じゃがいもと人参のきんぴらレシピ。じゃが&にんじんの甘辛炒め!

投稿日:2020年4月23日 更新日:

じゃがいもとにんじんのきんぴら

人参にんじんとじゃがいもを使ったきんぴらのレシピをご紹介します。

細切りにした人参とじゃがいもをサラダ油で炒め、みりん・砂糖・醤油などで味付けしたお料理です。

じゃがいもと人参を油でコーティングすると、コクが出るうえに、表面の食感がアップして、煮物とはまた違った感覚で食べられます。
醤油ベースの甘辛な味も加わって、とても美味しくいただけますよ。

お弁当のおかずにもおすすめです。

じゃがいもと人参のきんぴら

じゃがいもと人参のきんぴら

「じゃがいもと人参のきんぴら」のレシピです。

材料【4人分:調理時間15分】
じゃがいも 2個(300g程度)
人参 1/2本(75g程度)
サラダ油 大さじ1
白ごま 大さじ1
A
みりん 大さじ1と1/2
醤油 大さじ1
顆粒だしの素 小さじ1/4
50ml
カロリー
1人分117kcal
作り方
  1. 人参を皮ごと5ミリ幅の細切りにし、じゃがいもの皮をむき5ミリ幅の細切りにする。
    Aを混ぜ合わせる。
  2. フライパンにサラダ油を入れ、人参とじゃがいもに油を絡める。弱めの中火でたまに混ぜながら5〜7分炒める。
  3. 火を弱め、Aを回し入れる。3〜4分かけて、じっくり水分を飛ばす。白ごまを振ったらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

きんぴらの人参の切り方

【工程1】
最初に、人参(1/2本:75g程度)を皮ごと5ミリの細切りにします。

細切りにするには、まず、人参を5ミリの斜め薄切りにします。(上の写真)

人参は皮ごと使う

人参は、皮をむかずに、きれいに水洗いして、そのまま使うのがおすすめです。

皮をむいた場合とくらべて、食感がややしっかりめに感じられるという違いはありますが、食費の節約になりますし、調理の時短にも繋がります。

ただ、皮をむいて使ってももちろん構いません。

人参を皮ごと食べるメリット


きんぴらの人参を薄切りにして並べる

次に、薄切りにした人参を少しずらして並べます。


人参を細切りにする

そして、人参を端から5ミリ幅に切ります。

これで人参の細切りはお終いです。

人参の細切りの方法


きんぴらのじゃがいもの切り方

今度は、じゃがいも(2個:300g程度)を切ります。

まず、じゃがいもの皮をむき、5ミリ幅の輪切りにします。
包丁で皮をむくのが面倒な場合は、ピーラーを使うとラクです。

じゃがいもの皮むき(包丁・ピーラー)


きんぴらのじゃがいもを薄切りにして並べる

次に、輪切りにしたじゃがいもを少しずらして並べます。


じゃがいもを細切りにする

あとは、人参と同じように、端から5ミリ幅に切っていくだけです。


きんぴらの味付けの調味料を混ぜる

じゃがいもと人参を切ったら、調味料Aを混ぜておきます。

Aは、みりん(大さじ1と1/2)・醤油(大さじ1)・顆粒だしの素(小さじ1/4)・水(50ml)です。


じゃがいもとにんじんを炒める

【工程2】
下準備が終わったら、フライパンにサラダ油(大さじ1)を入れ、人参とじゃがいもに油を絡め、火にかけます。

そして、フライパンが温まったら(パチパチ音がしてきたら)弱めの中火にし、たまに混ぜながら5〜7分炒めます。

5〜7分炒めると、じゃがいもに薄っすらと焼き色が付き、火が通ります。
加熱時間には少し幅を持たせているので、お好みで調整してください。

加熱時間が分からない時は食べてみる

火が通っているか分からない場合は、少し食べてみるといいです。
生っぽくなければOK。
煮物などとくらべると、食感はややしっかりした仕上がりになります。

火が通っていない場合は、弱火にしたうえで、もう少し加熱してみてください。


人参とじゃがいもに調味料を加える

最後に、火を弱め、あらかじめ混ぜておいた調味料Aを回し入れます。


じゃがいもと人参に味を付ける

そして、3〜4分かけて、じっくり煮詰めます。


にんじんとじゃがいもに白ごまを振る

仕上げに、白ごま(大さじ1)を振ったら完成です。


じゃがいもと人参のきんぴら

水分を飛ばすことで醤油とみりんの味が凝縮されて、優しい甘みとコクのある味に仕上がります。

炒めたじゃがいもの食感は少ししっかりめで、それがまたいい感じ。
煮込んだじゃがいものホクホク感とは違った魅力があります。

最後に白ごまをふるのも大事なポイントで、白ごまのしっかりとした風味が加わることで、味にメリハリがついて、さらに美味しくいただけます。

じゃがいもを使ったきんぴらの、おすすめレシピですよ。

じゃがいもと人参のきんぴらの日持ち

なお、このお料理は、作り置きにも向いています。
日持ちは、冷蔵保存で3〜4日程度と考えてください。

関連レシピ