えのき梅のレシピ。梅干しの酸味がクセになる!簡単さっぱり和え物。

投稿日:2020年7月20日 更新日:

えのき梅

えのき梅のレシピをご紹介します。

えのき茸と梅干しを使った和え物のレシピで、作り方はとても簡単です。

えのき梅
えのきをレンチンして、細かく刻んだ梅肉と、かつお節をプラス。

軽く混ぜ合わせ、千切りにした大葉をたっぷりとトッピングしたら完成です。

ほど良く酸味がきいたサッパリとした味わいで、ご飯のお供にぴったりの一品。
えのきとかつお節にしっかりとした旨味があるので、日本酒や焼酎などのおつまみにするのもいいですよ。

梅えのきのレシピ

えのきと梅干しの和え物

「えのき梅」のレシピです。

材料【2〜4人分:調理時間4分】
えのき 小1袋(100g程度)
梅干し 2個(梅肉30g程度)
鰹節 大さじ1
大葉 3〜4枚
作り方
  1. えのきの石づきを取り、長さを3等分する。梅干しの種を取り、包丁で叩く。大葉を千切りにする。
  2. えのきをほぐして耐熱ボールに入れ、電子レンジ(600W)で2分加熱する。(ラップはしない。)
  3. えのきに梅干しと鰹節を混ぜて皿に盛り、大葉をのせたら出来上がり。大葉を混ぜながらいただく。

写真をもとにレシピを説明します。

えのきを3等分に切る

【工程1】
まず、えのき(小1袋:100g程度)の石づきを取り、長さを3等分します。


梅肉を包丁で叩く

そして、梅干し(大2個)の種を取り、包丁で叩きます。

このレシピでは、種を取った梅肉だけで30g分を使います。
ただ、使用する梅干しの塩加減によっても若干変わってきますので、お好みで調整してみてください。


大葉を千切りにする

大葉(3〜4枚)は、軸を取って、千切りにします。

大葉の千切りの切り方


えのきを手でほぐす

【工程2】
次に、えのきを手でほぐして、耐熱ボールに入れます。

耐熱ボールが無い場合は、レンジで使える普通の器でも構いません。


えのきを電子レンジで加熱する

そして、この状態で、電子レンジ(600W)で2分加熱します。

ラップはしません。
えのきはラップなしでチンできます。

えのきをレンジでチンする方法


レンチンしたえのきに梅肉を和える

【工程3】
続いて、えのきに、包丁で叩いた梅干しと鰹節(大さじ1)を混ぜます。


えのき梅

皿に盛り、大葉をのせたら完成です。
大葉は、彩りを良くするために上にトッピングしますが、食べる際には、混ぜながらいただきます。

レンチンしたえのきは、シャキシャキとしつつも、適度に柔らかな食感。
梅干しの酸味に包まれて、あと引く旨さに仕上がります。

えのきと梅干しは、とても相性が良いので、和えるだけで美味しく仕上がります。
箸休めやおつまみとして大活躍するレシピですよ。

関連レシピ