やまでら くみこ のレシピ

テレビで話題の人気レシピをメインに紹介しています。

バナナの保存方法。ラップやビニール袋で覆って冷蔵庫が一番長持ち。

投稿日:2015年11月2日 更新日:

バナナ 冷蔵庫 保存

バナナを生のまま日持ちさせる保存方法をご紹介します。

おすすめは冷蔵保存

一番のおすすめは冷蔵保存です。
バナナをはじめとする南国のフルーツは、気温の低いところに置くと低温障害で皮が黒くなってしまうため、冷蔵は一般的にはNGと言われています。
でも変わるのは皮の色だけで、中身は常温に置くよりもずっと長持ちします。
冷蔵庫の野菜室でバナナを保存する方法は、食品保存の専門家もすすめています。

皮の黄色をキープするにはラップやビニール

またバナナの皮の黄色をキープしたい場合は、1本だったらラップをして、複数本だったら新聞紙などに包んでビニール袋に入れて冷蔵保存するといいです。(1房だったら、あらかじめ少しばらしておく方が、均一に日持ちしやすいです。)
ラップやビニールなどを使って、冷蔵庫の冷気が直接当たらないようにすると、きれいな見た目が比較的長く保てます。

バナナ 冷蔵庫 保存
上の写真をご覧ください。

熟し方が同じくらいのバナナ4本を、冷蔵庫の野菜室に1週間入れたものです。

写真右の茶色いバナナ2本は、新聞紙に包んで野菜室に入れました。
左側の黄色いバナナ2本は、新聞紙に包み、さらにビニール袋に入れ、袋の口を縛りました。

ビニール袋で覆うだけで、1週間後にはこんなに色の違いが出ます。

保存したいバナナが1本だけだったら、新聞紙は使わずラップで全体を包むだけでも、同じくらいの効果があります。(新聞紙は湿気がこもりやすいという理由で使っています。)

バナナの中身の変化に違いはない

バナナ 冷蔵庫 保存
ただバナナの中身は、それほど違いはありません。

1週間経っても、どちらも買ったばかりに近い状態です。
とは言え、皮の色もきれいな方が良いでしょうから、ビニール袋やラップを使って、冷蔵庫の野菜室に入れた方がいいですよ。

3週間後の見た目

バナナ 冷蔵庫 保存
この方法を使って、買ったばかりの柄がまだ青いバナナを保存すると、3週間ほど日持ちします。

上の写真は、新聞紙で包んでビニール袋に入れて、野菜室で3週間保存したバナナ。
皮はかなり茶色くなっていますが、中身はまだかたさがあり、十分食べられます。

長期保存する場合は、新聞紙やビニール袋に湿気がこもりやすいので、5日に1回くらい開けて、湿気を逃がすといいですよ。

実際にいろいろなシチュエーションで比較した結果を踏まえて、バナナの上手な保存方法をおすすめ順にご紹介します。

(情報元:TBSテレビ「この差って何ですか?」バナナを長持ちさせるプロ技 2015年11月1日放映、NHK「あさイチ」プロのバナナの保存法 2018年5月1日放映)

1位 バナナを冷蔵庫の野菜室に入れる

バナナ 保存 冷蔵庫

NHKの「あさイチ」では「黄色くなったバナナを最も日持ちさせる方法」として、冷蔵庫の野菜室に入れる保存法が紹介されたことがあります。

バナナを野菜室に入れると、低温障害で色が茶色くなってしまいますが、変わるのは皮の色だけで、中身は常温に置くよりもずっと長持ちします。

またすでにお伝えした通り、新聞紙などで包んだ上でビニール袋に入れて冷蔵すると、皮の色は比較的きれいな状態に保てます。

バナナ 冷蔵庫 保存
上の写真をご覧ください。

バナナの保存方法5パターンを1週間後に比較した写真です。
一番左が、冷蔵庫の野菜室に入れたバナナで、他の4本は、常温に置いたバナナです。

具体的には、左から順に次のような保存方法を試しました。
ちなみに気温は、1年の中では高め(5月:平均20度くらい)の1週間です。

  • 冷蔵庫の野菜室に新聞紙に包んで入れる
  • 常温に吊るす
  • 常温に置く
  • 柄の部分にラップをして常温に置く
  • アルミホイルで包んで常温に置く

一番左の冷蔵庫の野菜室に入れたバナナをご覧ください。
低温障害によって茶色くなったバナナの皮は、常温に置いて熟した他の4本のバナナとは明らかに違い、全体により均一に変色しています。
日持ちという観点から眺めると、見た目はどれも同じくらい熟しているか、もしくはすでに食べ頃を過ぎてしまっているようにしか見えません。


でも皮をむいてみると、冷蔵庫に入れたバナナの中身の状態は、他の4本とまったく違いました。

写真では違いが分かりませんが、冷蔵庫に入れたバナナだけは、しっかりした硬さが残っており、完熟にはほど遠い状態のままでした。冷蔵庫に入れる前の状態とほとんど変わらず、ずば抜けて日持ちが良いことが分かりました。

食品科学の専門家、首都大学東京の酪農大学の東直樹教授によると、バナナは、気温が高いと呼吸が活発になり、成長ホルモンである「エチレンガス」が発生しやすくなります。
でも5〜10度くらいの涼しい場所(冷蔵庫の野菜室など)に保存すると、バナナの呼吸をおさえることができるので、日持ちするようになるそうです。
ちなみに冷蔵庫の野菜室だったら、バナナの皮の乾燥も防げるので、そうした点でも理想的だということです。

【保存のポイント】
バナナを冷蔵庫の野菜室に入れると、バナナの呼吸をおさえることができるので、日持ちするようになる。

ちなみに気温が5〜10度くらいの季節だったら、常温に置いても日持ちはさほど変わらないということになりますので、そうした涼しい時期には、吊るすなどして常温に置くが正解です。

2位 バナナの柄の部分にラップをする

バナナ 保存 冷蔵庫

バナナの保存方法として2番めにおすすめなのは、バナナの柄の部分にラップをする方法です。

これはTBSテレビの「この差って何ですか?」で話題になった保存方法で、人気果物店「カワムラフルーツ」の川村昌敏さんがすすめる裏ワザです。

ラップの仕方を念のため写真で説明します。

材料
バナナ 1本

バナナ 保存 冷蔵庫
【工程1】
まずバナナを1本ずつばらします。

そしてバナナの柄の部分だけをラップでしっかり包みます。これでお終いです。


バナナ 保存 冷蔵庫
【工程2】
ちなみに柄の部分にラップをしていないバナナが近くにあったり、またりんごやメロンといったエチレンガスを出す食材がある場合は、上の写真のように、バナナ全体をさらにラップでしっかり包みます。


このようにバナナにラップをすると、熟し過ぎを防ぐことが出来る上に、皮のきれいな黄色を比較的長くキープできます。
こんなことが本当に効くのかと思うかもしれませんが、実際に試してみると違いが良く分かります。

でもなぜラップをするだけで、バナナを日持ちさせることができるのでしょうか。

川村さんによると、バナナが熟すのは、バナナ自体が出す成長ホルモン「エチレンガス」が原因です。
バナナの柄の部分をラップで巻くと、バナナがエチレンガスを放出するのをおさえることができます。
さらにバナナ全体にラップをすると、まわりにあるバナナや他の食品(りんごなど)が出すエチレンガスの吸収をおさえることができます。
2段階に分けてラップで包むと、バナナがエチレンガスに触れにくくなるので、熟し過ぎを防げるというわけです。

【保存のポイント】
バナナの柄の部分をラップで包み、さらに全体をラップで覆うと、バナナがエチレンガスに触れにくくなるので、日持ちするようになります。

バナナの柄にラップをする方法の注意点

ただこのバナナの柄にラップをする方法には、注意しなければならない点もあります。

すでにお伝えした通り、保存したいバナナのまわりに、他のバナナやエチレンガスを出す食材がある場合は、バナナの柄の部分だけでなく、バナナ全体をラップで包む必要がありますが、バナナをラップで覆い尽くすと、蒸し暑い季節には、かえって痛みやすくなります。

ですのでこの方法で保存する場合は、すべてのバナナの柄の部分にラップをするか、まわりにエチレンガスを発する食材を置かないのがおすすめです。
気温が高い時期には、冒頭にお伝えした冷蔵庫の野菜室に入れる保存方法が1番いいです。

バナナ 保存 冷蔵庫
またすべてのバナナの柄の部分をラップで包んだとしても、冷蔵庫に入れる場合は、ビニールに入れたりラップで全体を覆ったりしないと、皮の色が変わってしまいますので注意してください。

上の写真は柄の部分にラップをして冷蔵庫(野菜室)に1週間入れたバナナです。
左側の茶色くなった2本のバナナは、新聞紙で包んだだけ。
右側の黄色い2本のバナナは、新聞紙で包んだ上でビニール袋に入れて口を縛ったものです。

ちなみにラップだけで済ませたい時は、柄の部分にラップをした上で、さらに全体をラップで包むと、冷蔵庫の野菜室に入れても、ビニール袋に入れた場合と同じくらい皮の色は変りません。

3位 バナナを常温に吊るす

バナナを吊るす

続いてご紹介するのは、バナナスタンドなどでバナナを吊るす方法です。

ちなみに上の写真では、左から2番めが吊るしたバナナ(1週間後)です。
見た目では、その右隣りにある常温に置いただけのバナナ(1週間後)との違いはあまり分かりませんが、皮をむいてみると、やはり吊るした方が、少し熟し方が遅いことが分かりました。

バナナは寝かして置くと、重みがかかった部分から痛むので、できれば吊るして保存するのが良いようです。

4位 バナナを常温に置く

バナナ 常温

バナナを常温にただ置くだけの保存方法は、気温が5〜10度くらいまでだったら、悪くありません。

すでにお伝えした通り、バナナは重みがかかった部分から傷むので吊るして置く方がおすすめですが、気温がそれほど高くなければ、バナナの熟し方も比較的ゆるやかなので、暑い季節よりは保存が効きます。

5位 バナナをアルミホイルで覆う

バナナ アルミホイル

最後にご紹介するのは、バナナをアルミホイルで包む方法(一番右)です。

これは保存方法というわけではなく、バナナを何かで包むということが、気温が高い時にどれほどのデメリットになるかということを示す一例として挙げています。

バナナ アルミホイル
アルミホイルで包んだバナナ(一番右)は、5パターン中で最も日持ちしませんでした。

バナナをアルミホイルで包むと、内部に熱がこもって蒸れやすくなります。暑い季節にはなおさらです。
また密閉状態になることで、バナナ自体が放出する成長ホルモン「エチレンガス」にもしっかりさらされることになり、追熟がぐんぐん進んでしまいます。

ちなみにラップで包んだバナナも、気温が高い時期に常温に置くと、アルミホイルで包んだ場合と同じくらい蒸れて腐りやすくなります。

以上、バナナの保存上手な保存方法をお伝えしました。

バナナの熟し過ぎを抑えて劇的に長持ちさせるには、バナナを少しばらして、新聞紙などで包んでビニール袋に入れ、袋の口を縛って冷蔵庫の野菜室に入れるのが1番おすすめです。
1本だったらラップをして、野菜室に入れてもいいですよ。

人気レシピ集

テレビで話題のプロやタレントの人気レシピ。ランキングはリアルタイムで入れ替えています。

食材

バナナの人気レシピ(11品)

番組

あさイチの人気レシピ(58品)







前の記事

ミシュランシェフの、さんまフライのレシピ。内蔵を使います。

東京・荻窪にある割烹料理の名店「有いち」の店主 橘光太郎さんがすすめる、サンマのフライのレシピをご紹介します。 橘さんによるとサンマのフライ…

次の記事

手羽元チューリップの作り方。キッチンバサミを使うと便利です。

鶏の手羽元を使って、唐揚げに便利なチューリップを作る方法をご紹介します。 キッチンバサミを使うと、作業がラクですよ。 材料【調理時間15秒】…

関連記事

とうもろこしの保存方法。冷凍と冷蔵は、火を通してから。

トウモロコシの上手な保存方法をご紹介します。 トウモロコシは鮮度が落ちるのが早いので、買ってきたらすぐに加熱し、ラップに包んで冷蔵します。 …

バナナの冷凍方法とバナナジュースのおすすめレシピ。

バナナの冷凍方法と冷凍バナナを使ったお薦めレシピを3品ご紹介します。 バナナは冷凍すると1ヶ月くらい日持ちします。 また東大ママドクターの伊…

ゆずの保存方法。皮と果汁を冷凍・冷蔵する方法。

ゆずの上手な保存方法をご紹介します。 ゆずを冷凍する方法は4通りあります。 果汁を絞って製氷皿に入れる 皮を刻んでラップで包む 丸ごとポリ袋…

レモンの保存。冷凍・冷蔵で日持ちさせる方法。

レモンの保存方法と洗い方をご紹介します。 レモンを冷凍する方法は、上の写真を見ていただくと分かる通り、いろいろあります。 丸ごと1個をラップ…

アスパラガスの保存方法。冷凍・冷蔵の仕方。

アスパラガスの保存方法をご紹介します。 冷凍する場合は、少し硬めに塩ゆでし、食べやすい大きさに切って、ラップをして保存袋に入れます。 冷蔵す…

人気記事ランキング

うなぎの蒲焼きの温め方。おすすめ6パターンまとめ。

うなぎの蒲焼きの美味しい温め方を6パターンご紹介します。 当サイトでは…

うなぎのフライパンを使った温め方。超一流うなぎ職人のお薦め。

超一流のうなぎ職人がすすめる、スーパーで買ったうなぎの蒲焼きを温める方…

プロがすすめる、とうもろこしの加熱法。皮つきのまま電子レンジでチン。

トウモロコシの生産者がすすめる、トウモロコシが美味しくなる加熱法をご紹…

うなぎ蒲焼きのあたため方。緑茶で煮るとふわふわになります。

安くて硬いウナギの蒲焼きを簡単に美味しくする裏ワザをご紹介します。 緑…

梅干しの作り方。初心者でも失敗しない簡単な漬け方。

梅干しの漬け方をご紹介します。 私は10年ほど前から自家製梅干しを作っ…

ピックアップ記事

冷やしうどんのおすすめレシピ。小倉優子さんの簡単料理。

冷やしうどんのおすすめレシピをご紹介します。 ゆうこりんこと、タレント…

ピーマンの塩昆布和えのレシピ。ミシュランシェフのさっぱりおかず。

ピーマンがたっぷり食べられる簡単レシピをご紹介します。 ミシュランガイ…

ニラ玉のおすすめレシピ。10分でできる人気シェフのふわとろ中華。

ニラ玉のおすすめレシピをご紹介します。 中華料理の名店「美虎」のオーナ…

得する人損する人の人気レシピ。得損ヒーローズの料理228品まとめ。

家庭料理の斬新なアイデアが盛りだくさんの人気番組、日本テレビの「あのニ…

そうめんの美味しい茹で方。超一流そうめん職人のおすすめです。

超一流そうめん職人がすすめる、そうめんの美味しい茹で方をご紹介します。…

枝豆をレンジでチンする方法。時間は500wで5分。

枝豆を電子レンジでチンする方法をご紹介します。 群馬県沼田市の人気枝豆…

枝豆を蒸し焼きにする方法。栄養もムダなく取れます。

枝豆をフライパンで蒸し焼きにして火を通す方法をご紹介します。 管理栄養…

枝豆の美味しい茹で方。茹で時間は4〜5分。

枝豆の上手な茹で方を2パターンご紹介します。 1つめは基本の茹で方で、…

うなぎの蒲焼きの温め方。おすすめ6パターンまとめ。

うなぎの蒲焼きの美味しい温め方を6パターンご紹介します。 当サイトでは…

鶏ハムのおすすめレシピ。伝説の家政婦 志麻さんの時短料理。

鶏ハムのおすすめレシピをご紹介します。 伝説の家政婦こと、家事代行サー…

シューファルシのお薦めレシピ。伝説の家政婦 志麻さんのロールレタス。

シューファルシのおすすめレシピをご紹介します。 伝説の家政婦こと、家事…

しそジュースのおすすめレシピ。赤紫蘇シロップの作り方。

しそジュースのおすすめレシピをご紹介します。 そろそろ梅雨入りかなとい…

卵焼きサンドイッチのお薦めレシピ。天のやの人気玉子サンド。

ふわふわの厚焼き卵をパンで挟んだ、卵焼きサンドイッチの超おすすめレシピ…

たまごサンドのレシピ。プロが教える美味しいサンドイッチの作り方。

プロのサンドイッチ屋さんがすすめる「たまごサンド」のレシピをご紹介しま…

世界一美味しいカルボナーラのレシピ。得する人損する人で話題。

日本テレビの「得する人損する人」で話題になった、世界一美味しいカルボナ…

梅酒の作り方。手作り梅酒のおすすめレシピ。

手作り梅酒のおすすめレシピをご紹介します。 私は10年ほど前から梅酒を…

プロのお弁当 おかず簡単レシピ。107日分まとめ。

お弁当の簡単おかずレシピを107パターンご紹介します。 107品すべて…

北斗晶さんのチーズタッカルビのレシピ。金スマで話題の作り方。

TBSテレビの「中居正広の金スマスペシャル」で話題になった、タレントの…

そばの実ダイエットのレシピ。得する人損する人で話題のラクやせ法。

日本テレビの「得する人損する人」で話題になった、そばの実ダイエットのレ…

きゅうりダイエットのレシピ。得する人損する人で話題のラクやせ法。

日本テレビの「得する人損する人」で話題になった「きゅうりもぐもぐダイエ…

山椒の実の下処理の方法。簡単な枝の取り方・アク抜き。

山椒の実のアクを抜く方法と、実に付いた枝の簡単な取り方をご紹介します。…

バナナの保存方法。ラップやビニール袋で覆って冷蔵庫が一番長持ち。

バナナを生のまま日持ちさせる保存方法をご紹介します。 おすすめは冷蔵保…

ギーの作り方。インドのバターオイルを簡単に手作りする方法。

インドのバターオイル「ギー」を手作りする方法をご紹介します。 インド・…

プロの作り置き人気レシピ。常備菜123品まとめ。

プロが考案した野菜や魚介を使った料理の中から、常備菜におすすめの人気レ…

柳澤英子さんのやせるおかず作り置きレシピ。71品まとめ。

料理研究家の柳澤英子さんの人気レシピ71品をご紹介します。 当サイトで…

みきママの人気レシピ。節約簡単料理89品まとめ。

おうち料理研究家のみきママの人気レシピ89品をご紹介します。 当サイト…

小倉優子さんの人気レシピ。ゆうこりんの料理26品まとめ。

ゆうこりんこと、タレントの小倉優子さんの人気レシピを26品ご紹介します…

北斗晶さんの料理人気レシピ。85品まとめ。

タレントの北斗晶さんの人気レシピ85品をご紹介します。 子供も喜ぶ優し…

平野レミさんの人気レシピ。71品まとめ。

料理愛好家の平野レミさんの人気レシピを71品ご紹介します。 おしゃれな…

プロの作り置き人気レシピ。肉の常備菜51品まとめ。

プロが考案した肉料理の中から、常備菜におすすめの人気レシピを51品ご紹…

超時短レシピ。10分以内で作れる人気料理222品まとめ。

10分以内で作れる時短レシピを222品ご紹介します。 当サイトではテレ…

超時短レシピ。3分以内で作れる人気料理82品まとめ。

3分以内で作れる時短レシピを82品ご紹介します。 当サイトではテレビで…

糖質制限ダイエットの人気レシピ。おすすめメニュー185品まとめ。

糖質制限におすすめの人気レシピ185品をご紹介します。 ダイエットや健…

銀だこが教える、たこ焼きのレシピ。家庭で作る方法。

人気たこ焼きチェーン店「築地 銀だこ」がすすめる、家庭でもできる、タコ…

ポッサムのレシピ。ファン・インソンさんの本格韓国料理。

ポッサムの本格レシピをご紹介します。 男性なのに可愛すぎると話題の、い…

バクテー(肉骨茶)のお薦めレシピ。人気のシンガポール料理の作り方。

バクテー(肉骨茶)のおすすめレシピをご紹介します。 インド料理の名店「…

最新記事

パクチーオイルのレシピ。保存期間3ヶ月の万能調味料。

たったの8分でできる、パクチーを使った万能調味料のレシピをご紹介します…

鶏手羽中の煮込みのおすすめレシピ。電子レンジで簡単に作れます。

鶏手羽中の煮込みのおすすめレシピをご紹介します。 人気フレンチビストロ…

枝豆のおすすめレシピ。おつまみにぴったりの紹興酒漬け。

枝豆のおすすめレシピをご紹介します。 料理家の栗原心平さんが考案した「…

チーズインハンバーグの簡単レンジレシピ。あさイチで話題。

電子レンジを使ったチーズインハンバーグのお薦めレシピをご紹介します。 …

なす味噌田楽の簡単レシピ。フライパン1つで作れます。

ナスを使った味噌田楽の簡単レシピをご紹介します。 料理家の栗原心平さん…