やまでら くみこ のレシピ

テレビで話題の人気レシピをメインに紹介しています。

バナナの保存方法。ラップをして冷蔵庫がいちばん長持ちします。

投稿日:2015年11月2日 更新日:

バナナ 冷蔵庫 保存

バナナが日持ちする保存方法をご紹介します。

一番のおすすめは、ラップをして冷蔵保存です。
ラップの仕方は特殊なので、後ほどご紹介します。

バナナをはじめとする南国のフルーツは、気温の低いところに置くと低温障害で皮が黒くなってしまうため、冷蔵は一般的にはNGと言われています。
でも特殊な方法でラップをすると、色が変りません。
バナナの中身は、ラップをせずに冷蔵するよりも日持ちしますし、常温に置くよりもずっと長持ちします。

バナナ 冷蔵庫 保存
上の写真をご覧ください。

写真左の茶色いバナナが、新聞紙に包んで冷蔵庫の野菜室に1週間入れたもの。
右側の黄色いバナナが、特殊な方法でラップをして野菜室に1週間入れたものです。

熟し方が同じくらいのバナナ2本で比較すると、1週間後にはこんなに色の違いが出ます。

バナナ 冷蔵庫 保存
ただ中身はそれほど違いはありません。

1週間経っても、どちらも買ったばかりに近い状態です。
細かく比較すると、ラップして冷蔵する方が日持ちします。


ちなみに常温に1週間置くと、季節にもよりますが、かなり茶色っぽくなってしまいます。

実際に比較した結果を踏まえて、バナナの上手な保存方法をおすすめ順にご紹介します。

(情報元:TBSテレビ「この差って何ですか?」バナナを長持ちさせるプロ技 2015年11月1日放映、NHK「あさイチ」プロのバナナの保存法 2018年5月1日放映)

1位 バナナにラップをして冷蔵

バナナ ラップ

バナナの保存方法で1番おすすめなのは、バナナに特殊な方法でラップをして冷蔵庫の野菜室に入れる方法です。

これはTBSテレビの「この差って何ですか?」で話題になった保存方法で、人気果物店「カワムラフルーツ」の川村昌敏さんがすすめる裏ワザです。

この方法でバナナを冷蔵保存すると、熟し過ぎを劇的に防ぐことが出来る上に、皮のきれいな黄色がかなり長くキープできます。

ちなみにこの保存方法は、気温がそれほど高くない11月初旬〜3月下旬くらいには、常温でも有効です。
ただそれ以外の暑い季節には、ラップの中でバナナが蒸れて、かえって痛みやすくなります。
ですので特に気温が高い時期には、冷蔵保存するのがおすすめです。

さてラップの仕方には、少々コツが要ります。手順を説明します。

材料
バナナ 1本

バナナ 保存 冷蔵庫
【工程1】
まずバナナの柄の部分だけをラップでしっかり包みます。


バナナ 保存 冷蔵庫
【工程2】
次にその上から、全体をさらにラップでしっかり包みます。これでお終いです。


このように2段階に分けてバナナにラップを巻くと、熟し過ぎを劇的に抑えることができます。

こんなことが本当に効くのかと思うかもしれませんが、実際に試してみると、バナナがぐっと日持ちするようになります。その効果は一目瞭然です。

でもなぜラップをするだけで、バナナを日持ちさせることができるのでしょうか。

川村さんによると、バナナが熟すのは、バナナ自体が出す成長ホルモン「エチレンガス」が原因です。
バナナの柄の部分をラップで巻くと、バナナがエチレンガスを放出するのをおさえることができます。また全体にラップをすると、まわりにあるバナナが出すエチレンガスの吸収をおさえることもできます。
2段階に分けてラップで包むと、バナナがエチレンガスに触れにくくなるので、熟し過ぎを防げるというわけです。

【保存のポイント】
バナナの柄の部分をラップで包み、さらに全体をラップで覆うと、バナナがエチレンガスに触れにくくなるので、日持ちするようになります。

ちなみにラップをすると、なぜ冷蔵庫に入れても色が変わらないのかは私には分かりません。
でもこの方法でラップをした上で冷蔵庫の野菜室に入れると、色が変りません。
バナナの保存方法として超おすすめです。

2位 バナナを冷蔵庫の野菜室に入れる

バナナ 保存 冷蔵庫

NHKの「あさイチ」では「黄色くなったバナナを最も日持ちさせる方法」として、冷蔵庫の野菜室に入れる保存法が紹介されたことがあります。

バナナを野菜室に入れるだけでは、すでにお伝えした通り、低温障害で色が茶色くなってしまいますが、変わるのは皮の色だけで、中身は常温に置くよりもずっと長持ちします。

すでにお伝えしたバナナを1本ずつラップで包んで冷蔵する方法は、色もきれいで日持ちもしますが、一方で、面倒でコストがかかるというデメリットもあります。
ですので自宅で食べるだけだからバナナの皮の色が変わっても良いという方には、新聞紙などで包んで冷蔵庫の野菜室に入れるのがおすすめです。

バナナ 冷蔵庫 保存
上の写真をご覧ください。

バナナの保存方法5パターンを1週間後に比較した写真です。
一番左が、冷蔵庫の野菜室に入れたバナナで、他の4本は、常温に置いたバナナです。

具体的には、左から順に次のような保存方法を試しました。
ちなみに気温は、1年の中では高め(5月:平均20度くらい)の1週間です。

  • 冷蔵庫の野菜室に入れる
  • 常温に吊るす
  • 常温に置く
  • すでに紹介した特殊な方法ラップをして常温に置く
  • アルミホイルで包んで常温に置く

一番左の冷蔵庫の野菜室に入れたバナナをご覧ください。
低温障害によって茶色くなったバナナの皮は、常温に置いて熟した他の4本のバナナとは明らかに違い、全体により均一に変色しています。
日持ちという観点から眺めると、見た目はどれも同じくらい熟しているか、もしくはすでに食べ頃を過ぎてしまっているようにしか見えません。


でも皮をむいてみると、冷蔵庫に入れたバナナの中身の状態は、他の4本とまったく違いました。

写真だけでは違いが分かりませんが、冷蔵庫に入れたバナナだけは、しっかりした硬さが残っており、完熟にはほど遠い状態のままでした。冷蔵庫に入れる前の状態とほとんど変わらず、ずば抜けて日持ちが良いことが分かりました。

食品科学の専門家、首都大学東京の酪農大学の東直樹教授によると、バナナは、気温が高いと呼吸が活発になり、成長ホルモンである「エチレンガス」が発生しやすくなります。
でも5〜10度くらいの涼しい場所(冷蔵庫の野菜室など)に保存すると、バナナの呼吸をおさえることができるので、日持ちするようになるそうです。
ちなみに冷蔵庫の野菜室だったら、バナナの皮の乾燥も防げるので、そうした点でも理想的だということです。

【保存のポイント】
バナナを冷蔵庫の野菜室に入れると、バナナの呼吸をおさえることができるので、日持ちするようになる。

ちなみに気温が5〜10度くらいの季節だったら、常温に置いても日持ちはさほど変わらないということになりますので、そうした涼しい時期には、吊るすなどして常温に置くが正解です。
すでにお伝えした方法でラップをして常温に置く方が鮮度はずっと保てますが、涼しい季節にはそこまでしなくてもバナナはわりと長持ちします。

3位 バナナを常温に吊るす

バナナを吊るす

続いてご紹介するのは、バナナスタンドなどでバナナを吊るす方法です。

ちなみに上の写真では、左から2番めが吊るしたバナナ(1週間後)です。
見た目では、その右隣りにある常温に置いただけのバナナ(1週間後)との違いはあまり分かりませんが、皮をむいてみると、やはり吊るした方が、少し熟し方が遅いことが分かりました。

バナナは寝かして置くと、重みがかかった部分から痛むので、できれば吊るして保存するのが良いようです。

4位 バナナを常温に置く

バナナ 常温

バナナを常温にただ置くだけの保存方法は、気温が5〜10度くらいまでだったら、悪くありません。

すでにお伝えした通り、バナナは重みがかかった部分から傷むので吊るして置く方がおすすめですが、気温がそれほど高くなければ、バナナの熟し方も比較的ゆるやかなので、暑い季節よりは保存が効きます。

5位 バナナをアルミホイルで覆う

バナナ アルミホイル

最後にご紹介するのは、バナナをアルミホイルで包む方法(一番右)です。

これは保存方法というわけではなく、バナナを何かで包むということが、気温が高い時にどれほどのデメリットになるかということを示す一例として挙げています。

バナナ アルミホイル
アルミホイルで包んだバナナ(一番右)は、5パターン中で最も日持ちしませんでした。

バナナをアルミホイルで包むと、内部に熱がこもって蒸れやすくなります。暑い季節にはなおさらです。
また密閉状態になることで、バナナ自体が放出する成長ホルモン「エチレンガス」にもしっかりさらされることになり、追熟がぐんぐん進んでしまいます。

ちなみに1位で紹介したラップで包んだバナナも、気温が高い時期に常温に置くと、アルミホイルで包んだ場合と同じくらい蒸れて腐りやすくなります。ラップで包む方法が有効なのは、すでにお伝えした通り、気温が低い場合か冷蔵庫に入れた場合です。
またラップをアルミホイルに替えても、あまり効果はありませんので、バナナの保存にはアルミホイルは使わない方がいいです。

以上、バナナの保存上手な保存方法をお伝えしました。

バナナの熟し過ぎを抑えて劇的に長持ちさせるには、特殊な包み方でラップをした上で、冷蔵庫の野菜室に入れるのが一番おすすめですよ。







関連記事

かぼちゃの保存。冷凍・冷蔵で日持ちさせる方法。

カボチャの保存方法をご紹介します。 カボチャを冷凍する場合は、加熱してから保存袋に入れます。 上の写真のように一口大にしても、マッシュした状…

ブロッコリーの保存。冷凍・冷蔵で日持ちさせる方法。

ブロッコリーの保存方法をご紹介します。 冷凍する場合は、さっと塩茹でしてから保存袋に入れると、1ヶ月ほど日持ちします。 冷蔵する場合は、痛み…

グレープフルーツの冷凍・冷蔵。上手な保存方法。

グレープフルーツの冷凍・冷蔵の仕方をご紹介します。 冷凍する場合は、皮をむいて実を取り出し、上の写真のように保存袋に入れます。 また冷蔵する…

生姜の上手な保存方法。冷凍・冷蔵・常温保存。

生姜の上手な保存方法をご紹介します。 生姜の冷凍方法、冷蔵の方法、生で常温保存する方法、乾燥させる方法の合計4パターンです。 それぞれの保存…

レモンの保存。冷凍・冷蔵で日持ちさせる方法。

レモンの保存方法と洗い方をご紹介します。 レモンを冷凍する方法は、上の写真を見ていただくと分かる通り、いろいろあります。 丸ごと1個をラップ…

人気記事ランキング

梅干しの作り方。初心者でも失敗しない簡単な漬け方。

梅干しの漬け方をご紹介します。 私は10年ほど前から自家製梅干しを作っ…

そばの実ダイエットのレシピ。得する人損する人で話題のラクやせ法。

日本テレビの「得する人損する人」で話題になった、そばの実ダイエットのレ…

玉ねぎヨーグルトの作り方。得する人損する人で話題のダイエットメニュー。

日本テレビの「得する人損する人」で話題になった、ダイエットに効果がある…

みきママの人気レシピ。83品まとめ。

おうち料理研究家のみきママの人気レシピ83品をご紹介します。 当サイト…

世界一美味しいカルボナーラのレシピ。得する人損する人で話題。

日本テレビの「得する人損する人」で話題になった、世界一美味しいカルボナ…

ピックアップ記事

鶏ハムのおすすめレシピ。伝説の家政婦 志麻さんの時短料理。

鶏ハムのおすすめレシピをご紹介します。 伝説の家政婦こと、家事代行サー…

プロのお弁当 おかず簡単レシピ。106日分まとめ。

お弁当の簡単おかずレシピを106パターンご紹介します。 106品すべて…

梅酒の作り方。手作り梅酒のおすすめレシピ。

手作り梅酒のおすすめレシピをご紹介します。 私は10年ほど前から梅酒を…

世界一美味しいカルボナーラのレシピ。得する人損する人で話題。

日本テレビの「得する人損する人」で話題になった、世界一美味しいカルボナ…

北斗晶さんのチーズタッカルビのレシピ。金スマで話題の作り方。

TBSテレビの「中居正広の金スマスペシャル」で話題になった、タレントの…

そばの実ダイエットのレシピ。得する人損する人で話題のラクやせ法。

日本テレビの「得する人損する人」で話題になった、そばの実ダイエットのレ…

きゅうりダイエットのレシピ。得する人損する人で話題のラクやせ法。

日本テレビの「得する人損する人」で話題になった「きゅうりもぐもぐダイエ…

山椒の実の下処理の方法。簡単な枝の取り方・アク抜き。

山椒の実のアクを抜く方法と、実に付いた枝の簡単な取り方をご紹介します。…

バナナの保存方法。ラップをして冷蔵庫がいちばん長持ちします。

バナナが日持ちする保存方法をご紹介します。 一番のおすすめは、ラップを…

ギーの作り方。インドのバターオイルを簡単に手作りする方法。

インドのバターオイル「ギー」を手作りする方法をご紹介します。 インド・…

ポッサムのレシピ。ファン・インソンさんの本格韓国料理。

ポッサムの本格レシピをご紹介します。 男性なのに可愛すぎると話題の、い…

得する人損する人の人気レシピ。得損ヒーローズの料理217品まとめ。

家庭料理の斬新なアイデアが盛りだくさんの人気番組、日本テレビの「あのニ…

おびゴハンの人気レシピ。TBSの料理番組簡単メニュー186品まとめ。

タレントの北斗晶さんがレギュラー出演している、主婦に人気の料理番組、T…

プロの作り置き人気レシピ。常備菜110品まとめ。

プロが考案した野菜や魚介を使った料理の中から、常備菜におすすめの人気レ…

柳澤英子さんのやせるおかず作り置きレシピ。70品まとめ。

料理研究家の柳澤英子さんの人気レシピ70品をご紹介します。 当サイトで…

みきママの人気レシピ。83品まとめ。

おうち料理研究家のみきママの人気レシピ83品をご紹介します。 当サイト…

小倉優子さんの人気レシピ。ゆうこりんの料理20品まとめ。

ゆうこりんこと、タレントの小倉優子さんの人気レシピを20品ご紹介します…

北斗晶さんの料理人気レシピ。86品まとめ。

タレントの北斗晶さんの人気レシピ86品をご紹介します。 子供も喜ぶ優し…

平野レミさんの人気レシピ。69品まとめ。

料理愛好家の平野レミさんの人気レシピを69品ご紹介します。 おしゃれな…

家事えもんの人気レシピ。99品まとめ。

家事えもんこと、タレントの松橋周太呂さんの人気レシピを99品ご紹介しま…

プロの作り置き人気レシピ。肉の常備菜43品まとめ。

プロが考案した肉料理の中から、常備菜におすすめの人気レシピを43品ご紹…

超時短レシピ。10分以内で作れる人気料理195品まとめ。

10分以内で作れる時短レシピを195品ご紹介します。 当サイトではテレ…

超時短レシピ。3分以内で作れる人気料理74品まとめ。

3分以内で作れる時短レシピを74品ご紹介します。 当サイトではテレビで…

ダイエットの人気レシピ。糖質制限メニュー177品まとめ。

糖質制限ダイエットにおすすめの人気レシピ177品をご紹介します。 当サ…

銀だこが教える、たこ焼きのレシピ。家庭で作る方法。

人気たこ焼きチェーン店「築地 銀だこ」がすすめる、家庭でもできる、タコ…

最新記事

かぼちゃのサンドイッチの簡単レシピ。レンジを使って8分で完成。

かぼちゃを使ったサンドイッチの簡単レシピをご紹介します。 料理研究家の…

そら豆のレシピ。クリームチーズを使った初夏のサンドイッチ。

そら豆を使ったサンドイッチのレシピをご紹介します。 料理研究家の枝元な…

海苔醤油トーストのレシピ。メゾンカイザーがすすめる和風朝食。

朝食におすすめのトーストのレシピをご紹介します。 人気ベーカリー「メゾ…

手羽元のおすすめレシピ。伝説の家政婦 志麻さんの作り置き。

鶏手羽元のおすすめレシピをご紹介します。 伝説の家政婦こと、家事代行サ…

鶏肉の観音開きの方法。胸肉やささみを包丁で開くやり方。

鶏胸肉や鶏ささみを観音開きにする方法をご紹介します。 観音開きとは、鶏…