やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

じゃがいもの保存方法と保存期間!冷凍・冷蔵・常温の使い分け。

投稿日:2019年11月7日 更新日:

じゃがいものおすすめの保存方法と保存期間をご紹介します。

じゃがいもは、野菜の中では、比較的「常温」での保存に向いた食材です。

涼しい季節であれば、丸ごとのじゃがいもを冷暗所で保存すればOK。
2〜3ヶ月日持ちするので、大量のじゃがいもを購入した場合も安心です。

じゃがいもの長期保存なら冷蔵庫

また、じゃがいもは、冷蔵庫に入れることでさらに長期間保存できます。

「冷蔵」での保存期間は6ヶ月です。

ただし、既に切ってしまったじゃがいもや皮をむいたじゃがいもは、冷凍しないと長期保存できません。

じゃがいもは冷凍もできる

じゃがいもを「冷凍」した場合の日持ちは、冷蔵や常温よりも短くて、だいたい1ヶ月ほどです。

ただ、冷凍にもメリットがあって、丸ごとでも切ったものでも加熱後でも、気にせず何でも保存できます。

そのうえ、使うときにわざわざ解凍する必要がなく、他の食材と一緒に加熱するだけなので、意外と便利ですよ。

冷凍じゃがいもの特徴

ちなみに、冷凍じゃがいもには、生のじゃがいもとくらべて、火の通りが良いというメリットもあります。
一方で、ホクホクした食感を感じにくくなり、ややねっとりとした歯ごたえが出やすいです。


じゃがいもの常温保存

丸ごとのじゃがいもの常温保存期間:2〜3ヶ月

生のじゃがいもを保存するのなら、常温保存が一番手軽です。

新聞紙で包んで冷暗所

じゃがいもを常温保存する場合は、新聞紙で軽く包み、直射日光が当たらない気温が低い屋内に置きます。

このとき、じゃがいもに土が付いていても、洗わずにそのまま保存するのがおすすめです。
その方が日持ちしやすくなります。

保存場所としては、例えば、キッチンの収納棚やシンクの下などが挙げられます。
また、階段下収納も悪くありません。

新聞紙がない場合は、紙袋や段ボールに入れてもOKです。
特別な保存容器を用意する必要はありません。

じゃがいもは、屋外など光が当たる場所に放置すると、芽がでやすくなったり、表皮が緑色に変色しやすくなります。
ですから、自然光にも人工光にも当たらない暗いところで保存するのがポイントです。

ただし、夏季などの暑い時期に限っては、後ほど紹介する冷蔵保存の方が安心です。

りんごと保存すると芽が出にくい

ちなみに、保存の際にりんごを一緒に入れておくと、りんごから出るエチレンガスによって、じゃがいもの発芽を抑えることができます。

じゃがいもの冷蔵保存

丸ごとのじゃがいもの冷蔵保存期間:6ヶ月

手軽さで言えば常温保存ですが、じゃがいもを長期間保存したいのなら、冷蔵庫に入れるのがおすすめです。

また、夏場の蒸し暑い季節にも、冷蔵保存の方が向いています。

実際に、じゃがいも農家も、空調設備の付いた業務用の大きな冷蔵施設で出荷前のじゃがいもを保存しているそうです。

新聞紙とビニール袋に入れて冷蔵庫

冷蔵保存する場合は、じゃがいもが冷えすぎないように新聞紙で包み、ビニール袋に入れて軽く口を閉じます。

丸ごとのじゃがいもの日持ちは6ヶ月ほど。
これだけ長くできれば、じゃがいもをわざわざ保存食に加工する必要もなさそうです。

冷蔵室に入れると甘みが増す

なお、じゃがいもの冷蔵保存は、味の面でもメリットがあります。

じゃがいもは、冷蔵室で保存すると糖度が2倍にアップするのだとか。
凍らないように防御する作用が働き、ブドウ糖を作り出すためだそうです。

冷蔵室は3〜6度くらいに設定されていますが、野菜室は、それよりも高い4〜7度くらいに設定されています。
ですから、糖度を重視するなら野菜室よりも冷蔵室の方が適していると言えます。

ただし、じゃがいもが凍ってしまうと糖が増えないので、甘みを出したい場合は、凍る可能性があるチルド室や冷凍室に入れるのはNGです。

野菜室でも長期保存できる

とは言うものの、冷蔵室にまったく空きがないということもあると思います。

そんな場合は、野菜室でももちろんOK。
保存期間は、冷蔵室でも野菜室でも変わりません。


切ったじゃがいも&茹でじゃがいもの冷蔵

切ったじゃがいもの冷蔵保存期間:3〜4日

切ったじゃがいもや、加熱調理したじゃがいもは、冷蔵してもあまり日持ちしません。

切ったじゃがいもは、ラップで包んだうえで1週間、茹でたじゃがいもにいたっては、ラップで包んだうえで2〜3日と考えてください。

これらを長期保存するのなら、冷凍の方がおすすめです。


じゃがいもの冷凍保存

じゃがいもの冷凍保存期間:1ヶ月

スライスしたじゃがいもや茹でたじゃがいもも、冷凍することで長期間保存することができます。

冷凍した場合の日持ちは、だいたい1ヶ月です。


生のじゃがいもの冷凍保存の仕方

生のままのじゃがいもを切ってから冷凍する場合は、解凍後にどのような料理にするかを考えたうえで切るのがおすすめです。

たとえば、肉じゃがにするのなら一口大。
フライドポテトにするのなら棒状。
茹でて使うのなら、火が通りやすいように薄い輪切りなど。

いずれかの方法で切り分けて、保存袋に入れ、中の空気を抜いて冷凍庫に入れます。

冷凍前に水にさらすのがおすすめ
ちなみに、切ったあとにいちど水にさらしておくと、変色を防ぐことができますし、煮崩れ防止にもなります。

じゃがいもを水にさらす方法と理由

解凍せずに料理に使える

凍ったじゃがいもを料理に使う際には、解凍は不要です。
凍ったままの状態で、鍋に入れて煮たり、揚げたりすることができます。
また、冷凍じゃがいもは、生のじゃがいもと比べて、火の通りがずっと良いので、調理時間が大幅に時短になります。

ただ、生のじゃがいもを冷凍すると、ホクホクした食感を感じにくくなり、また、ねっとりとした食感がやや出やすくなります。
そうした食感の変化が気になる場合は、加熱調理したうえで、マッシュポテトなどに加工して冷凍するのがおすすめです。


加熱したじゃがいもの冷凍保存の仕方

また、じゃがいもは、加熱してから冷凍することもできます。
こちらも、保存期間は1ヶ月。

調理した後に冷凍するメリットは、解凍後にすぐに食べられることです。

例えば、あらかじめマッシュしておけば、自然解凍して味付けするだけで「マッシュポテト」として食べられますし、ポテトサラダやコロッケ、さらに「いももち」にすることもできます。

これらを解凍する際には、自然解凍かレンジがおすすめです。

ところで、当サイトでは、他にもじゃがいもの「茹で方」や「レンチンする方法」も紹介しています。

じゃがいもを加熱調理する際の参考にしてください。


以上、じゃがいもの保存方法をお伝えしました。

じゃがいもは常温でもかなり日持ちするので、便利な食材ですよ。

人気レシピ集食材

じゃがいものレシピ(20品)

関連記事

ぶどうの保存方法。冷凍してお手軽スイーツ!冷蔵庫での保存期間も解説。

ぶどうは常温での保存が向いていないので、買ったらすぐに冷蔵庫に入れます。冷蔵庫での保存期間は1週間程度。ただし、パックごと保存する…

ひじきは冷凍できる!煮物にして冷凍保存もOK。冷蔵保存期間も解説。

ひじきの保存について解説します。ひじきの冷凍と冷蔵についてです。

パプリカの保存方法と日持ち!冷凍・冷蔵・常温の賢い使い分け。

パプリカの保存方法をご紹介します。お伝えするのは、常温・冷凍・冷蔵の3パターンの保存方法です。パプリカは、常温での保存もOK。1個…

にんにくの保存方法。チルド室で冷蔵が長持ち!保存期間も解説。

にんにくの保存方法をご紹介します。にんにくは、常温でも保存ができます。常温での保存期間は、1ヶ月くらいが目安です。ただし、より長持…

開封後は冷凍がベスト!パン粉の保存方法。冷凍・冷蔵の賞味期限も解説。

パン粉を長持ちさせたいのなら、冷凍庫で保存するのが一番おすすめです。パン粉は、冷凍してもカチカチにならないので、冷凍庫から出してす…

ちくわは冷凍できる。冷凍保存方法と冷蔵庫での保存期間を解説。

ちくわは、常温保存には向かない食品です。ちくわを入手したらすぐに冷蔵庫へ。冷蔵保存だったら4〜5日をめどに、賞味期限内に食べ切って…

油揚げの冷凍保存方法。臭いを抑えるコツと保存期間!冷蔵・常温も解説。

油揚げの冷凍保存と冷蔵保存の方法をご紹介します。油揚げは、冷凍保存すると、1ヶ月ほど日持ちします。冷凍の際には、あらかじめ軽く油抜…

ほうれん草の冷凍保存。美味しさと栄養をキープ!上手な保存方法を紹介。

ほうれん草の上手な保存方法をご紹介します。ほうれん草は、冷凍することで長期間保存ができます。生のまま冷凍保存してもいいですし、茹で…

おすすめ記事

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

切る向きでこんなに違う!白菜の千切りの方法。縦と横を上手に使い分け。

昆布の保存。常温でもOKだが冷凍なら更に安心。表面の白い粉は旨味の元

火の通り&味しみがUP!白菜のそぎ切りのやり方。鍋や煮物に便利。

まろやかな味わい!南蛮酢のレシピ。酸味と甘みを抑えた優しい味付け。

ラクにスルッと!白菜の葉の取り方。葉1枚1枚を簡単に剥がすコツ。

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

こんなに簡単!白菜丸ごとの切り方。切れ目を入れて手で裂くとラクチン。

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方と戻し率。基本の水戻しから時短まで。

冷凍すれば長持ち!昆布だしの保存方法。冷蔵庫での日持ちは3〜4日。

白菜は洗わない?白菜を洗う必要性と簡単な洗い方。内側は意外ときれい。

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

賢く使い分け!白菜の切り方。鍋や煮物など料理に合ったカット方法を解説

旨味が濃いのはコレ!しいたけのフライパンを使った焼き方。塩が秘訣

1/4株を丸ごと切れる!白菜のざく切り。一番簡単なやり方を解説。

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

熊本を代表する人気の郷土菓子、「いきなり団子」の作り方をご紹介します。輪切りにしたさつまいもとあんこを具材にした、シンプルでありな…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を、きび砂糖のコクのある甘みで補った、風味豊かなパウンドケーキ…

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

さつまいもの素揚げのおすすめレシピをご紹介します。さつまいもを少し太めのスティック状に切って、さっと揚げるだけの簡単レシピ。油で揚…

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

ほっこり身体が温まる、熊本の人気郷土料理、「だご汁(だんご汁)」のレシピをご紹介します。だご汁は、小麦粉と水を練ってのばした団子を…

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

さつまいも好きにおすすめの、熊本天草の郷土料理「がね揚げ」のレシピをご紹介します。がね揚げは、さつまいもを使った昔ながらの天ぷらで…

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

エリンギと豚バラ肉を使った肉巻きのレシピをご紹介します。ご飯がすすむ、王道の甘辛い肉巻きレシピ。エリンギの弾力のある食感としっかり…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベーキングパウダーを加え、ヨーグルトと卵で風味付け。レーズンとく…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ料理は、オリーブオイルやレモンやハーブで風味付けされているも…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えします。ムサカとは、ギリシャやトルコやブルガリアなど、東地中海…

切る向きでこんなに違う!白菜の千切りの方法。縦と横を上手に使い分け。

白菜の千切りの切り方を解説します。千切りとは、食材を「線」のように細く、1〜2ミリくらいの幅に切り分ける方法です。千切りにした白菜…

昆布の保存。常温でもOKだが冷凍なら更に安心。表面の白い粉は旨味の元

昆布の保存方法について解説します。昆布を保存する際のポイントは、次の3点です。乾燥状態の昆布は常温で保存できるが、冷蔵・冷凍ならさ…

火の通り&味しみがUP!白菜のそぎ切りのやり方。鍋や煮物に便利。

白菜のそぎ切り(削ぎ切り)の切り方を解説します。そぎ切りは、その名の通り、食材を削ぐように切り分ける方法です。包丁を斜めに入れると…

まろやかな味わい!南蛮酢のレシピ。酸味と甘みを抑えた優しい味付け。

かんたんで美味しい南蛮漬のレシピをご紹介します。「南蛮酢」とは、南蛮漬けに使われる甘酸っぱいタレのこと。市販品もありますが、自宅で…

ラクにスルッと!白菜の葉の取り方。葉1枚1枚を簡単に剥がすコツ。

白菜の葉を株から1枚ずつ剥がす方法を解説します。白菜の葉は、根元に切れ込みを入れて、そこから外すのが簡単です。この外し方は、キャベ…

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

人参の美味しい茹で方と茹で時間を解説します。人参は、水の状態で鍋に入れて、じわじわと温度を上げていくと、中心部分まで均一に火が入り…

こんなに簡単!白菜丸ごとの切り方。切れ目を入れて手で裂くとラクチン。

白菜丸ごと1株の、上手な切り方を解説します。丸ごとの白菜はかなりサイズが大きいため、切ってから料理に使うのが一般的です。白菜を切る…

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方と戻し率。基本の水戻しから時短まで。

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方を解説します。刻み昆布とは、乾燥させた昆布を細切りにしたもののことで、切り昆布と呼ばれることもあり…

冷凍すれば長持ち!昆布だしの保存方法。冷蔵庫での日持ちは3〜4日。

昆布だしの保存方法を解説します。昆布だしは、常温での保存には向きません。また、冷蔵庫で保存したとしても、賞味期限は3〜4日ほどです…

白菜は洗わない?白菜を洗う必要性と簡単な洗い方。内側は意外ときれい。

白菜は、まったく洗わないで使うのは不衛生ですが、一方で、部位によって汚れの付き方に差があります。中側と外側とでは泥などの付き具合が…

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

鮭の美味しい焼き方を解説します。用意する鮭は、塩鮭でも生鮭でもOKです。鮭の切り身を焼いて食べるのなら、魚焼きグリルを使うのが一番…

賢く使い分け!白菜の切り方。鍋や煮物など料理に合ったカット方法を解説

白菜の切り方を解説します。白菜は、芯(軸)の部分と葉の部分とでは、火の通りやすさも食感もかなり違います。芯の部分は、火が通って柔ら…

旨味が濃いのはコレ!しいたけのフライパンを使った焼き方。塩が秘訣

フライパンを使った、しいたけの上手な焼き方をご紹介します。しいたけを焼く方法としてはトースターやグリルなどもありますが、その中で、…

1/4株を丸ごと切れる!白菜のざく切り。一番簡単なやり方を解説。

白菜のざく切りの切り方を解説します。ざく切りとは、食材を3〜5センチ角くらいの大きさのぶつ切りにする方法です。白菜を食べやすいサイ…

最新記事

昔ながらが一番旨い!白菜漬けの漬け方・作り方。絶品漬け物レシピ。

華やかな風味!柚子味噌の作り方と使い方。簡単で美味しい5分レシピ。

こってり甘辛!せりと豚肉の炒め物レシピ。さっと炒めてシャキシャキ食感

手軽に美味しく長期保存!柚子の砂糖漬け。余った柚子の使い切りレシピ。

極上和風仕上げ!菜の花スープのレシピ。海苔の風味が好相性。

昔ながらが一番旨い!白菜漬けの漬け方・作り方。絶品漬け物レシピ。

白菜の旨味が濃く感じられる、美味しい白菜漬けのレシピをご紹介します。白菜の塩漬けを作る際には、余分な水分を取り除くことがとても大切…

華やかな風味!柚子味噌の作り方と使い方。簡単で美味しい5分レシピ。

柚子の爽やかな風味をいかした、柚子味噌のレシピをご紹介します。柚子味噌を美味しく作るためのコツは2つあります。1つは、赤味噌を使う…

こってり甘辛!せりと豚肉の炒め物レシピ。さっと炒めてシャキシャキ食感

せり(芹)の風味と食感をいかした、ご飯によく合う炒め物の作り方をご紹介します。せりと豚肉を具材にした、味噌炒めのレシピです。スーパ…

手軽に美味しく長期保存!柚子の砂糖漬け。余った柚子の使い切りレシピ。

柚子の砂糖漬けのレシピをご紹介します。生の柚子をそのまま食べると酸味と苦味が気になりますが、砂糖に漬けることで食べやすさが大幅にア…

極上和風仕上げ!菜の花スープのレシピ。海苔の風味が好相性。

菜の花を使った風味豊かなスープの作り方をご紹介します。菜花と焼き海苔を具材に使ったスープのレシピ。お好みで、柚子の皮か、生姜か、小…