やまでら くみこ のレシピ

簡単料理の作り方や話題の人気レシピなどを紹介。

ギリシャヨーグルトの作り方とおすすめレシピ!市販品の味の違いも解説。

投稿日:2019年4月29日 更新日:

ギリシャヨーグルト(グリークヨーグルト)の作り方と、それを使った料理のおすすめレシピを、本場ギリシャの情報を交えて詳しくご紹介します。

また合わせて、日本で販売されているギリシャヨーグルトのメーカーごとの味の違いもお伝えします。

ギリシャヨーグルトとは

ギリシャヨーグルトとは、ギリシャで伝統的に食べられているヨーグルトのこと。

ヨーグルトを水切りして(水分を取り除いて)作るので、クリーミーで濃厚な味わいが特徴です。
ハチミツなどの甘みをプラスして食べてもいいですし、そのままサラダなどの料理に使っても美味しいです。


なお、この記事は、エーゲ海に浮かぶギリシャ有数の観光地、ミコノス島からお届けします。


日本のギリシャヨーグルトの食べ比べ

まず最初に、日本で販売されているギリシャヨーグルトの味の違いを解説します。

今回比較したのは、下の表の7種類のギリシャヨーグルトです。

番号 商品名 画像
コストコのギリシャヨーグルト 大容量1kg
日本ギリシャヨーグルト(株)
至福のギリシャ
日本酪農共同(株)
ギリシャヨーグルト 400g
日本ギリシャヨーグルト(株)
パルテノ
森永乳業
THE GREEK YOGURT
明治
ギリシャヨーグルト
イオン トップバリュ
オイコス ギリシャヨーグルト
ダノン

7種類のうち6種類が砂糖なしのプレーンタイプです。

7番目のオイコスに限っては、プレーンタイプが現在販売されていないので、加糖タイプを試食しました。


オイコスは加糖なのでとりあえず置いておいて、残り6種類を比較すると、食感がしっかりめのタイプと、食感が柔らかめのタイプに分けられます。

食感がしっかりめ

① コストコのギリシャヨーグルト 1kg
③ ギリシャヨーグルト 400g

上の2品は、どちらも食感がしっかりめ。
本場ギリシャで食べるヨーグルトに食感が似ているので、本格的なギリシャヨーグルトを味わいたいなら、この2つの中から選ぶのがおすすめです。

両者の違いは、酸味の強さ。
③の「ギリシャヨーグルト 400g」の方が、ほどよい酸味があって美味しいですし、価格帯も手頃で入手しやすいです。

おすすめ!

ギリシャヨーグルト 400g

食感がやわらかめ

② 至福のギリシャ
④ パルテノ
⑤ 明治のTHE GREEK YOGURT
⑥ イオンのギリシャヨーグルト

上の4品は、食感が比較的やわらかめです。

最もサラッとしているのが、⑥の「ギリシャヨーグルト(イオン)」。
やや、お豆腐に近い食感です。
また、この⑥のギリシャヨーグルトは、結構、酸味が強いです。
今回比較したギリシャヨーグルトの中で頭一つ飛び抜けています。

一方で、最もトロトロでクリーミーなのが、②の「至福のギリシャ」です。
舌にまとわりつくような、重厚なトロトロ感を味わえます。
そのうえ、味が濃く、旨味もしっかりしているので、この4品のなかでは、②の「至福のギリシャ」が最もおすすめです。

また、④の「パルテノ」と⑤の「THE GREEK YOGURT(明治)」はクセがなく食べやすいので、ギリシャヨーグルトを初めて食べる方は、この2つのどちらかをまずは試してみるのも良いと思います。

おすすめ!

至福のギリシャ

ちなみに、⑦のオイコスも、食感が柔らかめです。
加糖タイプなので、料理の具材としては使いにくいものの、デザート代わりに食べる分には十分ありだと思います。
こちらもクセがなく食べやすいですよ。

ギリシャヨーグルトの栄養と健康効果

続いて、ギリシャヨーグルトの栄養と健康効果についてお伝えします。

ヨーグルト全般に含まれるビフィズス菌や乳酸菌には、腸内細菌を活性化させる効果があると言われています。
そのうえ、ヨーグルトは低カロリーで低糖質なので、糖質制限にもぴったりの食材です。

そして、ヨーグルトのこうした特徴は、ギリシャヨーグルトにも勿論当てはまります。

では、ごく普通のヨーグルトとどう違うのか。
ギリシャヨーグルト独自のメリットとしては、次の2点が挙げられます。

  • タンパク質が多い
  • 腹持ちが良い

栄養面で言うと、ギリシャヨーグルトにはタンパク質が豊富に含まれています。

下の表は、「明治ブルガリアヨーグルトプレーン」と「コストコ ギリシャヨーグルト」のタンパク質含有量を比較した表です。

ヨーグルトのタンパク質(100gあたり)
タンパク質
明治ブルガリアヨーグルト 3.4g
コストコギリシャヨーグルト 7.6g

ご覧のとおり、2倍以上の差があります。
タンパク質を積極的に摂りたいのなら、ギリシャヨーグルトの方がおすすめです。

また、ギリシャヨーグルトには、腹持ちが良いというメリットもあります。
成分がぎゅっと凝縮されていてお腹が満たされやすいため、他の料理の食べ過ぎ防止にも役立ちます。

一方で、ギリシャヨーグルトには、カロリーと脂肪分がごく普通のヨーグルトよりも少し多いという特徴もあります。
ヨーグルト自体のカロリーと脂肪分が低めなので、気にしないのもアリだとは思います。
でも、もし気になるようであれば、明治の「THE GREEK YOGURT」やイオンの「ギリシャヨーグルト」のような脂肪ゼロをうたっている商品を試すのもいいですよ。

ギリシャヨーグルトの作り方

ギリシャヨーグルトの作り方

次に、ギリシャヨーグルトの作り方をご紹介します。

ギリシャヨーグルトは、自宅で簡単に手作りすることができます。

材料【調理時間30分〜1晩】
プレーンヨーグルト 1パック(適量)
作り方
  1. ボールの上にザルをのせ、その上にキッチンペーパーを敷き、ヨーグルトをのせる。
  2. 1にラップをかけ、冷蔵庫に入れる。
    ヨーグルトが好みの固さになるまで30分〜1晩ほど置いたらできあがり。

冷蔵庫で置く時間はお好みです。
30分ほど置くだけでも、普通のヨーグルトとは違ったなめらかな食感が楽しめます。

ゆっくり1晩ほど置くと、本場ギリシャで食べられているヨーグルトに近い、固めの食感と濃厚な味に仕上がります。
ギリシャでは、今だに麻の布で水切りしている昔ながらの工場もあるそうです。

ちなみに、ヨーグルトを水切りしたあとに残る透明の液体は、ホエイと言って、ヨーグルトの旨味や栄養が溶け出しています。
そのまま飲むこともできますし、スープなどの料理に使うと美味しいので、捨ててしまうのはモッタイナイですよ。



ザルやキッチンペーパーが無い場合は、コーヒードリッパーとペーパーフィルターで代用してもOKです。


ギリシャヨーグルトの冷凍保存


ギリシャヨーグルトは、ごく普通のヨーグルトと同じく、冷蔵したうえで、なるべく早め(2〜3日中)に食べ切ってください。
たっぷり残って食べ切れない場合は、塩を少量加えると、少し日持ちしやすくなります。

また、保存袋に入れ、冷凍するのもおすすめです。(上の写真)
冷凍した場合の日持ちは1ヶ月ほど。

ただし、冷凍する際には、ギリシャヨーグルト(100g)につき、砂糖(小さじ2)を混ぜてください。
砂糖の代わりに、少し多めのジャムを混ぜてもいいです。
砂糖などを混ぜて冷凍すると、解凍した時に水分が分離しにくくなります。
詳しくは「ヨーグルトの冷凍保存」をご覧ください。

ちなみに、解凍せずに凍ったままで食べるのなら、砂糖を加えなくてもOKです。
甘みを少し補うと、美味しいフローズンヨーグルトができますよ。


ちょっと変わったギリシャヨーグルトの作り方

次に、ちょっと変わったギリシャヨーグルトの作り方をご紹介します。

ヨーグルトにドライフルーツを混ぜて水分を吸わせる方法です。
ヨーグルトが濃厚でクリーミーになるうえに、ドライフルーツの甘みがヨーグルトに移り、美味しくなります。

使用するドライフルーツはお好みですが、マンゴーが一番おすすめです。

材料【調理時間1晩】
プレーンヨーグルト 1パック(400g)
ドライフルーツ※ 90g

※ドライフルーツはマンゴーがおすすめ。パイナップルやイチゴなど、他のドライフルーツでもOK。

作り方
  1. ドライフルーツを一口大に切り、ヨーグルトに混ぜる。
  2. ラップをして、冷蔵庫で一晩冷やしたらできあがり。

漬け込んだドライフルーツは、ヨーグルトの水分を吸って、より味わい深くなり、ぷるっぷるの食感に変わりますよ。

続いて、ギリシャヨーグルトを使った料理のレシピをご紹介します。

ギリシャヨーグルトのアレンジレシピ5品

ギリシャヨーグルト(水切りヨーグルト)を使った料理のおすすめレシピです。

ギリシャヨーグルトのザジキのレシピ

ザジキ

1品めは、本場ギリシャのお料理です。

作り方はとても簡単。
きゅうりをすりおろし、ギリシャヨーグルト・おろしにんにく・オリーブオイル・塩などを混ぜ、ディルを散らしたら完成です。

さっぱりとした味のディップソースで、肉料理や魚のフライ、またパンなどによく合います。

10分
きゅうりギリシャヨーグルトにんにくオリーブオイルディル

作り方を見る

焼きギリシャヨーグルトのレシピ

焼きヨーグルト

2品めは、2014〜2015年に流行った「焼きヨーグルト」。

ギリシャヨーグルト(水切りヨーグルト)をトースターで10分ほど焼くと、ヨーグルトの酸味が和らぎ、モッツアレラチーズやカッテージチーズやクリームチーズといったフレッシュチーズのような味と食感に変わります。

上の写真は、焼きヨーグルトを使ったカプレーゼです。

料理研究家の浜内千波さんのレシピ
12分
ヨーグルト

作り方を見る

ギリシャヨーグルトのスープのレシピ

夏野菜の冷製スープ

ギリシャヨーグルト(水切りヨーグルト)を使って、冷製スープを作るのもいいですよ。

リンク先では、トマトやきゅうりを使ったコンソメ風味のスープのレシピを紹介しています。

料理研究家の林幸子さんのレシピ
トマトきゅうり水切りヨーグルトコンソメスープ

作り方を見る

ギリシャヨーグルトのパフェのレシピ

マンゴーヨーグルトパフェ

リンク先では、先に紹介したギリシャヨーグルトの作り方(ヨーグルトにドライマンゴーを漬け込む方法)と、それを使った超簡単で安上がりなパフェのレシピを紹介しています。

コーンフレークを添えて練乳をかけるだけで、豪華なパフェが完成します。

雪印メグミルクのレシピ
2分
ヨーグルトドライマンゴー練乳コーンフレークミントの葉

作り方を見る

フローズンギリシャヨーグルトのレシピ

フローズンヨーグルト

すでにお伝えしたように、ギリシャヨーグルは凍らせるだけで、さっぱりとしたフローズンヨーグルトになります。

このフローズンヨーグルトは、生クリームも牛乳も使いません。
ギリシャヨーグルト(水切りヨーグルト)に砂糖を混ぜ、冷凍庫に入れるだけで完成します。

東京世田谷区にお住まいの主婦、菅原亜希子さんのレシピ
3分
水切りした無糖ヨーグルト無糖ヨーグルト砂糖

作り方を見る

続いて、本場ギリシャのヨーグルトの食べ方をご紹介します。

本場ギリシャの伝統的なヨーグルト

最後に、ギリシャヨーグルトの食べ方を、本場ギリシャからレポートします。


こちらは、ギリシャの首都アテネにある人気のヨーグルト専門店。
フレスコ・ヨーグルトバー(Fresko Yougurt Bar)」です。

このお店では、伝統的なギリシャヨーグルトが手軽に楽しめます。

ヨーグルトの種類は3タイプ。
「10%」「8%」「2%」。
それぞれが脂肪分の割合をあらわしています。


一番ポピュラーなのは脂肪分10%

「10%」が最もクリーミー。
食感が一番しっかりめで、ビロードのようななめらかな舌触りと濃厚な味わいが特徴です。
現在ギリシャ人が食べているもっとも一般的なヨーグルトは、脂肪分10%です。

そして、「8%」「2%」の順に、味わいが優しくなり、また水気も多くなります。
ただ、「2%」であっても、日本の一般的なヨーグルトとは比べものにならないほど味が濃厚です。

ちなみに、ギリシャにも、日本のヨーグルトのような水切りしていないタイプがありますが、飲食店で目にすることは少ないです。



好みのヨーグルトに、果物のジャムやナッツやドライフルーツなどをトッピングしていただくのがギリシャ流です。

上の写真は、お店のスタッフのおすすめ4タイプです。

左から、「羊のヨーグルト&ブラックベリーソース」「脂肪分8%ギリシャヨーグルト&イチジクソース」「10%ギリシャヨーグルト&オレンジソース」「2%ギリシャヨーグルト&レモンソース」。

羊のヨーグルトは、味に若干のクセがありますが、濃厚なブラックベリーソースと合わせるととても食べやすくなります。

イチジクは、まるでドレンチェリーのような鮮やかなグリーンをしています。
しっかりとした甘みがあり、ギリシャヨーグルトによく合います。

オレンジソースとレモンソースも安定の美味しさ。
フルーツのソースをトッピングするだけで、チーズケーキのような食べ応えのあるデザートが手軽に楽しめます。

4タイプとも、お店で人気がある組み合わせだそうですよ。



こちらは、アテネのホテルで食べた朝食です。
写真の中央に写っているのがギリシャヨーグルト。
ナッツとドライフルーツをトッピングして、地元産のはちみつをたっぷりかけていただました。
このホテルに限らず、ギリシャヨーグルトは朝食メニューの定番になっています。



また、「タベルナ」と呼ばれるギリシャのカジュアルレストランでも、ギリシャヨーグルトが食後のデザートとして出てくることがあります。

上の写真は、ギリシャのミコノス島の人気タベルナでいただいた、デザートのヨーグルト。
ボリューム満点、しかも無料です。

ギリシャヨーグルトは、ギリシャ人の毎日の食事に欠かせない食べ物。
クリーミーでとても美味しいので、ぜひお試しください。


ところで当サイトでは、現地ギリシャでの経験をもとに、ギリシャ料理やギリシャの観光スポットについて、別記事で詳しく解説しています。
次の記事もあわせてご覧ください。

関連記事

万能ヨーグルトソースの作り方。肉やサラダと好相性!トルコの簡単レシピ。

ケバブやローストビーフといった肉料理をはじめ、サラダやサンドイッチなど、幅広い料理に合わせやすい、万能ヨーグルトソースのおすすめレシピをご紹…

ギリシャサラダのレシピ。フェタチーズたっぷり!本格グリークサラダ。

ギリシャサラダ(グリークサラダ)のレシピを、現地ギリシャの情報を交えて詳しくお伝えします。ギリシャサラダとは、ギリシャ産の「フェタチーズ」と…

家事えもんのヨーグルトのレシピ。濃厚ギリシャヨーグルト風。

家事えもんこと、タレントの松橋周太呂さんが考案した、ヨーグルトを使ったデザートのレシピをご紹介します。「ぷるっぷるフルーツ入り 濃厚ギリシャ…

インドのヨーグルトを現地から徹底解説!ダヒの作り方と使い方。

インドヨーグルトの作り方や食べ方を、現地インドから詳しくご紹介します。ヨーグルトは、インドでは「ダヒ(Dahi)」と呼ばれています。ダヒはイ…

ザジキの作り方と食べ方。ギリシャ料理の定番ソースのレシピを徹底解説!

ザジキ(tzatziki sauce)の作り方と美味しい食べ方を、本場ギリシャの情報を交えながら詳しくご紹介します。ザジキとは、きゅうりとヨ…

おすすめ記事

とうもろこしはレンジが一番。皮ごとチン、皮なしラップでチンが美味しいゆで方。

とうもろこしの茹で方は、レンジでチンが一番美味しいです。皮ごとならその…

とうもろこしごはんのレシピ。人気のバター風味!炊飯器で炊き込みご飯

とうもろこしごはん(とうきびごはん)のおすすめレシピをご紹介します。と…

とうもろこしスープの手作りレシピ。甘みを堪能!コーンスープの作り方

とうもろこしスープの手作りレシピをご紹介します。生のとうもろこしを使っ…

なすとひき肉の甘辛あんかけレシピ。丼にしても美味しい!和風簡単料理。

なすとひき肉を使った、醤油風味の甘辛おかずのレシピをご紹介します。なす…

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッ…

豚肉と厚揚げの簡単レシピ。濃厚でコク旨!豚こまの柔らか炒めの作り方。

豚肉と厚揚げを使った炒め物の簡単レシピをご紹介します。豚こま切れ肉・厚…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベー…

くるみのスコーン。カリッと焼いたクルミが旨い!くるみたっぷりレシピ。

くるみスコーンのおすすめレシピをご紹介します。くるみをふんだんに使った…

ピーマンのおひたしのレシピ。めんつゆで旨い!レンジで簡単お浸し。

ピーマンのおひたしのレシピをご紹介します。手軽さが人気のめんつゆレシピ…

梨のコンポートの簡単レシピ。柔らか食感が美味い!日持ちは3週間。

梨(和梨)のコンポートの簡単レシピをご紹介します。梨を砂糖と一緒に煮る…

桃スムージーのレシピ。おうちで作ると超美味しい!冷凍桃の活用法。

桃を使った美味しいスムージーのレシピをご紹介します。作り方はとても簡単…

しそジュースのおすすめレシピ。赤紫蘇シロップの作り方。

しそジュースのおすすめレシピをご紹介します。そろそろ梅雨入りかなという…

梅干しの作り方。初心者でも失敗しない簡単な漬け方。

梅干しの漬け方をご紹介します。私は10年ほど前から自家製梅干しを作って…

らっきょうの甘酢漬けのレシピ。ラッキョウの手軽で美味しい漬け方。

らっきょうの甘酢漬けのレシピをご紹介します。らっきょうの漬け方は、とて…

新生姜の甘酢漬けのレシピ。甘酸っぱくてクセになる!ガリの簡単な作り方

新生姜の甘酢漬け(ガリ)の作り方をご紹介します。お寿司屋さんでおなじみ…

そら豆の茹で方。茹で時間は3分が目安です。

そら豆を色良く茹でる方法をご紹介します。茹で時間の目安は3分くらいです…

枝豆を蒸し焼きにする方法。フライパンで簡単!栄養もムダなく取れる。

枝豆をフライパンで蒸し焼きにして火を通す方法をご紹介します。管理栄養士…

枝豆の美味しい茹で方!茹で時間は鍋で4〜5分。味と栄養面を解説。

枝豆の上手な茹で方をご紹介します。お伝えする茹で方は3パターン。それぞ…

糖質制限ダイエットの人気レシピ。低糖質なメニュー198品まとめ。

糖質制限におすすめの人気レシピ198品をご紹介します。どれも低糖質なう…

味噌汁の具材の組み合わせ人気100選。具だくさん味噌汁のアイデア集。

味噌汁の具の組み合わせを、一挙にご紹介します。人気の定番レシピから、変…

ゆで卵の作り方。茹で時間は何分?半熟や固ゆでの簡単基本レシピ。

ゆで卵の作り方を動画でご紹介します。鍋を使って作る、ゆで卵の簡単レシピ…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えし…

レモン酢の作り方2パターン。効果・飲み方・料理に使う方法も紹介。

レモン酢の作り方2パターンと、効果や飲み方、料理に使う方法をご紹介しま…

作り置きおかずの人気レシピ。常備菜にぴったりな料理238品。

作り置きおかずにおすすめの人気レシピを238品ご紹介します。どのお料理…

最新記事

もやしと豚肉炒めのレシピ。豚バラの味噌炒め!人気おかずの簡単な作り方。

もやしと豚肉を使った、簡単な炒め物のレシピをご紹介します。豚バラ肉とも…

ゴーヤの下処理(下ごしらえ)。にがうりの洗い方から下茹でのやり方まで。

ゴーヤの下処理(下ごしらえ)のやり方をご紹介します。ゴーヤの洗い方・ワ…

パスタ(スパゲッティ)の茹で方。ゆでる時間や塩の量を解説。

パスタ(スパゲッティ)の茹で方をご紹介します。パスタを茹でる時間は、袋…

ズッキーニと豚肉炒めのレシピ。にんにく&酢醤油で美味しさアップ。

豚肉とズッキーニを使った簡単おかずレシピをご紹介します。豚バラ肉とズッ…

ゴーヤのおひたし。味付けはめんつゆ!ゴーヤだけで作るお浸しレシピ。

ゴーヤ(にがうり)のおひたしのレシピをご紹介します。ゴーヤを下茹でして…