やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

投稿日:2019年8月24日 更新日:

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えします。

ムサカとは、ギリシャやトルコやブルガリアなど、東地中海の国々で食べられているお料理の一つ。
日本では、ギリシャのムサカが一番有名です。

日本ではギリシャのムサカが人気
ギリシャのムサカは、ホワイトソース(ベシャメルソース)・ミートソース・なすやじゃがいもなどの野菜を、層状に重ねて焼き上げるのが特徴です。

一方、トルコのムサカは、ホワイトソースを使わずに、なす・ピーマン・トマトなどの野菜とミートソースを交互に重ねて焼き上げます。

また、ブルガリアでは、ギリシャ版ムサカのホワイトソースの代わりに、ヨーグルトや卵を使ったカスタードソースが用いられるのが一般的です。

ギリシャ風レシピ
これからご紹介するのは、ギリシャ風の本格&簡単レシピ。

ミートソースやホワイトソースの仕込み時間が短く、日本の食材だけで比較的ラクに作れます。

本場ギリシャやトルコのムサカも紹介
なお、この記事は、エーゲ海に浮かぶギリシャ屈指の観光地「ロドス島」よりお伝えします。

本場ギリシャやトルコで食べられているムサカの味も、写真とともに詳しく紹介します。


ムサカの作り方

「ムサカ」のレシピです。

レシピ通りに作ると、だいたい4〜6人分くらいのムサカができます。

全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【内寸20cm角容器1台:調理時間90分】
ミートソース
牛ひき肉(赤身)※ 350g
玉ねぎ 1個(200g)
にんにく 2かけ
オリーブオイル 大さじ1
赤ワイン 50ml
◎パセリ(みじん切り) 大さじ3
◎カットトマト水煮缶 200g
◎トマトペースト 大さじ2
◎トマトケチャップ 大さじ2
◎シナモン 小さじ1/4
◎クローブ・ナツメグ 各小さじ1/8
◎ローリエ 1枚
◎塩 小さじ3/4
◎こしょう 少々
ホワイトソース
無塩バター 60g
小麦粉 60g
牛乳 550ml
小さじ3/4
こしょう・ナツメグ 各少々
なすとじゃがいも
なす 4本(500g)
じゃがいも 3個(450g)
オリーブオイル 適量
適量
粉チーズ 70g

※牛豚合い挽き肉(赤身)で代用可。

作り方
  1. 【ミートソース】玉ねぎとにんにくをみじん切りにする。
    フライパンにオリーブオイルを熱し、玉ねぎとにんにくを炒める。
    透明になってしんなりしたら、牛ひき肉を加え、パラパラになるまで炒める。
    赤ワインを加えて煮立てる。
    ◎を加え、中火で5分ほどフタをしないで煮詰める。
  2. 【ホワイトソース】フライパンを弱火で熱し、バターを溶かす。小麦粉を加え、粉っぽさが無くなるまで炒める。牛乳を少しずつ加え、なめらかになるまで溶きのばす。弱火で混ぜながらとろみがつくまで軽く煮て、塩・こしょう・ナツメグを混ぜる。
  3. 【なすとじゃがいも】なすのヘタを取り、縦4等分の薄切りにする。じゃがいもの皮をむき、7ミリくらいの輪切りにする。フライパンにオリーブオイル(適量)を熱し、何回かに分けて、なすとじゃがいもを焼き、両面に軽く焼き目を付け、塩(適量)を振る。
  4. オーブン用の耐熱容器にクッキングシートを敷き、じゃがいもの全量を敷き詰める。
    そのうえに、ミートソース・粉チーズ・なすの順に2回重ね、最後にホワイトソースをのせ、粉チーズを振る。
    (重ねる順番:じゃがいもの全量・ミートソースの半量・粉チーズの1/3量・なすの半量・ミートソースの半量・粉チーズの1/3量・なすの半量・ホワイトソースの全量・粉チーズの1/3量)
  5. 4を220度に温めたオーブンで20〜30分焼いたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

ミートソースを作る


【工程1】
まず、玉ねぎ(1個:200g)とにんにく(2かけ)をみじん切りにします。

そして、パセリもみじん切りにして、大さじ3用意します。



次に、フライパンにオリーブオイル(大さじ1)を熱し、玉ねぎとにんにくを炒めます。



玉ねぎが透明になってしんなりしたら、牛ひき肉(赤身:350g)を加え、パラパラになるまで炒めます。



続いて、赤ワイン(50ml)を加え、軽く煮立てます。



次に、◎の材料を加えます。

◎の材料は、パセリみじん切り(大さじ3)・カットトマト水煮(200g)・トマトペースト(大さじ2)・トマトケチャップ(大さじ2)・シナモンパウダー(小さじ1/4)・クローブパウダーとナツメグパウダー(各小さじ1/8)・ローリエ(1枚)・塩(小さじ3/4)・こしょう(少々)です。



そして、中火で5分ほどフタをしないで煮詰めます。

これで、ミートソースができました。
ムサカのミートソースは、ごく普通のミートソースとくらべてやや固めです。

【調理のポイント】
ムサカのミートソースは、少し固めに作ると、層状に重ねた時に型崩れしにくくなります。

ホワイトソースを作る


【工程2】
次に、フライパンを弱火にかけ、無塩バター(60g)を溶かします。



バターが完全に溶けたら、小麦粉(60g)を加え、粉っぽさが無くなるまで炒めます。



小麦粉がバターに馴染んだら、牛乳を少しを加えます。



続いて、全体をヘラでよく混ぜ、なめらかになるまで溶きのばします。

そして、牛乳の量を少しずつ増やしながら、牛乳が無くなるまで、この作業を繰り返します。
牛乳を注ぎ、全体を混ぜてなめらかにする作業です。


牛乳の全量(550ml)を加えたら、弱火で混ぜながらとろみがつくまで軽く煮て、塩(小さじ3/4)・こしょうとナツメグ(各少々)で味を付けます。

これでホワイトソースができました。
ムサカのホワイトソースは、ごく普通のグラタンなどに使うソースと違って少し固めです。

【調理のポイント】
ムサカのホワイトソースは、少し固めに作ると、層状に重ねた時に型崩れしにくくなります。
完成したホワイトソースは、表面が固まらないように、ボールに移してラップをぴったりかぶせておくといいです。

なすとじゃがいもを焼く


【工程3】
次に、なす(4本:500g)のヘタを取り、縦4等分の薄切りにします。

そして、じゃがいも(3個:450g)の皮をむき、7ミリ厚くらいの輪切りにします。



続いて、フライパンにオリーブオイル(適量)を熱し、何回かに分けて、なすを焼き、両面に軽く焼き色を付け、塩(適量)を振ります。



じゃがいもも同様に、軽く焼き目を付け、塩(適量)を振ります。


容器に重ねる


【工程4・5】
次に、オーブン用の耐熱容器にクッキングシートを敷き、じゃがいも(全量)を敷き詰めます。

クッキングシートを敷いておくと、出来上がったムサカが取り出しやすくなります。

ちなみに、写真の耐熱容器は「KINTOスクエアディッシュ(内寸20センチ角)」を使っています。
この容器くらいの大きさがぴったり合います。



じゃがいも(全量)を敷いたら、その上に、ミートソース(1/2量)を入れ、ヘラで平らにします。



そして、その上に粉チーズ(1/3量)を振ります。



次に、なす(1/2量)を並べます。

続いて、ミートソース(残りの1/2量)・粉チーズ(1/3量)の順に入れます。
そして、なす(残りの半量)を並べます。


最後に、ホワイトソース(全量)を均一にかけ、粉チーズ(残りの1/3量)を振ります。

そして、この状態で、220度に温めたオーブンで20〜30分焼きます。

焼き上がり


これが焼き上がりです。

表面にこんがりとした焼き色が付き、ホワイトソースがとろっとした状態です。



切り分ける際には、まず、クッキングシートの端をつかんで、ムサカを容器から取り出すといいです。

焼き上がりを5分ほど置くと、切り分けやすくなります。



断面は、ムサカらしいきれいな層状になります。

ムサカの保存

ムサカは、焼き立てが一番美味しいですけど、食べ切れない場合は冷蔵保存もできます。
ラップで覆って冷蔵庫に入れると、4〜5日ほど日持ちします。

わが家では、ムサカを冷蔵ストックして、少しずつ取り出してその都度温め直し、ワインなどのおつまみにするのが好評です。

ちなみに、冷蔵庫で少し冷やしたムサカは、出来たてのアツアツよりもずっと切り分けやすいです。



ムサカは、マイルドなホワイトソースにコクのあるミートソース、そして香ばしく焼いた野菜の風味など、いろいろな味が重なっていて飽きが来ません。

スパイスは控えめなので、はじめての方でも食べやすいと思います。

見た目が豪華なので、パーティー料理としてもおすすめですよ。

最後に、本場ギリシャと日本のギリシャ料理店で供されている様々なムサカを写真でご紹介します。

本場ギリシャやトルコのムサカ


ここからは、本場ギリシャやトルコのムサカを中心にご紹介します。
ひとくちにムサカと言ってもいろいろあります。

たとえば、こちらは、ギリシャで最もポピュラーなかたちのムサカ。
四角く切り分けられ、断面からは層状になった野菜とソースがきれいに見えます。
冒頭でお伝えしたレシピも、これと同じく、焼いたあとに切り分けるのが特徴です。

冒頭のレシピは、シナモン・クローブ・ナツメグで風味付けしますが、この写真のムサカは、クミンやシナモンを使っています。

ハニアのレストランのムサカ
@ギリシャ クレタ島 ハニア



こちらは、日本の人気ギリシャ料理店で食べたムサカ。

先に紹介したムサカと同じく、四角く切り分けられています。
ポピュラーなかたちのムサカです。
日本には、横浜を中心にギリシャ料理店が何軒かありますが、殆どのお店で、こうした王道の四角いムサカが出てきます。

すでにお伝えした通り、焼き上がりをきれいに切り分けるには、ミートソースもホワイトソースも、水分を飛ばして固めに作る必要があります。

写真のムサカの味付けは、ほんのりスパイシーでとても美味しいです。

ギリシャレストラン「スパルタ」のムサカ
@横浜・関内



一方、こちらのムサカは、四角く切り分けるのではなく、はじめから小分けにして器に詰め、オーブンで焼き上げます。

こうしたスタイルの「ムサカ」は、層状になった断面は見えませんが、全体的に柔らかい食感で、とろとろのホワイトソースが楽しめる場合が多いです。
ギリシャの飲食店では、1皿分ずつ小分けにして、オーダーが入ったら焼いているようです。

この焼き方だったら、ホワイトソースやミートソースをあらかじめ仕込んでおけば、いつでもアツアツの出来たてが食べられます。
家庭でも使える作り方です。

レストラン「Diodos Agoras」のムサカ
@ギリシャ アテネ



このムサカは、じゃがいもとナス以外に、ズッキーニも具材として使っているのが特徴。
ムサカに使われる野菜は、じゃがいもとなすが最もポピュラーですが、ズッキーニ・カボチャ・インゲンなどが使われることもあります。

野菜の種類も、お好みでいろいろアレンジすると楽しいと思います。

このムサカは、やや柔らかめなので、形がそれほどかっちりとはしていません。
少し崩れたムサカもけっこう美味しそうです。

シナモンを少し効かせた味付けで、パルメザンチーズをたっぷりかけていただきます。

ミコノス島のレストランのムサカ
@ギリシャ ミコノス島



最後にご紹介するのは、トルコのムサカ。

ムサカと言えば、日本ではギリシャ料理として知られていますが、実はトルコが本家だと言う人もいます。

ギリシャのムサカは、すでにお伝えしたように、ナスやじゃがいもなどの野菜、ミートソースに加えて、ホワイトソースをたっぷり使って層状にして焼き上げます。
でも、トルコのムサカはホワイトソースを使わないのが特徴です。

上の写真では隠れて見えませんが、耐熱皿の上には、たっぷりの油で焼いたナスが乗っています。
そしてその上に、羊肉・ピーマン・トマトなどで作ったミートソースをかけ、オーブンで焼き上げます。

なすの美味しさが引き立つ、こってりとした食べ応えのあるムサカで、ギリシャとはまた違った魅力があります。


「Istanbul Kebab Cafe Restaurant」のムサカ
@トルコ イスタンブール


以上、本場のムサカの種類やレシピについてお伝えしました。
ムサカは少し手間のかかるお料理ですが、とても美味しいので是非作ってみてください。

ところで当サイトでは、現地ギリシャでの経験をもとに、ギリシャ料理やギリシャの観光スポットについて、別記事で詳しく解説しています。
次の記事もあわせてぜひご覧ください。

関連記事

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ料理は、オリーブオイルやレモンやハーブで風味付けされているも…

ギリシャサラダのレシピ。フェタチーズたっぷり!本格グリークサラダ。

ギリシャサラダ(グリークサラダ)のレシピを、現地ギリシャの情報を交えて詳しくお伝えします。ギリシャサラダとは、ギリシャ産の「フェタ…

ギリシャヨーグルトの作り方とおすすめレシピ!市販品の味の違いも解説。

ギリシャヨーグルト(グリークヨーグルト)の作り方と、それを使った料理のおすすめレシピを、本場ギリシャの情報を交えて詳しくご紹介しま…

タラモサラダ(タラモサラタ)の本格レシピ!ギリシャ人気料理の作り方。

タラモサラダ(タラモサラタ)のレシピをご紹介します。日本でも簡単に作れる、たらこを使ったタラモサラダです。日本で「タラモサラダ」と…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味…

万能ヨーグルトソースの作り方。肉やサラダと好相性!トルコの簡単レシピ。

ケバブやローストビーフといった肉料理をはじめ、サラダやサンドイッチなど、幅広い料理に合わせやすい、万能ヨーグルトソースのおすすめレ…

フェタチーズはギリシャの国民的チーズ。食べ方や保存など徹底解説!

ギリシャの伝統的なチーズ、フェタチーズについて、現地での経験を踏まえて分かりやすく解説します。フェタチーズの保存や塩抜き、フェタチ…

キョフテの本場風レシピ!人気トルコ料理の作り方を現地より紹介。

キョフテ(köfte)のレシピを本場トルコよりご紹介します。キョフテとは、羊肉を、玉ねぎ・パセリ・スパイスとともに練った小型ハンバ…

おすすめ記事

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

切る向きでこんなに違う!白菜の千切りの方法。縦と横を上手に使い分け。

昆布の保存。常温でもOKだが冷凍なら更に安心。表面の白い粉は旨味の元

火の通り&味しみがUP!白菜のそぎ切りのやり方。鍋や煮物に便利。

柔らかさ自由自在!白菜の茹で方と茹で時間。おひたしもすぐに完成。

ラクにスルッと!白菜の葉の取り方。葉1枚1枚を簡単に剥がすコツ。

身の方から焼くのが正解!フライパンを使ったアジの開き(干物)の焼き方

こんなに簡単!白菜丸ごとの切り方。切れ目を入れて手で裂くとラクチン。

カットも丸ごともこれで長持ち!白菜の保存方法と賞味期限を解説。

冷凍すれば長持ち!昆布だしの保存方法。冷蔵庫での日持ちは3〜4日。

白菜は洗わない?白菜を洗う必要性と簡単な洗い方。内側は意外ときれい。

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

賢く使い分け!白菜の切り方。鍋や煮物など料理に合ったカット方法を解説

好みが分かれる!白菜の冷凍保存。調理後に冷凍なら食感の変化は少なめ

グリルが一番旨い!アジの開き(干物)の焼き方。焼き時間は5分でOK

1/4株を丸ごと切れる!白菜のざく切り。一番簡単なやり方を解説。

柚子の種で自然派コスメ!柚子化粧水のレシピ。焼酎か日本酒に漬けるだけ

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

熊本を代表する人気の郷土菓子、「いきなり団子」の作り方をご紹介します。輪切りにしたさつまいもとあんこを具材にした、シンプルでありな…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を、きび砂糖のコクのある甘みで補った、風味豊かなパウンドケーキ…

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

さつまいもの素揚げのおすすめレシピをご紹介します。さつまいもを少し太めのスティック状に切って、さっと揚げるだけの簡単レシピ。油で揚…

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

ほっこり身体が温まる、熊本の人気郷土料理、「だご汁(だんご汁)」のレシピをご紹介します。だご汁は、小麦粉と水を練ってのばした団子を…

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

さつまいも好きにおすすめの、熊本天草の郷土料理「がね揚げ」のレシピをご紹介します。がね揚げは、さつまいもを使った昔ながらの天ぷらで…

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

エリンギと豚バラ肉を使った肉巻きのレシピをご紹介します。ご飯がすすむ、王道の甘辛い肉巻きレシピ。エリンギの弾力のある食感としっかり…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベーキングパウダーを加え、ヨーグルトと卵で風味付け。レーズンとく…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ料理は、オリーブオイルやレモンやハーブで風味付けされているも…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えします。ムサカとは、ギリシャやトルコやブルガリアなど、東地中海…

切る向きでこんなに違う!白菜の千切りの方法。縦と横を上手に使い分け。

白菜の千切りの切り方を解説します。千切りとは、食材を「線」のように細く、1〜2ミリくらいの幅に切り分ける方法です。千切りにした白菜…

昆布の保存。常温でもOKだが冷凍なら更に安心。表面の白い粉は旨味の元

昆布の保存方法について解説します。昆布を保存する際のポイントは、次の3点です。乾燥状態の昆布は常温で保存できるが、冷蔵・冷凍ならさ…

火の通り&味しみがUP!白菜のそぎ切りのやり方。鍋や煮物に便利。

白菜のそぎ切り(削ぎ切り)の切り方を解説します。そぎ切りは、その名の通り、食材を削ぐように切り分ける方法です。包丁を斜めに入れると…

柔らかさ自由自在!白菜の茹で方と茹で時間。おひたしもすぐに完成。

白菜の上手な茹で方について解説します。白菜は、芯の部分と葉の部分では、火の通り具合がかなり違います。そのため、柔らかくするのに必要…

ラクにスルッと!白菜の葉の取り方。葉1枚1枚を簡単に剥がすコツ。

白菜の葉を株から1枚ずつ剥がす方法を解説します。白菜の葉は、根元に切れ込みを入れて、そこから外すのが簡単です。この外し方は、キャベ…

身の方から焼くのが正解!フライパンを使ったアジの開き(干物)の焼き方

アジの開き(干物)をフライパンで美味しく焼く方法を解説します。アジの開きをフライパンで焼くメリットは、何と言っても手軽なこと。アジ…

こんなに簡単!白菜丸ごとの切り方。切れ目を入れて手で裂くとラクチン。

白菜丸ごと1株の、上手な切り方を解説します。丸ごとの白菜はかなりサイズが大きいため、切ってから料理に使うのが一般的です。白菜を切る…

カットも丸ごともこれで長持ち!白菜の保存方法と賞味期限を解説。

白菜の保存について解説します。丸ごと1株の白菜はわりと長持ちしますが、切った途端に日持ちしにくくなります。丸ごとの白菜は常温で保存…

冷凍すれば長持ち!昆布だしの保存方法。冷蔵庫での日持ちは3〜4日。

昆布だしの保存方法を解説します。昆布だしは、常温での保存には向きません。また、冷蔵庫で保存したとしても、賞味期限は3〜4日ほどです…

白菜は洗わない?白菜を洗う必要性と簡単な洗い方。内側は意外ときれい。

白菜は、まったく洗わないで使うのは不衛生ですが、一方で、部位によって汚れの付き方に差があります。中側と外側とでは泥などの付き具合が…

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

鮭の美味しい焼き方を解説します。用意する鮭は、塩鮭でも生鮭でもOKです。鮭の切り身を焼いて食べるのなら、魚焼きグリルを使うのが一番…

賢く使い分け!白菜の切り方。鍋や煮物など料理に合ったカット方法を解説

白菜の切り方を解説します。白菜は、芯(軸)の部分と葉の部分とでは、火の通りやすさも食感もかなり違います。芯の部分は、火が通って柔ら…

好みが分かれる!白菜の冷凍保存。調理後に冷凍なら食感の変化は少なめ

白菜を冷凍すると日持ちが大幅にアップします。細かくカットした白菜でも、冷凍することで1ヶ月程度保存することが可能です。また、冷凍し…

グリルが一番旨い!アジの開き(干物)の焼き方。焼き時間は5分でOK

アジの開き(干物)の上手な焼き方を解説します。アジの開きを焼くのなら、グリルを使うのが一番美味しいです。グリルだったら、オーブント…

1/4株を丸ごと切れる!白菜のざく切り。一番簡単なやり方を解説。

白菜のざく切りの切り方を解説します。ざく切りとは、食材を3〜5センチ角くらいの大きさのぶつ切りにする方法です。白菜を食べやすいサイ…

柚子の種で自然派コスメ!柚子化粧水のレシピ。焼酎か日本酒に漬けるだけ

柚子の種を有効活用する方法をご紹介します。柚子の種を利用した、手作り化粧水のレシピです。柚子の種には、水溶性食物繊維の「ペクチン」…

最新記事

王道が旨い!筑前煮の絶品レシピ。福岡のがめ煮の簡単な作り方。

セリが主役!セリパスタのレシピ。鰹節と合わせてペペロンチーノ風。

昔ながらが一番旨い!白菜漬けの漬け方・作り方。絶品漬け物レシピ。

ピシッと旨い!白菜のおひたしレシピ。白だし&鰹節のダブル使い。

華やかな風味!柚子味噌の作り方と使い方。簡単で美味しい5分レシピ。

王道が旨い!筑前煮の絶品レシピ。福岡のがめ煮の簡単な作り方。

筑前煮の簡単で美味しい作り方をご紹介します。筑前煮とは、鶏肉やこんにゃくや里芋など、たくさんの種類の具材を甘辛く煮込んだ煮物のこと…

セリが主役!セリパスタのレシピ。鰹節と合わせてペペロンチーノ風。

セリをたっぷりと使った、セリが主役のパスタレシピをご紹介します。セリにかつお節を合わせた、ペペロンチーノ風のパスタ。セリといえば爽…

昔ながらが一番旨い!白菜漬けの漬け方・作り方。絶品漬け物レシピ。

白菜の旨味が濃く感じられる、美味しい白菜漬けのレシピをご紹介します。白菜の塩漬けを作る際には、余分な水分を取り除くことがとても大切…

ピシッと旨い!白菜のおひたしレシピ。白だし&鰹節のダブル使い。

たっぷりの白菜をモリモリ美味しく食べられる、白菜のお浸しレシピをご紹介します。白菜の味はとても優しくて淡いので、普通におひたしにす…

華やかな風味!柚子味噌の作り方と使い方。簡単で美味しい5分レシピ。

柚子の爽やかな風味をいかした、柚子味噌のレシピをご紹介します。柚子味噌を美味しく作るためのコツは2つあります。1つは、赤味噌を使う…