なすとひき肉の甘辛あんかけレシピ。丼にしても美味しい!和風簡単料理。

投稿日:2020年6月27日 更新日:

なすとひき肉の和風甘辛煮

なすとひき肉を使った、醤油風味の甘辛おかずのレシピをご紹介します。

なすとひき肉をフライパンに入れ、調味料を加えて、8分ほど加熱。
水溶き片栗粉を回しかけ、あんかけ風に仕上げたら完成です。

なすとひき肉の甘辛おかず なすとひき肉を別々に加熱する必要がないので、調理がとても簡単です。

そのうえ、一緒に煮ることでひき肉の旨味がなすに染み込むので、濃厚な味に仕上がります。

和風な味付けが食欲をそそる、手軽で美味しい煮物のレシピです。

お弁当のおかずにもおすすめ

このお料理は、空いている時間にパパっと作れるので、お弁当のおかずにもぴったりです。
ご飯との相性もいいので、丼にするのもいいですよ。

なお、ひき肉は、豚ひき肉でもいいですし、合びき肉を使ってもOKです。

ひき肉となすのレシピ

なすとひき肉の和風甘辛煮

「なすとひき肉の和風甘辛煮」のレシピです。

材料【2人分:調理時間13分】
なす 2本(200g程度)
ひき肉※ 150g
片栗粉 小さじ1
A
おろし生姜 小さじ1
顆粒和風だし 小さじ1/3
砂糖 大さじ1/2
大さじ2
みりん 大さじ1/2
醤油 大さじ1と2/3
150ml

※豚ひき肉でも合挽き肉でもOK。

作り方
  1. なすのヘタを取り、1.5センチ幅くらいの半月切りにする。
  2. なすをフライパンに並べ、その上にひき肉を広げ、Aを回しかける。
    中火にかけ、沸騰してから8分ほど煮る。
  3. 火を弱め、片栗粉を水(小さじ2:分量外)で溶いたものを回しかけ、よく混ぜてとろみを付けたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

なすのヘタを取る
【工程1】
最初に、なす(2本:200g程度)を半月切りにします。

半月切りにするには、まず、なすのヘタを取ります。


なすを半分に切る
次に、なすを縦半分に切ります。

続いて、半分に切ったなすをまな板の上に並べます。


なすを半月切りにする
最後に、端から1.5センチくらいの幅に切ったらおしまいです。

なすの半月切りのやり方


なすをフライパンに並べる
【工程2】
なすを切ったら、フライパンの上に並べます。


なすの上にひき肉を広げる
そして、なすの上にひき肉(150g)を広げます。


なすとひき肉に調味料を加える
次に、調味料Aを回しかけます。

調味料Aは、おろし生姜(小さじ1)・顆粒和風だし(小さじ1/3)・砂糖(大さじ1/2)・酒(大さじ2)・みりん(大さじ1/2)・醤油(大さじ1と2/3)・水(150ml)です。


ひき肉となすをフライパンで煮る
そして、フライパンを中火にかけ、沸騰してから8分ほど煮ます。

煮ている間は基本混ぜない

煮ている間は、基本的には混ぜる必要がありません。

ひき肉を煮汁に浸す ただし、ひき肉の火が通っていない赤い部分が残っていたら、その都度煮汁に浸してください。

ひき肉となすに片栗粉を加える
【工程3】
8分ほど経ち、水分が少なくなってきたら、片栗粉を水(小さじ2:分量外)で溶いたものを回しかけます。
そして、よく混ぜてとろみをつけたら完成です。


なすと豚ひき肉のレシピ
片栗粉でとろみを付けているので、なすとひき肉に調味料の味がよく絡みます。

また、なすの食感は適度に柔らか。
なすには、ひき肉のエキスが染み込んでいて、たっぷりの旨味とともに、とても美味しくいただけます。

また、切って煮るだけなので、調理もかなり簡単です。

手軽に作れるうえに満足度が高いお料理なので、ぜひお試しください。

作り置きにもぴったり

なお、この料理は作り置きすることもできます。
日持ちは、冷蔵保存で3〜4日程度と考えてください。

関連レシピ