シュリカンドのレシピ!インドの簡単ヨーグルトデザートの作り方。

投稿日:2020年1月3日 更新日:

シュリカンド

シュリカンド(Shrikhand)のレシピをご紹介します。

シュリカンドとは、インドの伝統的なスイーツのこと。
インド西部のグジャラート州やマハラシュトラ州で特に人気があり、結婚式などのおめでたい日によく作られるデザートです。

ヨーグルトを使ったインドのスイーツ

シュリカンドは、水切りしたヨーグルトをベースに、カルダモンやサフラン(下の写真)などで風味付けするのが特徴です。

サフラン ちなみに、サフランとは、サフランの花の雌しべを乾燥させたもので、世界で最も高価なスパイスの1つ。
インドでも貴重な香辛料で、特別な日の料理に使われることが多いようです。

シュリカンドの仕上がりは、ほんのりとしたクリーム色。
サフラン色に染まったヨーグルトに、砕いたピスタチオを散らし、カルダモンをふりかけていただきます。

サフランは、日本ではやや入手しにくいので、お好みでなしで作ってもOK。
また、本場のシュリカンドはかなり甘いですけど、今回のレシピは甘さ控えめになっています。

シュリカンドのレシピ

シュリカンドのレシピ

「シュリカンド」のレシピです。

材料【2〜3人分:調理時間5分/2晩置く】
プレーンヨーグルト※ 250g
砂糖 大さじ2
サフラン 8〜10本
ピスタチオ 適量
カルダモンパウダー 少々

※市販の水切りヨーグルト(ギリシャヨーグルト)155g程度を使ってもOK。

作り方
  1. ヨーグルトを一晩かけて水切りする。(ザルの上にキッチンペーパーを敷き、ヨーグルトをのせて、ラップをして冷蔵庫に一晩入れる。)
  2. ヨーグルトにサフランを加え、ラップをして冷蔵庫に一晩入れる。
    砂糖を加え、よく混ぜる。
  3. 器に盛り、砕いたピスタチオを散らし、カルダモンを振ったらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

ヨーグルトの水切り
【工程1】
まず、ヨーグルト(250g)を一晩かけて水切りします。

ヨーグルトの水切りの手順は、次のとおりです。

ボールの上にザルをのせ、キッチンペーパーを敷きます。
そして、その上にヨーグルトをのせます。
あとは、ラップをして冷蔵庫に一晩入れるだけです。

ヨーグルトのホエー(ホエイ) 水切り後にボールに残った水分は、ホエーと言って旨味と栄養がたっぷり詰まっています。
甘みを補ってそのまま飲んでもいいですし、スープにしても美味しいです。
ギリシャヨーグルト また、この水切りする工程は、ギリシャヨーグルト(115g程度)を使って省略することもできます。

ギリシャヨーグルトは、あらかじめ水切りされているので、そのまま使えます。

酸味のあるヨーグルトがおすすめ

ちなみに、インドでは、ヨーグルトは、ターリーやミールスといった定食には必ずついてきます。

インドのヨーグルト インドのヨーグルトは、日本のヨーグルトとくらべると、酸味が強いものが多いのが特徴。

このシュリカンドも、そうした酸味がしっかりしたヨーグルトを使った方が美味しく仕上がります。


ヨーグルトにサフランを加える
【工程2】
ヨーグルトを水切りしたら、サフラン(8〜10本)を加え、ラップをして冷蔵庫に一晩入れます。

サフランで色づけしたヨーグルト 一晩冷蔵庫に入れると、サフランの風味と鮮やかな黄色がきれいに出ます。

シュリカンドをよく混ぜる
続いて、砂糖(大さじ2)を加え、よく混ぜます。


シュリカンド
【工程3】
最後に、砕いたピスタチオを散らし、カルダモンパウダーを振ったら完成です。

カルダモンとサフランの上品な風味が、甘酸っぱいヨーグルトと絶妙にマッチしますよ。

サフランを使ったインドのデザート

このシュリカンドというスイーツは、サフランの風味と色をいかして作るのが特徴の1つですが、インドには、サフランを使ったデザートが他にもいろいろあります。

ケサル・ラスマライ(Kesar Rsmalai) たとえば、東インドのベンガル湾沿岸地域やバングラディッシュでよく食べられている「ケサル・ラスマライ(Kesar Rsmalai)」。

きれいなサフラン色が目を引くデザートで、インドのカッテージチーズ「パニール」で作ったスポンジ状の柔らかいお団子を、サフラン風味の濃厚な味わいのミルクソースでいただきます。

インド人とサフラン

サフランは、インド人にとって、とても馴染みのある植物です。

インドの国旗 例えば、インドの国旗。

インドの国旗に使われているオレンジ色は、サフランイエローと呼ばれるもので、ヒンドゥー教を表す色として使われています。
ちなみに、緑色はイスラム教を、白色は平和を表しています。

また、ヒンドゥー教で使われる布もサフランイエローが多いです。

サフランは、多くの日本人にとってはあまり馴染みがないと思いますし、また、食べると少しクセもあります。

ただ、せっかくインドのスイーツを手作りするのなら、これを機にサフランを試してみるのもおすすめです。

今回のレシピはサフランなしで作っても美味しく仕上がりますが、サフランを入れることで、本場インドの味にグッと近づきますよ。


ところで、当サイトでは、現地インドでの経験をもとに、インド料理やインドの観光スポットについて別記事で詳しく解説しています。
次の記事もあわせてご覧ください。

関連レシピ