なすの栄養。抗酸化成分が豊富!アク抜きせずに皮ごと食べると栄養満点。

投稿日:2021年2月3日 更新日:

なすの栄養

なすの栄養についてお伝えします。
なすに含まれる栄養成分の効果と、おすすめの食べ方についてです。

茄子の栄養と効果効能

なすの栄養と効果効能
なすは、抗酸化作用のある成分を豊富に含む野菜です。

なすの成分の90%以上が水分であるため、なすには栄養がないと思われがちです。

たしかに、ビタミンやミネラルの含有量はあまり高くありません。
でもその一方で、なすには、ポリフェノールの一種である「ナスニン」や「クロロゲン酸」が多く含まれています。

ナスニン

ナスニンは青紫色の色素成分で、なすの皮に含まれています。
ナスニンには強い抗酸化作用があり、ガンや動脈硬化の予防効果、眼の健康維持などに役立つと言われています。

クロロゲン酸

クロロゲン酸は、なすの実の部分に含まれている成分で、こちらも抗酸化作用があります。
生活習慣病の予防や老化の抑制などの効果が期待できます。

栄養面でおすすめの茄子の食べ方

続いて、栄養をムダにしないナスの食べ方をご紹介します。

皮ごと食べる

なすの皮にはナスニンが含まれているため、皮を食べずに捨ててしまうのは、非常にもったいないです。

当サイトでは、なすを皮ごと使うレシピを複数紹介しているので、参考にしてください。


アク抜きしない

また、なすにはアクが含まれていますが、このアクの成分は、実はクロロゲン酸です。

なすをアク抜きすることで、抗酸化作用のあるクロロゲン酸が大幅にダウン。
そのうえ、皮に含まれるナスニンは水溶性のため、こちらも、アク抜きすることで含有量がガクンと下がります。

こうしたことから、栄養を最優先で考えるなら、アク抜きはできるだけ避けるのがおすすめです。

なすをアク抜きせずに炒める 特に、なすを炒めたり揚げたりする場合は、アク抜きをしなくても、まったく問題なく美味しく食べられます。

アク抜きした方が良いケース

ただ一方で、アク抜きをした方がいいケースもあります。
それは、なすを切ってからすぐに食べない場合や、なすを生で食べる場合などです。

切ったなすをしばらく放置すると茶色く変色していきますが、これはクロロゲン酸の働きによるもの。
この変色は、事前にアク抜きしておくことで、ある程度抑えられます。

また、アク抜きしていないなすを生で食べると、エグミが少し気になることがあります。
そのため、浅漬けを作る場合などは、アクを抜いた方が食べやすく仕上がります。

なすの浅漬け なすの浅漬けの詳しい作り方は、リンク先を参考にしてください。

なすの浅漬け


レンジで加熱してから炒める

なすの内部にはたくさんの空気が含まれているため、油を使って調理すると、スポンジのように油を吸い込みます。

油を含んだナスにはしっかりとしたコクがあり、それが美味しさの理由でもあるのですが、その一方で、ダイエット中の方にとっては、カロリーの多さが少し気になるかもしれません。

そういう場合におすすめなのが、なすを一度電子レンジで蒸してから、炒める方法です。

なすを電子レンジで加熱 あらかじめナスに火を通しておくと、炒める時間を大幅に短縮できるので、油がなすに吸収されるのを抑えることができます。

炒め料理のカロリーが気になる場合は、参考にしてください。

電子レンジを使ったなすの蒸し方

関連レシピ