やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

タラモサラダ(タラモサラタ)の本格レシピ!ギリシャ人気料理の作り方。

投稿日:2019年5月6日 更新日:

タラモサラダ(タラモサラタ)のレシピをご紹介します。
日本でも簡単に作れる、たらこを使ったタラモサラダです。

タラモサラダとは

日本で「タラモサラダ」と言えば、一般的にはたらことジャガイモを使ったサラダという意味で使われていますが、実はたらこは日本独自の代用品。

タラモサラタの本場・ギリシャやトルコでは、「タラモ」というコイやボラなどの卵の塩漬けを使います。
タラモ(taramo)を使うサラダ(salata)なので、「タラモサラタ(taramosalata)」。

使う食材が違うので、当然、味も見た目も、日本のものとは少し異なります。


伝統的なタラモサラタ


こちらは、本場ギリシャの伝統的なタラモサラタです。

色はピンクではなく薄茶色。

また、じゃがいも以外に、ペースト状にしたパンをつなぎにすることの方が多く、なめらかな食感です。

お味の方は、アンチョビペーストを混ぜたようなほのかな風味があり、基本的にはパンや野菜を付けるディップなので、日本のものよりも塩気がずっと効いています。


このような違いがあるものの、「タラモ」自体が日本では入手しづらいので、代わりにたらこを使うのは十分ありです。
「タラモ」を使うよりもマイルドに仕上がるので、日本人にはむしろこちらの方が食べやすいかもしれません。

本場ギリシャ風タラモサラダ

さて、今回ご紹介するのは、ギリシャ風の本格タラモサラダのレシピ。
タラモを使わないので、あくまでギリシャ「風」ですが、本場のレシピにかなり近づけています。

食感がなめらかで、たらこをたっぷり使います。
また、パンなどのディップソースとして使いやすいように、塩気が比較的しっかりめ。

少量の玉ねぎとレモンとオリーブオイルで、フレッシュな風味をプラスします。


なお、この記事は、ギリシャ・クレタ島の古都、ハニヤのベネチアンポートからお届けします。

記事の後半では、本場ギリシャで食べた人気レストランの「タラモサラタ」の様子も合わせてお伝えします。

ギリシャ風タラモサラダ

「本場ギリシャ風タラモサラダ」の作り方です。

たらこの代わりに辛子明太子を使ってアレンジしてもOKです。

材料【2人分:調理時間5分】
茹でたじゃがいも※ 100g
たらこ 100g
玉ねぎ 30g(1/8個)
オリーブオイル 大さじ2
レモン汁 大さじ1/2

※パンの白い部分を水に浸して絞ったもの100gでもOK。パンを使う場合は、下の文中参照。

作り方
  1. 茹でたじゃがいもを潰し、しっかり冷ます。
  2. たらこ・玉ねぎ・オリーブオイル・レモン汁をフードプロセッサーに入れ、ペースト状にする。1を加え、軽く撹拌したらできあがり。


【工程1】
まず、茹でたじゃがいも(100g:約1個分)をフォークなどで軽く潰し、しっかり冷まします。



【工程2】
次に、たらこ(100g)・玉ねぎ(30g:1/8個)・オリーブオイル(大さじ2)・レモン汁(大さじ1/2)をフードプロセッサーに入れ、ペースト状にします。

このタラモサラダは、マヨネーズなしでも作れます。

【調理のポイント】
たらこを少し多めに使い、フードプロセッサーでなめらかな食感にして、本場ギリシャ風に仕上げます。


最後に、じゃがいもを加え、軽く撹拌したら完成です。



仕上がりは、日本のごく一般的な「タラモサラダ」とくらべると、ややゆるめになります。



ディップとしてパンなどに塗りやすい固さで、味もややしっかりめ。

少量加え玉ねぎとレモン&オリーブの風味がとてもよく合いますよ。


じゃがいもの代わりにパンで作る方法


じゃがいもの代わりにパンを使う場合は、まず、パンの内側の部分だけを切り取って、水に軽く浸します。

そして、手で水気をしっかり絞ってから使います。

ちなみに使用するパンは、食パンのような柔らかいものよりも、少しかためのパンの方が美味しいです。

現地ギリシャのパン(写真)は、どれも歯応えがしっかりしています。



ギリシャの「タラモサラタ」は、じゃがいもではなく、パンをつなぎに使う方が多いようです。
ギリシャでは、タラモサラタに限らず、パンを水に浸して柔らかくしてから料理に使うということがよくあります。

パンをつなぎに使う方法は、日本人にはあまり馴染みがないかもしれませんが、食べてみるとけっこうイケます。
じゃがいもと同じような感覚で食べられます。
パンの発酵による風味が加わるので、むしろじゃがいもを使うよりも美味しいかもしれません。

最後に、本場ギリシャの代表的な「タラモサラタ」を写真をもとにご紹介します。

本場ギリシャのタラモサラタ

これは、ギリシャの首都アテネの人気レストラン「Diodos Agoras」の定番メニューのタラモサラタ。

すでにお伝えした通り、本場ギリシャのタラモサラタは、タラコではなくコイやボラの卵の塩漬け(タラモ)を使うので、淡い茶色をしています。

ちなみに、写真中央に写っている淡い肌色のものが、ギリシャのスーパーで売られていた「タラモ」です。

本場のタラモサラタは、この魚卵の塩漬けをたっぷり使っているので、塩気がしっかり効いています。
基本的には、パンや野菜に付けていただくお料理です。

このタラモサラタは、アンチョビを混ぜたような風味があり、黒オリーブの実が添えられています。
オレガノとオリーブオイルで風味付けした、平焼きのカリッとしたパンと一緒にいただきます。



こちらは、ギリシャのサントリーニ島の人気レストラン「The Greeks」の看板メニューの「タラモサラタ」。

先にお伝えしたアテネのタラモサラタよりも、さらに塩気と酸味が効いていて、発酵させたような魚の風味がはっきりと感じられます。

このお店では、パンと合わせていただくようになっています。

以上、タラモサラタの作り方を現地ギリシャの情報とともにお伝えしました。


ところで当サイトでは、現地ギリシャでの経験をもとに、ギリシャ料理やギリシャの観光スポットについて、別記事で詳しく解説しています。
次の記事もあわせてご覧ください。

関連記事

ギリシャサラダのレシピ。フェタチーズたっぷり!本格グリークサラダ。

ギリシャサラダ(グリークサラダ)のレシピを、現地ギリシャの情報を交えて詳しくお伝えします。ギリシャサラダとは、ギリシャ産の「フェタ…

ギリシャヨーグルトの作り方とおすすめレシピ!市販品の味の違いも解説。

ギリシャヨーグルト(グリークヨーグルト)の作り方と、それを使った料理のおすすめレシピを、本場ギリシャの情報を交えて詳しくご紹介しま…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ料理は、オリーブオイルやレモンやハーブで風味付けされているも…

フェタチーズはギリシャの国民的チーズ。食べ方や保存など徹底解説!

ギリシャの伝統的なチーズ、フェタチーズについて、現地での経験を踏まえて分かりやすく解説します。フェタチーズの保存や塩抜き、フェタチ…

ファラフェルの簡単レシピ!中東生まれのひよこ豆コロッケの作り方。

ファラフェル(Falafel)のレシピをご紹介します。ファラフェルとは、イスラエルやアラブ諸国・トルコなど中東一帯で食べられている…

ザジキの作り方と食べ方。ギリシャ料理の定番ソースのレシピを徹底解説!

ザジキ(tzatziki sauce)の作り方と美味しい食べ方を、本場ギリシャの情報を交えながら詳しくご紹介します。ザジキとは、き…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味…

インドのヨーグルトを現地から徹底解説!ダヒの作り方と使い方。

インドヨーグルトの作り方や食べ方を、現地インドから詳しくご紹介します。ヨーグルトは、インドでは「ダヒ(Dahi)」と呼ばれています…

おすすめ記事

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

切る向きでこんなに違う!白菜の千切りの方法。縦と横を上手に使い分け。

昆布の保存。常温でもOKだが冷凍なら更に安心。表面の白い粉は旨味の元

火の通り&味しみがUP!白菜のそぎ切りのやり方。鍋や煮物に便利。

まろやかな味わい!南蛮酢のレシピ。酸味と甘みを抑えた優しい味付け。

ラクにスルッと!白菜の葉の取り方。葉1枚1枚を簡単に剥がすコツ。

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

こんなに簡単!白菜丸ごとの切り方。切れ目を入れて手で裂くとラクチン。

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方と戻し率。基本の水戻しから時短まで。

冷凍すれば長持ち!昆布だしの保存方法。冷蔵庫での日持ちは3〜4日。

白菜は洗わない?白菜を洗う必要性と簡単な洗い方。内側は意外ときれい。

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

賢く使い分け!白菜の切り方。鍋や煮物など料理に合ったカット方法を解説

旨味が濃いのはコレ!しいたけのフライパンを使った焼き方。塩が秘訣

1/4株を丸ごと切れる!白菜のざく切り。一番簡単なやり方を解説。

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

熊本を代表する人気の郷土菓子、「いきなり団子」の作り方をご紹介します。輪切りにしたさつまいもとあんこを具材にした、シンプルでありな…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を、きび砂糖のコクのある甘みで補った、風味豊かなパウンドケーキ…

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

さつまいもの素揚げのおすすめレシピをご紹介します。さつまいもを少し太めのスティック状に切って、さっと揚げるだけの簡単レシピ。油で揚…

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

ほっこり身体が温まる、熊本の人気郷土料理、「だご汁(だんご汁)」のレシピをご紹介します。だご汁は、小麦粉と水を練ってのばした団子を…

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

さつまいも好きにおすすめの、熊本天草の郷土料理「がね揚げ」のレシピをご紹介します。がね揚げは、さつまいもを使った昔ながらの天ぷらで…

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

エリンギと豚バラ肉を使った肉巻きのレシピをご紹介します。ご飯がすすむ、王道の甘辛い肉巻きレシピ。エリンギの弾力のある食感としっかり…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベーキングパウダーを加え、ヨーグルトと卵で風味付け。レーズンとく…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ料理は、オリーブオイルやレモンやハーブで風味付けされているも…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えします。ムサカとは、ギリシャやトルコやブルガリアなど、東地中海…

切る向きでこんなに違う!白菜の千切りの方法。縦と横を上手に使い分け。

白菜の千切りの切り方を解説します。千切りとは、食材を「線」のように細く、1〜2ミリくらいの幅に切り分ける方法です。千切りにした白菜…

昆布の保存。常温でもOKだが冷凍なら更に安心。表面の白い粉は旨味の元

昆布の保存方法について解説します。昆布を保存する際のポイントは、次の3点です。乾燥状態の昆布は常温で保存できるが、冷蔵・冷凍ならさ…

火の通り&味しみがUP!白菜のそぎ切りのやり方。鍋や煮物に便利。

白菜のそぎ切り(削ぎ切り)の切り方を解説します。そぎ切りは、その名の通り、食材を削ぐように切り分ける方法です。包丁を斜めに入れると…

まろやかな味わい!南蛮酢のレシピ。酸味と甘みを抑えた優しい味付け。

かんたんで美味しい南蛮漬のレシピをご紹介します。「南蛮酢」とは、南蛮漬けに使われる甘酸っぱいタレのこと。市販品もありますが、自宅で…

ラクにスルッと!白菜の葉の取り方。葉1枚1枚を簡単に剥がすコツ。

白菜の葉を株から1枚ずつ剥がす方法を解説します。白菜の葉は、根元に切れ込みを入れて、そこから外すのが簡単です。この外し方は、キャベ…

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

人参の美味しい茹で方と茹で時間を解説します。人参は、水の状態で鍋に入れて、じわじわと温度を上げていくと、中心部分まで均一に火が入り…

こんなに簡単!白菜丸ごとの切り方。切れ目を入れて手で裂くとラクチン。

白菜丸ごと1株の、上手な切り方を解説します。丸ごとの白菜はかなりサイズが大きいため、切ってから料理に使うのが一般的です。白菜を切る…

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方と戻し率。基本の水戻しから時短まで。

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方を解説します。刻み昆布とは、乾燥させた昆布を細切りにしたもののことで、切り昆布と呼ばれることもあり…

冷凍すれば長持ち!昆布だしの保存方法。冷蔵庫での日持ちは3〜4日。

昆布だしの保存方法を解説します。昆布だしは、常温での保存には向きません。また、冷蔵庫で保存したとしても、賞味期限は3〜4日ほどです…

白菜は洗わない?白菜を洗う必要性と簡単な洗い方。内側は意外ときれい。

白菜は、まったく洗わないで使うのは不衛生ですが、一方で、部位によって汚れの付き方に差があります。中側と外側とでは泥などの付き具合が…

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

鮭の美味しい焼き方を解説します。用意する鮭は、塩鮭でも生鮭でもOKです。鮭の切り身を焼いて食べるのなら、魚焼きグリルを使うのが一番…

賢く使い分け!白菜の切り方。鍋や煮物など料理に合ったカット方法を解説

白菜の切り方を解説します。白菜は、芯(軸)の部分と葉の部分とでは、火の通りやすさも食感もかなり違います。芯の部分は、火が通って柔ら…

旨味が濃いのはコレ!しいたけのフライパンを使った焼き方。塩が秘訣

フライパンを使った、しいたけの上手な焼き方をご紹介します。しいたけを焼く方法としてはトースターやグリルなどもありますが、その中で、…

1/4株を丸ごと切れる!白菜のざく切り。一番簡単なやり方を解説。

白菜のざく切りの切り方を解説します。ざく切りとは、食材を3〜5センチ角くらいの大きさのぶつ切りにする方法です。白菜を食べやすいサイ…

最新記事

昔ながらが一番旨い!白菜漬けの漬け方・作り方。絶品漬け物レシピ。

華やかな風味!柚子味噌の作り方と使い方。簡単で美味しい5分レシピ。

こってり甘辛!せりと豚肉の炒め物レシピ。さっと炒めてシャキシャキ食感

手軽に美味しく長期保存!柚子の砂糖漬け。余った柚子の使い切りレシピ。

極上和風仕上げ!菜の花スープのレシピ。海苔の風味が好相性。

昔ながらが一番旨い!白菜漬けの漬け方・作り方。絶品漬け物レシピ。

白菜の旨味が濃く感じられる、美味しい白菜漬けのレシピをご紹介します。白菜の塩漬けを作る際には、余分な水分を取り除くことがとても大切…

華やかな風味!柚子味噌の作り方と使い方。簡単で美味しい5分レシピ。

柚子の爽やかな風味をいかした、柚子味噌のレシピをご紹介します。柚子味噌を美味しく作るためのコツは2つあります。1つは、赤味噌を使う…

こってり甘辛!せりと豚肉の炒め物レシピ。さっと炒めてシャキシャキ食感

せり(芹)の風味と食感をいかした、ご飯によく合う炒め物の作り方をご紹介します。せりと豚肉を具材にした、味噌炒めのレシピです。スーパ…

手軽に美味しく長期保存!柚子の砂糖漬け。余った柚子の使い切りレシピ。

柚子の砂糖漬けのレシピをご紹介します。生の柚子をそのまま食べると酸味と苦味が気になりますが、砂糖に漬けることで食べやすさが大幅にア…

極上和風仕上げ!菜の花スープのレシピ。海苔の風味が好相性。

菜の花を使った風味豊かなスープの作り方をご紹介します。菜花と焼き海苔を具材に使ったスープのレシピ。お好みで、柚子の皮か、生姜か、小…