えのきの味噌汁の作り方。具は豆腐とねぎ!シャキシャキ感が人気のレシピ

投稿日:2020年4月21日 更新日:

えのきの味噌汁

えのき茸をたっぷりと使った味噌汁の作り方をご紹介します。

えのきの他に、豆腐とねぎを具材にしたお味噌汁のレシピです。

豆腐の切り方
絹豆腐の柔らかな口当たりが加わることで、えのきのシャキシャキとした食感が際立ちます。

また、少量の小ねぎをトッピングすることで、香りと辛味がほんのりとプラスされて、全体の味が引き締まります。

一口飲むと、優しい味が身体のなかにじわっと染み渡りますよ。

えのきは短時間で加熱

調理のポイントは、えのきをごく短時間で加熱することです。

えのきの茹で方
火を通しすぎると食感が失われてしまうので、味噌を入れる直前にえのきを加えて、加熱時間を最小限に抑えるのがおすすめです。

えのきの味噌汁

えのきの味噌汁

「えのき茸の味噌汁」のレシピです。

材料【2人分:調理時間4分】
えのきだけ 50g(1/2袋)
絹豆腐 150g(1/2丁)
小ねぎ 適量
味噌 大さじ1と1/3程度
だし汁
だしの素 小さじ1弱
350ml

※かつおだしなど(350ml)でもOK。

作り方
  1. えのきの石づきを取り、3等分に切ってほぐす。豆腐を1センチ角に切り、小ねぎを小口切りにする。
  2. 水・だしの素・豆腐を鍋に入れ、火にかける。沸騰したらえのきを加え、20秒ほどさっと火を通す。
    火を弱め、味噌を溶き入れる。
  3. お椀に注ぎ、小ねぎをのせたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

えのきの切り方

【工程1】
まず、えのき茸(50g:小1/2袋)の石づきを取り、3等分に切ってからほぐします。


豆腐とねぎを切る

そして、絹豆腐(150g:1/2丁)をさいの目(1センチ角)に切り、小ねぎ(適量)を小口切りにします。

豆腐の切り方
豆腐は、慣れてしまえば、手の上で切って直接鍋に入れる方がラクチンです。

豆腐を手の上で切る方法(動画)


鍋にだしの素を加える

次に、水(350ml)とだしの素(小さじ1弱)を鍋に入れ、だし汁を作ります。

かつおだしなどを使ってもOK

ここでは、「ほんだし」などの顆粒だしを使った時短レシピを紹介していますが、かつおぶしや昆布、煮干しなどから本格的なだしを取っても勿論OKです。

また、手軽に美味しいだしを取りたいのなら、だしパックを使うのもおすすめです。

それぞれの作り方は、リンク先を参考にしてください。

かつおだし
かつお&昆布だし
煮干しだし
煮干し&昆布だし


豆腐を鍋で加熱する

続いて、豆腐を加え、火にかけます。


えのきを鍋で加熱する

鍋の中が沸騰したら、えのきを加え、20秒ほどさっと火を通します。

【調理のコツ】
えのきは味噌を入れる直前に加え、ごく短時間でさっと火を通します。

そうすると、えのきのシャキシャキした食感をいかした味噌汁ができます。


えのきの味噌汁に味噌を加える

最後に、火を少し弱め、味噌(大さじ1と1/3程度)を溶き入れます。

味噌の量は、レシピの分量を目安に、お好みで微調整してください。


えのきの味噌汁

【工程3】
味噌汁をお椀に注ぎ、小ねぎをのせたら完成です。

えのきには汁がたっぷりと染み込んでいて、噛むとシャキシャキ。
豆腐のふんわりとした食感との対比がいい感じです。

また、ねぎの風味も良いアクセントになって、全体の味が上手にまとまります。

えのきと豆腐とねぎは王道の組み合わせですが、その分、安定感のある美味しさ。
えのきの味噌汁のおすすめレシピです。

ダイエットにもおすすめの味噌汁

ちなみに、えのきは、食物繊維が豊富で糖質も低い食材です。
そのため、えのきを使った味噌汁は、糖質制限ダイエットをしている方にもぴったりです。

えのきの味噌汁に組み合わせる食材としては、今回ご紹介した「豆腐とねぎ」以外のものだと、例えば次のような食材が挙げられます。
参考にしてください。

  • 肉(豚肉など)
  • 魚(サバ水煮缶など)
  • 菜っ葉
  • 納豆
  • 油揚げ

関連レシピ