やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

完全版!ソーセージ(ウインナー)の焼き方とコツ。3つの方法の使い分け。

投稿日:2019年5月13日 更新日:

ソーセージ(ウインナー)の焼き方・炒め方を3パターンご紹介します。
状況に応じて3パターンを使い分けるのがおすすめです。

弱火でじっくり焼くのが基本

1パターンめは、ソーセージの基本の焼き方。
皮が破れないように弱火でじっくり焼くと、香ばしいうえにジューシーに仕上がります。
10分くらいで焼き上がりです。

少量の水を使う時短レシピ

2パターンめは、少量の水でソーセージを蒸し焼きにする方法。
焼き目はあまり付きませんが、短時間でジューシーに仕上がります。

調理時間は3〜5分。
忙しい朝のお弁当作りに重宝します。

太いソーセージは茹でてから焼く

3パターンめは、太いソーセージを焼く方法。
中まで火が通りにくい太めのソーセージは、あらかじめ茹でてから焼くのがポイントです。
調理時間は14分くらいです。


ちなみに、ウィンナーはソーセージの一種。
ですから、ウィンナーもこれらのやり方で焼くのがおすすめです。

(一部情報元:日本テレビ「ヒルナンデス」2017年9月8日、テレビ東京「ソレダメ」2019年4月17日放映)

基本の焼き方

まずご紹介するのは、ソーセージの基本の焼き方。

ソーセージの人気専門店「hayari」のオーナーシェフ、村上武士さんがすすめる王道レシピです。

材料【調理時間10分】
ソーセージ(ウィンナー) 適量
好みで適量
作り方
  1. 冷たい状態のフライパンに油を引き、ソーセージを入れ、火にかける。
  2. ソーセージをたまに転がしながら、5〜10分ほど弱火でじっくり焼き、焼き色を付けたらできあがり。


【工程1】
まず、冷たい状態のフライパンに油(好みで適量)を引き、ソーセージ(適量)を入れ、火にかけます。

油はお好みで引かなくてもOK。
ソーセージだけでさっぱりと仕上げてもいいですし、ごま油などの風味を少し補うのもアリです。

【調理のポイント】
ソーセージに切れ目は入れません。

切れ目を入れると、ソーセージの旨味が流れ出てしまうので、そのまま焼きます。



【工程2】
次に、ソーセージをたまに転がしながら、5〜10分ほど弱火でじっくり焼きます。

焼き色を付けたら完成です。

【調理のポイント】
ソーセージは、冷たい状態のフライパンに入れ、弱火でじっくり焼きます。

アツアツに熱したフライパンにソーセージをのせると、ソーセージを乗せた瞬間に皮がはじけてしまったり、中まで十分に火が通る前に表面だけが焦げてしまったりします。
ですからソーセージは、冷たい状態のフライパンに入れ、弱火で焼きます。



このように弱火でじっくり焼いたソーセージは、ジューシーで旨味たっぷり。
香ばしさも加わって、とても美味しいですよ。

次に、短時間でソーセージを焼く方法をご紹介します。

水を使って焼く超時短!

次にご紹介するのは、時短レシピ。

少量の水を使って炒めると、短時間でソーセージに火が通ります。

忙しい朝のお弁当作りにおすすめです。
ただし、仕上がりに焼き色は付きません。

この方法は、管理栄養士の小山浩子さんのおすすめの焼き方で、「ウインナーは油を使って炒めるのではなく、少量の水で炒めるとプリップリの高級ウインナーになる」とテレビで話題になりました。

材料【調理時間3〜5分】
ソーセージ(ウインナー) 適量
50ccくらい
作り方
  1. フライパンに水を入れ、火にかける。
  2. 沸騰したらソーセージを加え、たまに転がしながら強火で一気に加熱する。水気が無くなるまで炒めたらできあがり。


【工程1】
まず、フライパンに水(50cc)を入れ、火にかけます。



沸騰したら、ソーセージ(適量)を加え、たまに転がしながら強火で一気に加熱します。(上の写真)

そして、水気が無くなるまで炒めたら完成です。

【調理のポイント】
少量の水でボイル(炒める)すると、短時間でソーセージに火が通ります。

また、ソーセージが水分をほど良く吸って膨張するので、プリプリの食感に仕上がります。



このように調理したソーセージは、食感はプリッとしていて、噛むとジューシー。
また、燻製の風味も際立ちます。

先に紹介した焼き目を付ける方法と比べると香ばしさは欠けますが、実はかなりファンが多い焼き方です。
時短レシピとしても優れています。

茹でてから焼く太いソーセージ向け!

最後にご紹介するのは、茹でてから焼き目を付ける方法。

太めのソーセージを調理する時には、中まで火を通しにくいので、あらかじめ茹でてから焼くのがおすすめです。

例えば、「ドイツ産の太いソーセージに焼き目を付けたい」という時にもぴったりの焼き方です。

材料【調理時間14分】
ソーセージ(ウィンナー) 適量
好みで適量
手順
  1. 鍋に湯を沸かす。
    沸騰したら火を止め、冷蔵庫から取り出した冷たいままのソーセージを投入する。
    フタをして、そのまま10分置く。
  2. フライパンに油を引き、1のソーセージを鍋から取り出して入れ、火にかける。
  3. ソーセージをたまに転がしながら、3〜4分ほど弱火で焼き、焼き色を付けたらできあがり。


【工程1】
まず、鍋に湯を沸かします。



沸騰したら火を止め、冷蔵庫から取り出した冷たいままのソーセージを投入します。

湯の量は、ソーセージ4本につき1リットルくらいがおすすめです。
ソーセージがすごく太い場合は、上の写真の見た目を目安に、湯の量を少し増やしてください。



そしてフタをして、そのまま10分置きます。

ちなみに、ソーセージは、この段階で中までしっかり火が通りますので、焼き目を付けなくても良い場合は、そのままでも美味しく食べられます。



最後に、ソーセージをフライパンに移し、弱火で軽く焼き目を付けたら完成です。

【調理のポイント】
ソーセージをあらかじめ茹でると、フライパンで焼く時間を短縮することができます。

太いソーセージを最初からフライパンで焼くと、中まで火を通すのにかなり時間がかかりますが、あらかじめ茹でておけば、あとは表面に焼き色を付けるだけ。
調理の時短になります。

このように茹でたソーセージも、香ばしいうえにジューシーで旨味たっぷり。
文句なしで美味しいですよ。


以上、ソーセージ(ウィンナー)の焼き方3パターンでした。

普段の調理では、基本の焼き方。
忙しい朝には、少量の水を使う時短レシピ。
太いソーセージを焼くときは、茹でてから焼く。
このように使い分けるといいですよ。

関連記事

冷凍餃子の焼き方3パターン。フライパン・ホットプレートで焼くコツ。

冷凍餃子の美味しい焼き方を3パターンご紹介します。たとえば、「大阪王将冷凍餃子」や「味の素冷凍餃子」などはこの方法で焼きます。他に…

干物の焼き方。魚焼きグリルで美味しく焼く方法。

魚の干物を、魚焼きグリルで焼く方法をご紹介します。

さつまいもの茹で方!茹で時間は何分?時短なら丸ごとよりも切ってから

さつまいもの上手な茹で方をご紹介します。さつまいもは、切ってから茹でる場合と、丸ごと茹でる場合とでは、茹で時間がかなり異なります。…

枝豆の美味しい茹で方!茹で時間は鍋で4〜5分。味と栄養面を解説。

枝豆の上手な茹で方をご紹介します。お伝えする茹で方は3パターン。それぞれ、「鍋」「フライパン」「電子レンジ」を使います。鍋で茹でる…

おにぎらずのお弁当レシピ。具のバリエーション21選。定番から簡単まで

おにぎらずの人気の具のバリエーションを21品ご紹介します。毎日のお弁当作りをはじめ、運動会やお花見などにも役立ちますよ。ちなみに、…

美味しい目玉焼きの作り方。半熟も簡単!見た目も綺麗な焼き方を解説。

美味しい目玉焼きの作り方を動画でご紹介します。味が良くて、見た目が綺麗な目玉焼きの、簡単な焼き方です。調理のポイントは、水を一切使…

ゆで卵をフライパンで水から作る。半熟もOK!簡単&時短な作り方。

フライパンを使った、ゆで卵の時短レシピをご紹介します。調理のポイントは、少なめの水を使うこと。そして、卵を水から加熱することです。…

乾麺うどんの茹で方。コシとモチモチ感がアップする専門家のレシピ。

乾麺うどんの上手な茹で方をご紹介します。うどんの専門家、工学院大学の山田昌治教授が考案した、2パターンのうどんの茹で方です。1パタ…

おすすめ記事

いんげんとオリーブオイルのトルコ風煮物!ターゼファスリエのレシピ。

梨のコンポートの簡単レシピ。柔らか食感が美味い!日持ちは3週間。

ひよこ豆のサラダレシピ。インドのチャナ・カチュンバルが旨い!

ライタのレシピを本場インドから紹介!きゅうりとヨーグルトの人気サラダ

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

ギリシャサラダのレシピ。フェタチーズたっぷり!本格グリークサラダ。

ガツンと旨いニラだれ!ニラポン酢の簡単レシピ。万能調味料の作り方。

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

ファラフェルの簡単レシピ!中東生まれのひよこ豆コロッケの作り方。

ナンプラーだとこんなに旨い!なすの焼き浸し。タイ料理のお手軽レシピ。

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ドライトマトとセミドライトマトの作り方。乾燥で旨味UP!保存方法も解説

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

味見がとにかく大事!数の子の塩抜き。戻し方などの下ごしらえを解説。

キッチンペーパーで簡単!数の子の薄皮(半透明の膜)の取り方・むき方。

切り干し大根の戻し方。基本は水で時短ならレンジ。戻さない方が良い場合も

水ではなく熱湯で!ドライトマトの戻し方と使い方。酢を加えて旨味キープ

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

しいたけの薄切り・千切り・みじん切り!簡単なやり方と人気の使い方。

しいたけを洗うデメリット。汚れはなるべく拭き取る。味が落ちない洗い方も解説

しいたけの石づきの取り方と活用法。食べるのはNG!でも出汁は取れる。

焼き芋のトースターレシピ!さつまいもの甘みとねっとり食感が人気。

いんげんとオリーブオイルのトルコ風煮物!ターゼファスリエのレシピ。

さやいんげんとオリーブオイルを使った煮物のおすすめレシピをご紹介します。トルコやギリシャなどで親しまれている「いんげんのオリーブオ…

梨のコンポートの簡単レシピ。柔らか食感が美味い!日持ちは3週間。

梨(和梨)のコンポートの簡単レシピをご紹介します。梨を砂糖と一緒に煮ることで、まるで桃のような柔らかい食感に仕上がります。ワインな…

ひよこ豆のサラダレシピ。インドのチャナ・カチュンバルが旨い!

ひよこ豆を使った、エスニックなサラダのレシピをご紹介します。インドのサラダ、チャナ・カチュンバル(英語:chana kachumb…

ライタのレシピを本場インドから紹介!きゅうりとヨーグルトの人気サラダ

ライタのレシピを本場インドからご紹介します。ライタ(Raita)とは、ヨーグルトを使ったサラダのこと。ヨーグルトの中に刻んだ生野菜…

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

熊本を代表する人気の郷土菓子、「いきなり団子」の作り方をご紹介します。輪切りにしたさつまいもとあんこを具材にした、シンプルでありな…

ギリシャサラダのレシピ。フェタチーズたっぷり!本格グリークサラダ。

ギリシャサラダ(グリークサラダ)のレシピを、現地ギリシャの情報を交えて詳しくお伝えします。ギリシャサラダとは、ギリシャ産の「フェタ…

ガツンと旨いニラだれ!ニラポン酢の簡単レシピ。万能調味料の作り方。

濃厚で風味豊かな、美味しいニラポン酢のレシピをご紹介します。ニラポン酢とは、ニラをポン酢に漬けたニラだれのこと。ポン酢と合わせるこ…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を、きび砂糖のコクのある甘みで補った、風味豊かなパウンドケーキ…

ファラフェルの簡単レシピ!中東生まれのひよこ豆コロッケの作り方。

ファラフェル(Falafel)のレシピをご紹介します。ファラフェルとは、イスラエルやアラブ諸国・トルコなど中東一帯で食べられている…

ナンプラーだとこんなに旨い!なすの焼き浸し。タイ料理のお手軽レシピ。

なすとナンプラーを使った、焼き浸しの簡単レシピをご紹介します。身近な食材だけで作る、タイ風のエスニック料理。なすをフライパンでこん…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベーキングパウダーを加え、ヨーグルトと卵で風味付け。レーズンとく…

ドライトマトとセミドライトマトの作り方。乾燥で旨味UP!保存方法も解説

「ドライトマト」と「セミドライトマト」の簡単で効率の良い作り方をご紹介します。セミドライトマト(ソフトドライトマト)とは、半乾燥さ…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ料理は、オリーブオイルやレモンやハーブで風味付けされているも…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えします。ムサカとは、ギリシャやトルコやブルガリアなど、東地中海…

味見がとにかく大事!数の子の塩抜き。戻し方などの下ごしらえを解説。

数の子の塩抜きの仕方など、下処理の方法を解説します。数の子を上手に戻すには、水ではなく塩水を使ったうえで、急がずに時間をある程度か…

キッチンペーパーで簡単!数の子の薄皮(半透明の膜)の取り方・むき方。

数の子の表面を覆っている薄皮の、簡単な取り方を解説します。数の子には大きく2種類あり、食べやすいように味が付いている「味付け数の子…

切り干し大根の戻し方。基本は水で時短ならレンジ。戻さない方が良い場合も

切り干し大根(千切り大根)の戻し方を解説します。乾燥した状態の切り干し大根を柔らかくするには、水を使うのが基本です。ごく一般的な千…

水ではなく熱湯で!ドライトマトの戻し方と使い方。酢を加えて旨味キープ

ドライトマトの上手な戻し方を解説します。ドライトマトには、大きく2種類があります。1つは、カラカラに乾燥させたもの。もう1つは、半…

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

人参の美味しい茹で方と茹で時間を解説します。人参は、水の状態で鍋に入れて、じわじわと温度を上げていくと、中心部分まで均一に火が入り…

しいたけの薄切り・千切り・みじん切り!簡単なやり方と人気の使い方。

しいたけの「薄切り」・「千切り」・「みじん切り」の切り方と、その使い方を解説します。薄切りは、しいたけを端から1〜2ミリの厚さに切…

しいたけを洗うデメリット。汚れはなるべく拭き取る。味が落ちない洗い方も解説

しいたけは、基本的には、調理の前に洗う必要はありません。むしろ、できるかぎり洗わないのがおすすめです。というのは、しいたけを洗って…

しいたけの石づきの取り方と活用法。食べるのはNG!でも出汁は取れる。

しいたけの石づきの取り方と使い道を解説します。石づきとは、しいたけに限らずキノコ全般にあり、原木や地面に接していた生え際の根元部分…

焼き芋のトースターレシピ!さつまいもの甘みとねっとり食感が人気。

焼き芋のトースター(オーブントースター)を使った簡単レシピをご紹介します。さつまいもは、中心部が70度くらいになるようにじっくりと…

最新記事

おしゃれに変身!柿の飾り切り。お弁当やおもてなしに使えるフルーツカット

清涼感のある味と香り!チャービルのサラダレシピ。手軽で美味しい使い方

すべらず簡単!柿の切り方と剥き方。種を避けて切る方法も解説。

挟んでお洒落!柿とクリームチーズのデザートレシピ。蜂蜜&胡椒が好相性

固まらない原因も解説!柿プリンのレシピ。柿と牛乳のシンプルおやつ。

おしゃれに変身!柿の飾り切り。お弁当やおもてなしに使えるフルーツカット

柿を使った、おしゃれな飾り切りのやり方をご紹介します。「うさぎ」と「とさか」と「花」の3パターンです。「うさぎ」と「とさか」は、短…

清涼感のある味と香り!チャービルのサラダレシピ。手軽で美味しい使い方

チャービル(セルフィーユ)の爽やかな風味をいかした、シンプルなサラダのレシピをご紹介します。チャービルと合わせる野菜は、きゅうりと…

すべらず簡単!柿の切り方と剥き方。種を避けて切る方法も解説。

柿の基本的な切り方と剥き方を解説します。「種なし柿」の切り方はもちろんのこと、「種あり柿」を、種を切らずに上手に切り分ける方法もご…

挟んでお洒落!柿とクリームチーズのデザートレシピ。蜂蜜&胡椒が好相性

柿の風味を活かした、美味しいデザートの作り方をご紹介します。クリームチーズを使った簡単レシピになっていて、柿の間にチーズを挟み、は…

固まらない原因も解説!柿プリンのレシピ。柿と牛乳のシンプルおやつ。

柿と牛乳を使ったプリンの作り方をご紹介します。火を一切使わないうえに、ゼラチンなどの凝固剤も使わない、超簡単レシピ。柿と牛乳をミキ…