がります。


フライパンでウインナーを炒める
【工程2】
続いて、フライパンにオリーブオイル(大さじ1)とウインナーを入れ、火にかけます。

そして、ウインナーに焦げ目が付くまで炒めます。

この間の火加減は、弱めの中火くらいがおすすめ。
弱めの火でじっくり加熱することで、ウインナーのしっとり感をほど良くキープしつつも、旨味をオイルにじわじわと移すことができます。


フライパンでウインナーと溶き卵を炒める
ウインナーを炒めたら、弱火に落とし、溶き卵を回し入れます。

そして、菜箸などで混ぜながら半熟に固め、こしょう(少々)を振ったら完成です。

このお料理の塩気は、卵に加えた塩とウインナーの塩分で決まりますが、もしそれでは足りないと感じたら、ここで再びパラッと加えて調整してみてください。

なお、お弁当のおかずにする場合は、卵が半熟だと痛みやすくなるので、しっかりと火を通してください。
お弁当用に卵を固めにする場合は、強火で手早く加熱するのではなく、弱火のままじっくり火を入れた方がしっとり仕上がります。


ウインナーソーセージと卵炒め

ダイエット弁当の作り方

冒頭でもお伝えした通り、このお料理は糖質がかなり低いので、糖質制限ダイエットをしている方にもぴったりです。

ブロッコリーの蒸し焼き このおかずをもとにダイエット弁当を作るのなら、たとえば、ブロッコリーの蒸し焼きなど、糖質が控えめの野菜をさっと火を通して付け合わせるのがおすすめです。

また、メインの肉・魚料理は甘い味付けにせず、ご飯については、量を控えめにするか、もしくは玄米ご飯もち麦ご飯などにすると完璧ですよ。

関連レシピ