ブロッコリーとウインナーソーセージのおかず!ぱぱっと作れる簡単レシピ

投稿日:2020年2月24日 更新日:

ブロッコリーとウインナーソーセージ

ブロッコリーとウインナーソーセージを使った、シンプルなおかずレシピをご紹介します。

フライパン1つでぱぱっと作れるのが特徴。
ブロッコリーとウインナーを少量の水で蒸して、加熱後に塩やオリーブオイルなどで味付けします。

ウインナーの旨味がブロッコリーとよく合うので、この2つの食材の組み合わせは、幅広い年齢層にとても人気があります。

蒸して美味しさアップ
このお料理は、食材を茹でずに蒸すことで、栄養やうま味の流出を抑えるレシピになっています。

特にブロッコリーに関しては、茹でるよりも美味しさがググッとアップ。
新鮮なブロッコリーとお気に入りのウインナーさえあれば、あっと言う間にごちそうの完成です。

素材の味を存分に堪能できますし、そのうえ調理時間も5分ほどしかかからないので、忙しい時でも手軽に作れます。

夕食のおかずにするのはもちろんのこと、おつまみやお弁当のおかずとしてもおすすめ。
パンと合わせて朝食にするのもいいですよ。

ブロッコリーとウインナーの簡単おかず

ブロッコリーとウインナーソーセージの蒸し炒め

「ブロッコリーとウインナーの蒸し焼き」のレシピです。

材料【2〜4人分:調理時間5分】
ブロッコリー 1株
ウインナーソーセージ 6本
塩こしょう 少々
オリーブオイル 好みで適量
粒マスタード 好みで適量
100ml
作り方
  1. ブロッコリーをきれいに洗い、小房に分ける。
  2. ブロッコリーとウインナーをフライパンに並べ、強火にかける。
    フライパンが温まったら水を回し入れ、フタをして3分ほど蒸し焼きにする。
  3. 2を皿に盛り、ブロッコリーにオリーブオイルを回しかけ、塩を振る。ウインナーにこしょうを振る。粒マスタードを添えたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

ブロッコリーの切り方

【工程1】
まず、ブロッコリー(1株)をきれいに洗い、小房に分けます。
そして、茎の皮を少し厚めにむき、食べやすい大きさに切ります。

手順はこの動画を参考にしてください。

ブロッコリーの洗い方
ブロッコリーの切り方



【工程2】
次に、ブロッコリーとウインナー(6本)をフライパンに並べてから、強火にかけます。

そして、フライパンが温まったら、水(100ml)を回しかけます。(上の写真)



水を入れたら、すぐにフタをして、強火のまま3分ほど蒸し焼きにします。

蒸し焼きは味も栄養もgood

蒸し焼きにしたブロッコリーは、少量の水で調理されているため、茹でたブロッコリーよりも味が濃く感じられますし、栄養も逃さず取れます。

また、ウインナーに関しては、蒸し焼きにすると水分をほど良く吸って膨張するので、普通に焼いたウインナーよりもプリプリの食感に仕上がります。

ウインナーの上手な焼き方
ブロッコリーの蒸し焼き



3分ほどで、フライパンの中の水分が完全に飛びます。
そして、ウインナーに少し焦げ目が付きます。

3分経っても水分が残るようなら、フタを取ってしばらく火にかけて水分を飛ばすといいですよ。



【工程3】
最後に、ブロッコリーとウインナーを皿に盛ります。

そして、ブロッコリーにオリーブオイル(好みで適量)を回しかけ、塩(少々)を振ります。
さらに、ウインナーにこしょう(少々)を振り、粒マスタード(好みで適量)を添えたら完成です。

調味料は仕上げにかける

塩・こしょう・オリーブオイルなどの調味料は、火にかける前にフライパンに加えることもできますが、仕上げにかける方がおすすめです。

水分を飛ばす前の状態で調味料をかけると、全体によく味が馴染むものの、味がぼやけてしまいがち。
一方で、水分を飛ばした後にかけると、素材の表面に調味料が残るので、味にアクセントが生まれて、より美味しくいただけます。

そのうえ、少量の調味料で満足できるので、使用する量も少なくて済みますよ。

関連レシピ