なすの味噌汁のレシピ。油揚げを具材にしてコク旨!小ねぎで風味をアップ

投稿日:2020年6月24日 更新日:

なすの味噌汁

なすの味噌汁の簡単おすすめレシピをご紹介します。

なすをたっぷりと使った、栄養満点のお味噌汁。

なすの味噌汁
なすと油揚げを2分ほど煮て、仕上げに小ねぎをトッピングしたら完成です。

なすと油揚げにはおつゆがたっぷりと染み込んでいて、噛むと、だしの旨味が溢れ出ます。
小ねぎと一緒にいただくと、キレのある風味がアクセントになって、それぞれの具材の味が引き立ちます。

なすの色止めのコツ

なお、なすの味噌汁はおつゆの色が黒くなりがちですが、そうならないためのポイントは、沸騰してからなすを加え、短時間で火を通すことです。

そうすると、なすの紫色の色素であるナスニン(ポリフェノールの一種)の流出を抑えられるので、おつゆが黒くならないうちに仕上がりますよ。

なすの味噌汁の作り方

なすの味噌汁レシピ

「なすと油揚げの味噌汁」のレシピです。

材料【2人分:調理時間5分】
なす 1本(100g程度)
油揚げ 2/3枚
小ねぎ 2〜3本
味噌 大さじ1程度
だし汁(※)
350ml
和風だしの素 小さじ1弱

※ かつおだしなど(350ml)でもOK。

カロリー
1人分75kcal
作り方
  1. なすを8ミリ幅くらいの半月切りにする。
    油揚げをキッチンペーパーで挟み、手で押さえて軽く油を抜く。5ミリ幅くらいの短冊切りにする。
    小ねぎを小口切りにする。
  2. 水と和風だしの素を鍋に入れ、火にかける。沸騰したらなすと油揚げを加え、2分ほど煮る。火を弱め、味噌を溶かし入れる。
  3. 味噌汁をお椀に注ぎ、小ねぎをのせたら出来上がり。

写真をもとにレシピを説明します。

味噌汁のなすの切り方

なすの味噌汁の切り方

【工程1】
最初に、なす(1本:100g程度)を8ミリ幅くらいの半月切りにします。

半月切りにする手順は、まず、なすのヘタを取り、縦に半分に切ります。


なすの味噌汁の切り方

そして、半分に切ったなすの切断面を下にして、まな板の上に並べます。


なすの味噌汁の切り方

あとは、端から8ミリ幅に切ったらおしまいです。

なすの半月切りの切り方


油揚げの油をキッチンペーパーで吸う

次に、油揚げ(2/3枚)をキッチンペーパーで挟みます。
そして、手でギュッと上から押さえて、油揚げの表面に付着した油をキッチンペーパーに吸わせます。

油抜きは簡単でOK

最近の油揚げは質が良いので、必ずしも油抜きは必要ではありません。
油抜きを薦めないメーカーもあるほどです。

ここでは、油揚げの表面の油を軽く拭って、油揚げ特有のコクをほどよく生かします。

油揚げの油抜きの方法


油揚げを半分に切る

油揚げの油を軽く取ったら、油揚げを縦半分に切ります。


油揚げの切り方

そして、半分に切った油揚げを重ね、5ミリくらいの幅に切ります。


小ねぎの切り方

油揚げを切ったら、次に、小ねぎ(2〜3本)を小口切りにします。


和風だしの素を鍋に入れる

【工程2】
続いて、水(350ml)と和風だしの素(小さじ1弱)を鍋に入れ、火にかけます。

かつおだしの取り方
顆粒和風だしを使うと簡単ですが、時間がある時は、ひと手間かけて、かつお節などでだしを取るのもおすすめです。

味噌汁は、だしの種類を変えるだけで、まったく違った味わいが楽しめます。
だしの取り方は、下のリンク先を参考にしてください。

かつおだし
かつお&昆布だし
煮干しだし
煮干し&昆布だし
市販のだしパック


なすと油揚げを茹でる

沸騰したら、なすと油揚げを加え、なすが柔らかくなるまで2分ほど煮ます。

【調理のコツ】
なすの味噌汁を色よく仕上げるポイントは、沸騰してからなすを加え、短時間で火を通すことです。

なすの味噌汁を作ると、なすの紫色の表皮に含まれるナスニンという色素が溶け出して、汁が黒っぽくなりがちですが、短時間で火を通すことで、ある程度それを抑えることができます。


なすの味噌汁に味噌を加える

最後に、火を弱め、味噌(大さじ1程度)を溶かし入れます。

そして、味噌を溶かし入れたらすぐに火を止めます。
味噌を加えた後にあまり長時間加熱すると、味噌の風味が飛んでしまうので、すぐに火を止めるのも大事なポイントの一つです。


なすの味噌汁

【工程3】
仕上げに、小ねぎをのせたら完成です。

なすの加熱時間は2分程度ですが、十分柔らかく仕上がります。
おつゆをしっかりと吸い込んでくれて、たっぷりの旨味とともにいただけます。

2人分でなすを丸々1本使うので、ボリュームも満点。
なすを手軽に美味しく食べたいときにおすすめのレシピですよ。

関連レシピ