ブロッコリーの洗い方。汚れや虫を取り除く!水に浸して揺すり洗い。

投稿日:2019年11月5日 更新日:

ブロッコリーの洗い方

ブロッコリーの洗い方をご紹介します。

ブロッコリーの房には凹凸おうとつがあるので、正しいやり方を知らないと、結構洗いにくいです。

水に浸けてから揺すり洗い

おすすめの洗い方は、しばらく水に浸けてから、最後に水中でブロッコリーを揺する方法。
このひと手間をかけることで、大部分の汚れが洗い流せるうえに、虫なども取り除けます。

忙しくて時間がないときは、流水でちゃちゃっと洗い流すのもありだとは思いますが、汚れが気になる場合は、この方法をお試しください。

ブロッコリーの洗い方

ブロッコリーの洗い方

ブロッコリーが隅々まですっきりきれいになる洗い方です。

材料【調理時間10〜20分】
ブロッコリー 1株
作り方
  1. ブロッコリーの房を下にして水に10〜20分ほど浸ける。
  2. 茎を持ち、ゆすり洗いする。

ブロッコリーを水に浸ける

ブロッコリーの房の部分は、花蕾からいという小さなつぼみが集まってできています。

房の部分をしばらく水に浸すと、つぼみとつぼみの間隔が空いてくるので、その隙間の汚れが落ちやすくなります。
場合によっては、水でおぼれそうになった虫が、たまらずに浮いてくることも。

最後にブロッコリーを水の中でしっかりゆすると、さらに安心ですよ。

ブロッコリーが浮かんでくる場合は重し

ちなみに、ブロッコリーは水に浮きやすいので、房の部分を浸しておく時は浮き上がらないように、何かで重しをしておくといいです。


テレビ東京「ソレダメ」のブロッコリーの洗い方

重しができない場合は、ビニール袋を使うという手があります。

手順
  1. ブロッコリーを小房に分け、ビニール袋にブロッコリーと水を入れ、袋の中の空気を抜いて20分置く。
  2. 20分経ったら、袋ごとしっかり振る。

ブロッコリーを小房に分けてから水に浸すと、栄養分が溶け出しやすいので、丸ごとでもOKです。

工程1でしっかり空気を抜いておくことで、丸ごとでも水に浸かりやすくなります。


ブロッコリーの洗い方

水に浸けた後は、ブロッコリーを袋ごと揺すり洗い。
上でご紹介した方法と同じ効果が見込めます。


以上の方法で洗えば、ブロッコリーの汚れはかなりスッキリ取れますよ。

ところで、それでも、残留農薬などが気になるという方もいらっしゃるかも知れません。

そういう場合は、塩(少々)を加えた水や50度に温めた湯に、ブロッコリーを2〜3分浸すという手もあります。
あるいは、野菜用洗剤で洗うとか。

当サイトでは、普段そこまで徹底してブロッコリーを洗っていませんが、気になる場合は試してみるのもいいと思います。


洗ったブロッコリーの切り方・茹で方

きれいに洗ったブロッコリーは、切って茹でるだけで、美味しく食べられます。

ブロッコリーの切り方

ブロッコリーの切り方は、「ブロッコリーを小房に分ける切り方」を参考にしてください。

ブロッコリーは芯の部分も残さず食べられます。

ブロッコリー

作り方を見る

ブロッコリーの茹で方

また、「ブロッコリーの茹で方」は、こちらを参考にしてください。

たっぷりの湯に塩(小さじ1)を入れ、沸騰してから3分ほど茹でます。

塩を加えると、色良く仕上がり、ブロッコリーの味が引き立ちます。

4分
ブロッコリー

作り方を見る

ブロッコリースプラウトの洗い方

ブロッコリースプラウトの洗い方

ところで、ブロッコリーではなく、ブロッコリースプラウトを洗う際にも、ゆすり洗いがおすすめです。

根元のスポンジを付けたままで逆むきにし、水の中でゆすり洗いをすると、種の殻がきれいに取れます。
参考にしてください。

ブロッコリースプラウト

作り方を見る

関連レシピ