粉ふきいもの作り方。シンプルさが人気!じゃがいもの簡単レシピ。

投稿日:2019年11月28日 更新日:

粉ふきいも(こふきいも)

粉ふきいもの基本レシピをご紹介します。

粉ふきいも(こふきいも)とは、じゃがいもを使った家庭料理のひとつ。
じゃがいもを茹でた後に炒って水分を飛ばし、粉が吹いたように仕上げることから、この名前があります。

とてもシンプルなお料理なので、家庭科の調理実習でもお馴染みのメニューです。

粉ふきいもを美味しくするコツ

粉ふきいもを上手に作るポイントは、大きく2つあります。

  • メークインではなく男爵を使う。
  • 切ったじゃがいもを水にさらし過ぎない。

使用するじゃがいもの品種は、ホクホクしたタイプの男爵がおすすめ。

上の2つのポイントを押さえると、粉ふきいもらしい食感が際立ち、とても美味しくなりますよ。

粉吹き芋の作り方

粉ふきいも(こふきいも)のレシピ

「粉ふきいも」のレシピです。

材料【2人分:調理時間20分】
じゃがいも 2個
少々
カロリー
1人分(150g)110kcal

じゃがいもを一口大に切る

【工程1】
まず、じゃがいも(2個)の皮をむき、少し大きめの一口大に切ります。

じゃがいもの皮むき


じゃがいもを水にさらす

次に、じゃがいもをさっと水にさらします。

この工程は、流水で軽く洗う程度でOK。
あまり長時間水にさらし過ぎると、粉ふきいもらしさが失われてしまいます。

【調理のコツ】
じゃがいもをさっと水にさらすと、アクが抜けるので、苦味やエグミが和らいで美味しく仕上がります。

ただ、水に長時間さらしてしまうと、じゃがいものでんぷんが抜け過ぎて、風味やホクホク感が失われます。
ですから、軽く水洗いする程度にします。

じゃがいもを水にさらす理由


じゃがいもと水を鍋に入れる

【工程2】
続いて、じゃがいもを鍋に入れ、かぶるくらいの水を加え、強火にかけます。

じゃがいもは、水から茹でます。


じゃがいもを茹でる

沸騰したら中火に落とし、じゃがいもの表面が少し煮崩れて竹串がすっと通るまで、10〜15分茹でます。

茹でている途中に、アク(白い泡)をお玉などできれいに取り除くと、より美味しく仕上がります。

【調理のコツ】
粉ふきいもは、じゃがいもの表面が少し崩れるくらいまで、やや柔らかめに茹でます。

そうすると、粉ふきいもらしい、粉を吹いたような見た目とホクホク食感が出やすくなります。


じゃがいものゆで汁を捨てる

【工程3】
じゃがいもが茹で上がったら、鍋のフタを少しずらしてかぶせ、ゆで汁を捨てます。

ゆで汁を最後までしっかり切ったら、鍋を再びコンロに戻します。


こふき芋の作り方

最後に、中火にかけ、鍋を軽くゆすりながら水分を飛ばし、粉が吹いたように仕上げます。

鍋をゆすると、じゃがいも同士がぶつかり合って、表面に粉が吹いたようになります。
この工程の説明が分かりにくい場合は、冒頭の動画をご覧ください。

塩(少々)を振ったら完成です。


粉吹き芋(コフキイモ)

塩だけで味付けするシンプルレシピ。
飽きが来ないうえに、じゃがいもの風味とホクホク食感が存分に楽しめます。

お好みで、青のりや粉チーズを加えたり、バター醤油で和えたりしても美味しいです。
お弁当のおかずとしてもおすすめですよ。

粉ふきいもの保存

ところで、こふき芋は出来たてが一番美味しいですけど、作り置きもできます。
日持ちは、冷蔵で3日、冷凍で1ヶ月くらいと考えてください。

冷凍する場合は、保存袋に入れ、中の空気をしっかり抜きます。
解凍は冷蔵庫に移すかレンジで。
じゃがいもを潰して、ポテトサラダやマッシュポテトにアレンジするのもいいですよ。

関連レシピ