バナナヨーグルトアイスのレシピ。保存袋で簡単!夏のさっぱりおやつ。

投稿日:2019年5月30日 更新日:

バナナヨーグルトアイス

バナナとヨーグルトを使った超簡単なアイスのレシピをご紹介します。

バナナの皮をむいて保存袋に入れ、手で潰したあとに、ヨーグルトと砂糖を混ぜるだけ。
あとは、冷凍すれば完成です。

バナナ&ヨーグルトでつくる、腸活にぴったりのデザート。
保存袋に入れたまま冷凍しておけば、必要な分だけポキっと折って取り出せるので、いつでも手軽に食べられますよ。

バナナヨーグルトアイスのレシピ

バナナヨーグルトアイス

「バナナヨーグルトアイス」のレシピです。

材料【2人分:調理時間3分/冷凍3〜4時間】
バナナ 2本(正味180〜200g)
ヨーグルト 160g
砂糖 30g
作り方
  1. バナナの皮をむき、保存袋に入れ、袋の上から手で潰す。
    ヨーグルトと砂糖を加え、よく混ぜる。
  2. 1を冷凍庫に3〜4時間入れたらできあがり。
    好みの量を手で砕いて器に盛る。

バナナを保存袋に入れて押し潰す
【工程1】
まず、バナナ(2本)の皮をむき、保存袋に入れ、袋の上から手で潰します。

ちなみに、バナナは、シュガースポット(バナナの皮にできる黒い斑点)が出るまで完熟させておくと、美味しさがぐっと増します。


バナナとヨーグルトを混ぜる
次に、ヨーグルトと砂糖を加え、よく混ぜます。

そして、この状態で、冷凍庫に3〜4時間入れて凍らせます。


バナナヨーグルトアイスを少しづつ取り出す
食べる時は、端から少しずつ砕きます。


バナナヨーグルトアイスの盛り付け
コップなどに立てて盛り付けるのがおすすめです。

甘さ控えめのさっぱりとした味付けで、夏のデザートにおすすめです。

ヨーグルトが余って食べ切れない、またバナナが痛みそうなんていう時にも、この方法で冷凍しておくと美味しく食べられます。

なお、日持ちは、冷凍で3週間くらいと考えてください。

関連レシピ