マヨわさびで格上げ!鶏胸肉ときゅうりのサラダ。コク旨低糖質レシピ。

投稿日:2021年6月29日 更新日:

胸肉きゅうり

鶏胸肉ときゅうりを使った、風味豊かなサラダのレシピをご紹介します。

胸肉を電子レンジで加熱して、千切りにしたきゅうりをプラス。
マヨネーズ・醤油・わさびなどを加えて、軽く和えたら完成です。

マヨ醤油&わさびの味付けはやはり鉄板で、マイルドなコクが加わって、鶏肉の美味しさが大幅にアップします。

ボリューム満点でしっかりとした食べ応えがあるので、夕食のおかずにぴったりです。

ダイエットにもおすすめ

なお、このサラダは、糖質がかなり低く抑えられています。
糖質制限ダイエットをしている方にもおすすめですよ。

レシピ動画

「胸肉ときゅうりのマヨわさびサラダ」のレシピです。

材料

2人分:調理時間16分
鶏むね肉 1枚(250g)
きゅうり 1本(100g)
小さじ1/3+小さじ1/6
酒もしくは水 小さじ1
マヨネーズ 大さじ3(36g)
練りわさび 小さじ1/2
醤油 小さじ1
いりごま 大さじ1

作り方

胸肉に塩を揉み込む

【工程1】
まず、鶏むね肉(1枚:250g)を耐熱皿にのせ、塩(小さじ1/3)を揉み込んで、10分ほど置きます。

塩をして10分置くと、中まで味がしっかり染みます。


胸肉に酒か水をまぶす

10分経ったら、酒もしくは水(小さじ1)をまぶします。

酒か水を少しかけると、むね肉をしっとり蒸し上げることができます。

ダイエット向けは水を使う

酒は糖質を含むので、糖質をしっかりオフしたい方には、水での代用をおすすめします。


胸肉にラップをして電子レンジで加熱する

そして、胸肉の先の尖った部分を少し下に折りたたむようにして、ラップをふんわりかぶせて、電子レンジ(600w)で5分加熱します。

胸肉の尖った部分を折りたたむ
右の写真で示した部分を少し下に折りたたむようにして、全体を丸い形にすると、加熱ムラが抑えられます。

レンジのマイクロ波は、食材の尖った部分に集中しやすいためです。


胸肉の粗熱を取る

レンジで加熱し終えたら、ラップをかぶせたまま、粗熱が取れるまでしばらく置きます。

加熱したあとにすぐにむね肉を取り出すと、水分が一気に蒸発してパサパサになりやすいので、面倒でもそのまま少し置いてください。

早く冷ます方法
レンチンした胸肉をすぐに冷ます方法
むね肉を短時間で冷ましたい場合は、皿を外してラップをぴったりかぶせ、冷凍庫に少し入れるといいです。

すぐに食べない場合は、この状態で冷蔵庫に入れ、作り置きするのも便利です。


きゅうりを千切りにする

【工程2】
次に、きゅうり(1本:100g)を千切りにします。


きゅうりを塩もみする

そして、塩(小さじ1/6)を揉み込んで、5分置きます。


きゅうりの水気を絞る

5分経ったら、きゅうりから出た水気を手でしっかり絞ります。


胸肉を手でほぐす

【工程3】
続いて、きゅうりをボールに入れ、鶏むね肉の水気を切って、手でほぐして加えます。


胸肉ときゅうりに調味料を加えて混ぜる

そして、マヨネーズ(大さじ3:36g)・練りわさび(小さじ1/2)・醤油(小さじ1)・いりごま(大さじ1)を加えて、軽く和えたら完成です。


鶏胸肉ときゅうりのサラダ

レンジで加熱した鶏むね肉は、しっとりとした柔らかい口当たり。
きゅうりは、水気を絞ってから使うので、独特の香りが抜けて、すっきりと食べやすい味に仕上がります。

また、マヨ醤油&わさびの味付けもいい感じで、しっかりとしたコクがあるうえに、風味豊かな味を楽しめます。

鶏胸肉ときゅうりの超おすすめレシピです。
たっぷりの鶏肉をとても美味しく食べられますよ。

作り置きOK!

日持ち:冷蔵保存で2〜3日

関連レシピ