ヨーグルトを冷凍保存するなら砂糖をプラス!美味しい食べ方も紹介。

投稿日:2019年5月30日 更新日:

ヨーグルトの冷凍

ヨーグルトを冷凍保存する方法と、冷凍ヨーグルトを使ったレシピをご紹介します。

ヨーグルトだったら、基本的にはどんな種類でも冷凍保存可能。
ごく普通のヨーグルトはもちろん、ギリシャヨーグルトやカスピ海ヨーグルトでもOKです。

ただし、無糖ヨーグルトの場合は、そのまま冷凍すると解凍した時に水分(ホエイ)が分離してしまうので、そうならないためには、砂糖をあらかじめ少量混ぜておく必要があります。
詳しくお伝えします。


ヨーグルトの冷凍保存

ヨーグルトの冷凍保存

無糖ヨーグルト(プレーンヨーグルト)を冷凍保存する場合は、ヨーグルト(100g)につき砂糖(小さじ2)を混ぜてから冷凍庫に入れると、水分が分離しにくくなります。

砂糖が無い場合は、少し多めのジャムでもOK。
加糖ヨーグルトの場合は、砂糖がしっかりめに入っているので、そのまま冷凍して構いません。

材料

ヨーグルト 好みの量
砂糖 ヨーグルト100gにつき小さじ2

手順

  1. 無糖ヨーグルト(プレーンヨーグルト)の場合は、砂糖を混ぜる。
    加糖ヨーグルトの場合は、砂糖を混ぜずにそのまま冷凍できる。
  2. タッパーや保存袋に入れ、冷凍庫で4〜5時間凍らせる。1ヶ月ほど日持ちする。
    (加糖ヨーグルトの場合は、開封しないでカップのまま冷凍することもできる。)
無糖ヨーグルトには砂糖を混ぜる

ヨーグルトに砂糖を混ぜて冷凍する
上の写真をご覧ください。
無糖ヨーグルトを冷凍&解凍したものです。
左が砂糖なし、右が砂糖ありです。

左側のヨーグルトは水分が分離していますが、右側は普通のヨーグルトとあまり変わりません。
砂糖を加えることで分離が抑えられている様子が見て取れます。

砂糖の量が少ないと分離しやすい

ちなみに、砂糖の量が少なすぎるのはNGです。

たとえば、ヨーグルト(100g)につき砂糖(小さじ1)くらいの少量だと、それなりに分離します。
小さじ1と小さじ2の違いはけっこう大きいので、100gにつき、少なくとも小さじ2の砂糖を混ぜるのがおすすめです。

砂糖が多い分には全然OKです。


フローズンヨーグルトとして食べても美味しい
フローズンヨーグルト ヨーグルトを冷凍する際には、タッパーなどに小分けにするか、ジップロックなどの保存袋に入れて冷凍庫に入れます。
4〜5時間くらい経つと、カチカチに凍ります。

こうして冷凍したヨーグルトは、賞味期限が1ヶ月ほどになります。

出来上がった冷凍ヨーグルトは、甘みがあるので、そのままフローズンヨーグルトとしてかじってもいいですし、解凍して普通のヨーグルトとして食べても美味しいです。

冷凍ヨーグルトと解凍後のヨーグルトを使ったレシピは、それぞれ、この記事の後半でお伝えします。


ヨーグルトの解凍

なお、冷凍したヨーグルトを解凍する際には、冷蔵庫もしくは常温に置いて、自然解凍するのがおすすめです。
もしレンジを使う場合は、解凍モードを使ってください。


ギリシャヨーグルトも冷凍可

ギリシャヨーグルトの冷凍

この冷凍方法は、ギリシャヨーグルト(オイコスを含む)やカスピ海ヨーグルトにも応用できます。
もちろん、R1やバニラヨーグルト、ダノンヨーグルトでもOKです。

加糖タイプならそのまま冷凍。
無糖タイプなら砂糖を加えて冷凍してください。


種菌用ヨーグルトの冷凍保存

種菌用ヨーグルトの冷凍保存

ところで、種菌を取ることを目的にヨーグルトを冷凍するなら、砂糖を加えなくてもOKです。

解凍したあとにヨーグルトが分離しますが、この場合はそれでも大丈夫。
ヨーグルトの水分(ホエイ)だけを取り出して、種菌として使うことができます。

なお、種菌用のヨーグルトを解凍するときは、レンジで温めるのはNGです。
乳酸菌が死んでしまうので、自然に解凍させてください。

また、種菌の冷凍保存期間は数ヶ月〜1年と言われていますが、長く置きすぎるとヨーグルト作りに失敗することもあるので、早めに使うことをおすすめします。

続いて、冷凍したヨーグルトを、解凍せずにそのまま美味しく食べるレシピをご紹介します。

冷凍ヨーグルトを使ったレシピ4品

冒頭の方法で作った冷凍ヨーグルトは、砂糖などの甘みを含んでいるので、そのままヨーグルトアイスとして食べても美味しいです。

ヨーグルトアイスを手作り!市販のカップヨーグルトで簡単レシピ。

簡単で美味しいのはこれ!ヨーグルトアイス

たとえば、ブルーベリー・いちご・マンゴー・アロエといった甘みのあるタイプのカップヨーグルトだったら、そのまま凍らせるだけで、美味しいアイスキャンディーになります。

カップヨーグルトアイスキャンディー まず、ヨーグルトのフタに包丁の先を軽く刺して穴をあけ、そこにアイスの棒を突き刺します。

あとはこれを凍らせるだけ。
子供も喜ぶ棒アイスの完成です。

アイスがカップから取り出しにくい場合は、キッチンバサミでカップに切れ目を入れるといいですよ。

1分
好みのカップヨーグルトアイスの棒
フローズンヨーグルト

冷凍ブルーベリーで簡単!フローズンヨーグルト

また、ヨーグルトを冷凍する時に、冷凍ブルーベリー(もしくはブルーベリージャム)を混ぜておくと、ブルーベリー味のフローズンヨーグルトが作れます。

フローズンヨーグルトの作り方 作り方は、ブルーベリーとヨーグルトをフードプロセッサーで撹拌し、凍らせるだけ。

ブルーベリーの果肉を少し残すようにざっくり混ぜると、高級感のあるデザートができます。

5分
冷凍ブルーベリープレーンヨーグルト砂糖
バナナヨーグルトアイス

爽やかな甘さ!バナナヨーグルトアイス

バナナとヨーグルトも相性がバツグンです。

ヨーグルトを冷凍する時に、潰したバナナを一緒に混ぜておくと、バナナ風味のヨーグルトアイスが簡単に作れます。

保存袋に入れたバナナヨーグルトアイス バナナは保存袋に入れ、袋のうえから手で潰します。
あとはヨーグルトを混ぜて凍らせるだけです。

バナナの甘みととろっとした食感がとてもいいです。
子供のおやつにもおすすめです。

3分
バナナヨーグルト砂糖
バナナヨーグルトスムージー

手軽に腸活!バナナヨーグルトスムージー

バナナとヨーグルトでスムージーを作るのもいいですよ。

リンク先では、冷凍バナナとヨーグルトを使ったレシピを紹介していますが、冷凍ヨーグルトと柔らかいバナナでも作れます。

2分
バナナプレーンヨーグルト牛乳はちみつ

解凍したヨーグルトを使ったレシピ5品

最後に、解凍したヨーグルトを使ったおすすめレシピを5品ご紹介します。

冷凍ヨーグルトで作るラッシー

本場インド風!ラッシー

1品めは、ヨーグルトドリンクの定番、インドの「ラッシー」です。

解凍したヨーグルトを使って、とても簡単に作れます。
材料すべてを泡立て器で混ぜるだけで完成します。

本場風の濃厚な味わいです。

1分
ヨーグルト牛乳砂糖
冷凍ヨーグルトで作るライタ

手軽にインドサラダ!きゅうりのライタ

解凍したヨーグルトにクミンパウダーや塩を加え、角切りにしたきゅうりと和えるのも美味しいです。

こちらは、インドの人気サラダ「きゅうりのライタ」です。
日本のインド料理店でもお馴染みの、カレーによく合う爽やかな味わいの一品です。

3分
きゅうりヨーグルトクミンパウダー黒こしょう
冷凍ヨーグルトを使ったタンドリーチキンの味付け

おうちで手軽に!手羽元タンドリーチキン

解凍したヨーグルトをタンドリーチキンの味付けに使うのもおすすめです。

リンク先では、少し甘みのある、子供でも食べやすいタンドリーチキンを紹介しています。
このレシピだったら、解凍したヨーグルト(砂糖入りのヨーグルト)を使ってもOK。
別途加える砂糖の量を少し減らして作ってみてください。

17分
鶏手羽元サラダ油おろしにんにくおろし生姜カレー粉ケチャップヨーグルト砂糖醤油こしょう一味唐辛子
冷凍ヨーグルトを使ったパンケーキ

ふわふわパンケーキ

ヨーグルトを使うと、ふわふわなパンケーキも作れます。

ヨーグルトの酸とホットケーキミックスの重曹が反応してよく膨らむためです。

手軽に作れるので、おやつにおすすめです。

15分
ホットケーキミックス無糖ヨーグルト牛乳サラダ油ホイップクリーム・ハチミツリンゴ・バナナ・マンゴー・イチゴ・キウイ・ブルーベリー
冷凍ヨーグルトを使ったパン

ヨーグルトのプチパン

時間がある場合は、解凍したヨーグルトを使って、パンを焼いてみるのも楽しいですよ。

このパンは、イーストを使わずベーキングパウダーで膨らませますが、ヨーグルトと味噌を生地に練り込むので、発酵パンのような風味があります。

30分
強力粉ベーキングパウダー砂糖プレーンヨーグルト白味噌打ち粉

以上、ヨーグルトの冷凍方法と、冷凍ヨーグルトを使ったレシピでした。
どれもとても美味しいですよ。

関連レシピ