やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

じゃがいもを茹でるならこの方法!茹で方&茹で時間を分かりやすく解説。

投稿日:2019年3月19日 更新日:

じゃがいものおすすめの茹で方をご紹介します。

紹介するのは、鍋を使った茹で方を2つと、レンジを使った茹で方を1つです。
また、記事の最後には、茹でたじゃがいもを使ったおすすめ料理のレシピもお伝えします。

基本は丸ごと茹でる

じゃがいもを鍋で茹でるのなら、皮付きの丸ごとを水から加熱するのがおすすめです。

茹で時間は沸騰してから20分〜25分くらいかかりますが、じっくりと加熱することで均等に火が通りますし、じゃがいもの甘みも引き出されます。
また、皮付きのまま加熱するので、栄養も逃しにくくなります。

切ってから茹でる方法もある

鍋を使って急ぎで調理したいという場合には、じゃがいもを切ってから茹でるという方法もあります。
だいたい6分〜8分くらいで火が通るので、早く茹で上がるという意味では便利です。

ただ、茹でる際に栄養が流れ出やすくなるという側面もあります。
また、仕上がりも少し水っぽくなりがち。

そうした点をカバーしつつ、なおかつ時短で仕上げるには、次にご紹介するレンジを使う方法がおすすめです。

時短ならレンジがおすすめ

電子レンジでじゃがいもをチンすると、水にさらさないので、栄養を逃しません。
しかも、じゃがいも1個につき3分くらいで加熱できます。

鍋で丸ごと茹でた場合に比べるとじゃがいもの甘みはすこし控えめですが、十分美味しくいただけます。

じゃがいもを鍋で茹でる

それでは、鍋を使ってじゃがいもを茹でる方法をご紹介します。

丸ごと茹でる

まずは、丸ごとのじゃがいもを鍋で茹でる方法からです。
丸ごとのじゃがいもを、皮を剥かずに、水から茹でる方法。

最初に、この方法のメリットをお伝えします。

皮付きのまま丸ごと茹でるメリット

じゃがいもを皮付きのまま丸ごと茹でる理由は、ビタミンCなどの栄養の流失を防ぐためです。

料理本のベストセラー、「その調理、栄養の9割捨ててます!」によると、じゃがいもは実はビタミンCが豊富。
みかんと同程度のビタミンCが含まれています。

でも、皮をむいたり、細かく切ったりしてから茹でると、4〜5割ものビタミンCが流出してしまうそうですよ。

水から茹でるメリット

じゃがいもを水から茹でる理由は、内部と表面になるべく均等に火を通して、煮崩れを防ぐためです。

湯からじゃがいもを茹でて、内部にまでしっかり火を通そうとすると、逆に表面を加熱しすぎてしまいます。
そうなると、細胞同士をくっつけているペクチンという成分の働きが弱くなるので、表面からボロボロとじゃがいもが崩れる可能性が高いです。

理想を言えば、最初から弱火でじっくりコトコト茹でるのがベストですが、休みの日でもなかなかそんな余裕はないですよね。

ですから、当サイトでは、じゃがいもを火にかけ、沸騰しそうになったら火を弱めるという加熱の仕方をおすすめしています。
そのやり方でも、煮崩れの心配はほぼないです。


続いて、具体的な茹で方をご紹介します。

じゃがいもの個数はお好みです。
じゃがいもが完全にかぶるくらいの水を使えば、いくつでもOKです。

材料【調理時間25〜30分】
じゃがいも 好みの個数
作り方
  1. じゃがいもを鍋に入れ、かぶるくらいの水を注ぎ、火にかける。
  2. 沸騰したら火を弱め、フツフツした状態を保ちながら20〜25分茹でる。
    竹串がすっと通るようになったらできあがり。
  3. アツアツのじゃがいもを30秒ほど冷水に浸すと、皮がむきやすくなる。

写真をもとにレシピを説明します。


【工程1】
まず、じゃがいも(好みの個数)を鍋に入れ、かぶるくらいの水を注ぎ、火にかけます。

水の量は、じゃがいもが完全に浸かるくらい使ってください。



【工程2】
沸騰したら、弱めの中火〜中火くらいに火を落とし、そのまま20〜25分茹でます。

この間は、あまりグラグラ沸騰させないようにします。
鍋の中が常に静かにフツフツしているくらいの火加減を保ちます。



竹串がすっと通るようになったら茹で上がりです。



皮をむく場合は、じゃがいもが熱いうちに冷水に30秒ほど浸すと、むきやすくなります。



じゃがいもの芽はスプーンなどで取り除いてください。

切ってから茹でる

次にご紹介するのは、じゃがいもを切ってから茹でる方法です。

この方法には、栄養や旨味が湯に溶け出しやすくなるというデメリットがありますが、鍋を使って短時間で火を通したい時には便利です。


【工程1】
まず、じゃがいもの皮をむき、適当な大きさに切ります。

この時、じゃがいもの芽も、包丁で取り除きます。
皮は残しておいてもOKです。



【工程2】
次に、じゃがいもを鍋に入れ、かぶるくらいの水を注ぎ、火にかけます。

お好みで塩(少々)を加えると、切って茹でた場合でも、じゃがいもの甘みが比較的出やすいです。



沸騰したら火を弱め、静かにフツフツした状態を保ちながら、6〜8分茹でます。



ザルに上げ、水気を切ったら完成です。

これをマッシュすれば、ポテトサラダもすぐに作れます。

じゃがいもをレンジで茹でる

続いて、じゃがいもをレンジで加熱する方法をご紹介します。

じゃがいもを時短調理したい場合には、切ったじゃがいもを鍋で茹でるよりも、こちらの方法がおすすめです。
湯にさらさないので、栄養や旨味の流出が抑えることができるからです。

ちなみに、下のレシピはじゃがいも1個分になっていますが、複数個を一度にチンすることもできます。
加熱時間は、じゃがいもの量に応じて2倍3倍と増やせばOKです。

材料【1個分:調理時間3分】
じゃがいも 1個(150g)
小さじ1/2
作り方
  1. じゃがいもの皮をむき、適当な大きさに切る。
  2. じゃがいもを耐熱皿にのせ、水をかけてラップをする。
    1個(150g)につき、電子レンジ(600w)で3分加熱したらできあがり。


【工程1】
まず、皮をむいて適当な大きさに切ったじゃがいもを耐熱皿にのせ、水(小さじ1/2)を回しかけます。

水を少しかけると、じゃがいもがしっとり仕上がります。



そしてラップをかぶせ、1個(150g)につき、電子レンジ(600w)で3分加熱したら完成です。

2個(300g)を加熱する場合は、6分。
じゃがいもの加熱時間は、下の表を目安にしてください。

個数 加熱時間
600w 500w
1個(150g) 3分 3分30秒
2個(300g) 6分 7分10秒
3個(450g) 9分 10分50秒


チンしたじゃがいもは、丸ごと茹でた場合と比べて、甘みがやや出にくいです。
じゃがいもはじっくり時間をかけて火を通した方が甘く仕上がるからです。

とは言え、レンジを使うとたったの3分で柔らかくなるので、忙しい時には便利ですよ。

茹でたじゃがいものレシピ

最後に、ホクホクに茹でたじゃがいもを使ったおすすめレシピをご紹介します。

茹でたじゃがいものレシピ

茹でたじゃがいもを使った料理と言えば、家庭で1番作られているのは、ポテトサラダかもしれません。

シンプルなポテトサラダだったら、茹でたじゃがいもを潰し、ハムやきゅうりやコーンなどお好みの具材を混ぜ、マヨネーズやこしょうで味付けするだけで完成します。

シンプルなのも美味しいですけど、ここではあえて、ちょっと変わったポテサラをご紹介します。

サバ缶を使ったポテトサラダ。
リンク先では、サバ缶をたっぷり加えたポテサラを2品紹介しています。
爽やかな味わいの本格レシピと、こってりとした旨味のある超時短レシピです。

どちらもとても美味しいです。

作り方を見る

茹でたじゃがいものレシピ

ちょっと変わったポテトサラダのレシピをもう1品。

こちらはマヨネーズを一切使わず、たくあんを具材に加えた和風ポテサラです。

たくあんの食感が良いアクセントになります。

作り置き
料理研究家の栗原心平さんのレシピ
30分
ジャガイモキュウリタクアン大葉すし酢サラダ油砂糖

作り方を見る

茹でたじゃがいものレシピ

茹でたじゃがいもを使った料理だったら、コロッケも外せません。

こちらは、丸めもせず、また、揚げもせずに作れる超時短コロッケ。
スプーンで掻き出すようにして食べることから、「スコップコロッケ」という名前が付いています。

茹でたじゃがいもさえあれば、調理はとても簡単。
ひき肉や玉ねぎを炒めてじゃがいもに混ぜ、パン粉とオリーブオイルをかけ、オーブンで焼くだけです。

25分
ひき肉玉ネギジャガイモコショウみりん豆乳オリーブオイルパン粉

作り方を見る

茹でたじゃがいものレシピ

茹でたじゃがいもをもとに、マッシュポテトを作るのもいいですよ。

上の写真は、料理愛好家の平野レミさんが考案した「マッシュポテトツリー」。
このツリーの部分は、茹でたじゃがいもで作ったマッシュポテトでできています。

このマッシュポテトは、クリスマスに限らず、普段のお料理としてもおすすめ。
潰したじゃがいもに、バター・生クリーム・塩こしょうを混ぜたら完成です。

料理愛好家の平野レミさんのレシピ
10分
ジャガイモバター生クリームコショウパプリカピーマンローズマリー焼き海苔

作り方を見る

茹でたじゃがいものレシピ

こちらは、スペイン風オムレツ「トルティージャ」です。

茹でたじゃがいもは、トルティージャのポピュラーな具材。

このレシピでは、じゃがいもを粗めに潰して、卵液に混ぜ込みます。
素朴で優しい味わいと、じゃがいものほどよい食感が魅力的です。

フードコーディネーターの広沢京子さんのレシピ
20分
ジャガイモ玉ネギEXVオリーブオイル

作り方を見る

茹でたじゃがいものレシピ

ポテトチーズもち

最後にご紹介するのは、北海道の郷土料理「いももち」のレシピ。

茹でたじゃがいもを潰し、片栗粉を混ぜて形を整え、甘じょっぱいバター醤油を絡めていただきます。

このいももちは、中にチーズを入れて焼くので、食べ応えがありますよ。

料理研究家の栗原心平さんのレシピ
20分
じゃがいも片栗粉とろけるスライスチーズバター醤油砂糖

作り方を見る

以上、茹でたじゃがいもを使ったおすすめレシピでした。

どれも簡単でとても美味しいですよ。

関連記事

さつまいもの茹で方!茹で時間は何分?時短なら丸ごとよりも切ってから

さつまいもの上手な茹で方をご紹介します。さつまいもは、切ってから茹でる場合と、丸ごと茹でる場合とでは、茹で時間がかなり異なります。例えば、さ…

里芋の茹で方と茹で時間。皮付きと皮なしのそれぞれのメリットとやり方。

里芋(さといも)の上手な茹で方を動画で解説します。里芋は、沸騰した湯に入れるのではなく、水から茹でる方が甘みが出やすいです。茹で時間は、中く…

アスパラの下ごしらえと茹で方。アスパラガスの下処理と茹で時間を解説。

アスパラの下ごしらえの方法と、下処理したアスパラの美味しい茹で方をご紹介します。アスパラの根元部分は硬いので、茹でても柔らかくなりづらいです…

じゃがいもをレンジで蒸す方法。ゆでるより短時間で皮むきも簡単。

じゃがいもを電子レンジで蒸す方法をご紹介します。じゃがいもの茹で方といえば鍋を使うのが定番ですが、レンジで蒸すと、栄養を逃さず摂れるうえに時…

エビの茹で方。エビを上手に茹でる(ボイルする)方法。

エビを茹でる(ボイルする)方法をご紹介します。茹で方のポイントは、殻付きのままのエビを、サッと短時間茹でること。そうすることで、しっとり柔ら…

おすすめ記事

バナナマフィンの簡単レシピ。バナナ×レモンが美味しい!定番の作り方。

バナナマフィンのおすすめレシピをご紹介します。熟した甘いバナナをつかっ…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を…

蒸しパンのレシピ。人気のプレーン蒸しパン!基本の作り方を動画で解説。

蒸しパンの手作りレシピをご紹介します。優しい甘みとふわふわ食感が印象的…

かぼちゃスコーンのレシピ。かぼちゃたっぷり!簡単で美味しい作り方。

かぼちゃをたっぷり使ったスコーンのレシピをご紹介します。レンジで柔らか…

牛乳寒天の作り方。濃厚で柔らか!ミルク100%の水なし簡単レシピ。

味が濃厚で食感の柔らかい、美味しい牛乳寒天(ミルク寒天)の作り方をご紹…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベー…

ささみフライのシンプルレシピ。少ない油で簡単!フライパンでささみカツ

ささみフライの作り方をご紹介します。鶏ささみを使ったカツレツの簡単レシ…

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッ…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えし…

最新記事

鶏胸肉カツのレシピ。叩いてから揚げる!柔らかチキンカツの作り方。

鶏胸肉を使ったチキンカツのおすすめレシピをご紹介します。少ない油で揚げ…

かいわれ大根の味噌汁レシピ。さっと加熱して食感UP!美味しい作り方

かいわれ大根を使った味噌汁のレシピをご紹介します。かいわれの爽やかな風…

塩胡椒だけで旨い!ほうれん草とウインナーソーセージ炒めの簡単レシピ。

ほうれん草とウインナーソーセージを使った、簡単で美味しいおかずレシピを…

かいわれ大根とツナのサラダ。マヨからしで風味UP!簡単2分レシピ。

かいわれ大根とツナを使った、簡単で美味しいサラダのレシピをご紹介します…

ぶりの照り焼きレシピ。フライパンでふっくら美味しく!基本の作り方。

ぶりの照り焼きのレシピをご紹介します。簡単に作れる基本レシピになってい…