ブロッコリーのおかか和えのレシピ!鰹節と醤油の風味が旨い簡単おかず。

投稿日:2020年2月13日 更新日:

ブロッコリーのおかか和え

ブロッコリーとかつお節を使った「ブロッコリーのおかか和え」のレシピをご紹介します。

材料は、ブロッコリーのほかに、鰹節・醤油・塩の3つだけ。
鰹節と醤油の風味がふわっと香る、シンプルで飽きのこない一品です。

上手に仕上げるコツは、茹でたブロッコリーの水気をきっちり取ること。
水っぽさを抑えて、美味しさをしっかりと閉じ込めます。

ダイエットにもおすすめ

このおかか和えは、砂糖などの甘味料は一切使わないので、糖質がかなり低いです。
ですから、ダイエットをしている方にもぴったりです。

お弁当のおかずにしてもいいですし、冷蔵で3〜4日ほど日持ちするので、作り置きおかずとしても大活躍しますよ。

ブロッコリーのおかか和えのレシピ

ブロッコリーのおかか和え

「ブロッコリーのおかか和え」のレシピです。

材料【4人分:調理時間5分】
ブロッコリー 1株
A
かつお節 小1パック(2.5g)
醤油 小さじ2
適量
作り方
  1. ブロッコリーを洗い、小房に分ける。
  2. 鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩(小さじ1程度:分量外)を加える。
    ブロッコリーを鍋に入れ、菜箸でたまに混ぜながら3分ほど茹でる。
  3. 茹で上がったらザルに上げ、水気を切る。さらに、房を下にしてキッチンペーパーの上にのせ、水気をしっかり取る。
  4. ブロッコリーをボールに入れ、Aを混ぜたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

ブロッコリーの切り方

【工程1】
まず、ブロッコリーをきれいに洗い、小房に分けます。

小房に分ける切り方は、この動画を参考にしてください。

ブロッコリーの洗い方
ブロッコリーの切り方


沸騰した湯に塩を加える

【工程2】
次に、鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩(湯1リットルにつき小さじ1)を加えます。

【調理のコツ】
ブロッコリーを茹でる時に少量の塩を加えると、色良く仕上がり、ブロッコリーの味が引き立ちます。

ブロッコリーの茹で方

そして、ブロッコリーを加え、菜箸でたまに混ぜながら3分ほど茹でます。


茹でたブロッコリーをザルに上げる

茹で上がったら、いったんザルに上げ、軽く水気を切ります。


茹でたブロッコリーをキッチンペーパーの上に並べる

そして、キッチンペーパーを2枚重ねにして敷き、その上に、ブロッコリーを房を下にして2〜3分置いて冷まします。

【調理のコツ】
茹で上がったブロッコリーの房を下にしてキッチンペーパーの上に置くと、房に付着していた水気がしっかり取れて、おかか和えが美味しく仕上がります。

茹でたブロッコリーは、房の部分に水気が残りやすいため、水っぽくなりがちです。
でも、このようにすると、水気がきっちり取れます。

ブロッコリーの水切り


ブロッコリーにかつお節・醤油・塩を和える

【工程3】
ブロッコリーをボールに入れ、Aを混ぜたら完成です。

Aは、かつお節(小1パック)・醤油(小さじ2)・塩(適量)です。

ブロッコリーは大きさがまちまちなので、最後に、塩の量で塩気を調整してみてください。


ブロッコリーのおかか和え

かつお節と醤油の組み合わせは、やはり鉄板です。
それぞれの旨味が加わることで、ブロッコリーの美味しさが引き立ちます。

ブロッコリーの蒸し方
ちなみに、自宅に蒸し器などの道具がある場合には、ブロッコリーを茹でるのはなく、蒸してから使うのもおすすめです。

湯に浸さないのでブロッコリーの旨味や栄養を逃さず食べられます。

ブロッコリーの蒸し方」については、別記事で詳しく紹介しているので、参考にしてください。

ブロッコリーのおかか和えの日持ち

なお、このおかか和えは、作り置きにも向いています。

日持ちは、冷蔵保存で3〜4日くらいと考えてください。

より長持ちさせたい場合は、冷凍保存もできます。
冷凍の日持ちは1ヶ月。

ただ、ブロッコリーは冷凍に向いた野菜なので、せっかく冷凍するのなら、味付けする前の茹でた状態での保存がおすすめ。
そうすれば、おかか和えだけでなく、他にも幅広い料理に使えて便利ですよ。

ブロッコリーの冷蔵・冷凍保存方法

関連レシピ