やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

バナナを冷凍保存する方法とバナナジュースのおすすめレシピ。

投稿日:2018年5月27日 更新日:

バナナの冷凍保存方法と、冷凍バナナを使ったお薦めレシピを4品ご紹介します。

バナナは、冷凍すると1ヶ月くらい日持ちします。

栄養面でも効果あり

東大ママドクターの伊藤明子さんによると、バナナは冷凍すると、栄養面でも良いようです。
冷凍することで、バナナに含まれるポリフェノールが増えるという研究があるとのこと。
ポリフェノールは強い抗酸化力があり、脳や血管を老けさせない効果があります。

料理の具材に使える

バナナを冷凍して解凍することで食感は失われますが、料理の具材として利用する分には問題なし。
バナナジュースなどのドリンク系はもちろん、煮込み料理などにも使えますよ。

(一部情報元:NHK「あさイチ」2018年5月1日、テレビ朝日「林修の今でしょ!講座」2018年7月3日、TBSテレビ「マツコの知らない世界」2019年7月23日)

バナナの冷凍方法

冷凍保存期間:1ヶ月

冷凍

バナナを冷凍する場合は、あらかじめバナナを完熟させておくと美味しくいただけます。

冷凍する手順としては、まず皮をむきます。
皮をむかずに冷凍することもできますが、あらかじめむいておいた方が、使う時にラクです。

そして、適当な大きさに切り、小分けにしてラップでぴったり包んだうえで、保存袋に入れます。(上の写真)
ここで、バナナにレモン汁(適量)を振りかけておくと、茶色く変色しにくくなるのでおすすめです。

また、丸ごとではなく小さく切った方が、冷凍&解凍が早いので便利です。
目的に応じてバナナを潰したり、ペースト状にして冷凍するのもいいですよ。

解凍

バナナの解凍は、常温にしばらく置くか、もしくは冷蔵庫に移すなどして、自然解凍します。
時間がない場合は、レンジで軽くチンすることもできます。

ただ、解凍したバナナは、そのまま食べると食感が無くて美味しくありません。
ですから、凍ったままスムージーにしたり、半解凍くらいでカップケーキの生地に練り込んだり、カレーなどの煮込み料理の風味付けに使うことをおすすめします。

次に冷凍バナナを使ったおすすめレシピ4品をご紹介します。

冷凍バナナのおすすめレシピ

冷凍バナナを使ったお薦めレシピ4品をご紹介します。

4品ともプロが考案したドリンクのレシピです。

激うまバナナジュース

まず最初にご紹介するのは、冷凍バナナを使ったバナナジュースのおすすめレシピ。

NHKの「あさイチ」で話題になった、バナナ専門店の梅田厚子さんが考案した「激うま!バナナジュース」です。

梅田さんは、群馬県でバナナ専門店を営んで50年のスペシャリストです。

材料【1人分:調理時間3分】
冷凍バナナ(完熟) 70g
生のバナナ 30g
牛乳 130cc
作り方
  1. 材料すべてをミキサーにかけたらできあがり。

このバナナジュースを美味しく作るポイントは3つあります。

1つめは、冷凍バナナと生バナナを「激うま」になる黄金比で使うこと。
7:3の割合で使用します。
冷凍バナナに生のバナナの風味を加えると、バナナジュースがぐっと美味しくなるそうです。

2つめは、冷凍バナナは十分に完熟したものを使うこと。
甘みとコクがピークになったバナナを使うと「激うま」に仕上がるそうです。



材料をミキサーにかければ出来上がり。
すっきりとした甘さの風味豊かなバナナジュースの完成です。

冷凍バナナに生のバナナを加えると、味に深みが出て、美味しさがアップしますよ。


専門店のバナナジュース

続いては、TBSテレビの「マツコの知らない世界」で話題になった、バナナジュース専門店のレシピです。

考案したのは、東京・八丁堀の「sonna banana(そんなバナナ)」の店主、野田枝里さん。
冷凍バナナと牛乳だけで作るシンプルなバナナジュースです。

バナナを前日の夜から冷凍庫で凍らせると、翌朝、新鮮で美味しいバナナジュースが飲めます。

材料【2人分】
バナナ 3本
牛乳(※) 200ml

※ 牛乳は、あっさりめの味のものがおすすめ。

作り方
  1. 前日の夜に、バナナの皮を剥き、適度な長さに切ったうえで、冷凍庫に入れる。
  2. 翌朝、材料全てをミキサーにかけたら出来上がり。

野田さんによると、できるだけ砂糖は入れない方がいいそうです。
バナナジュースは、バナナの甘みだけで十分美味しくいただけるとのことです。

また、自分好みのバナナジュースを作るには、バナナの産地や標高ごとの味の違いも把握しておくといいそうです。
日本に輸入されるバナナのほとんどがキャベンディッシュという品種ですが、同じ品種でも、育った環境によって味が異なるためです。

産地や標高によって、次のような違いがあるそうです。

フィリピン産の高地栽培

昼夜の寒暖差が激しいため、甘みがギュッと詰まっている。

フィリピン産の低地栽培

寒暖差があまりないので、あっさりとした味。
朝にさっぱり飲みたい方におすすめ。

エクアドル産の低地栽培

台風の影響がないため安定して高品質。
昼夜の寒暖差が激しいため、甘くなる。
濃厚な甘みと強いバナナ感が特徴。


ちなみに、タレントのマツコデラックスさんは、3つの中で「フィリピン産の低地栽培」が一番好みだと仰っていましたよ。

産地の違うバナナを買ってきて、食べ比べ、飲み比べしてみるのも楽しそうですね。

最後に、冷凍バナナで作る、美容と健康に良いスムージーを2品ご紹介します。


バナナの美肌スムージー

冷凍バナナのスムージー

カロリーオフ 美肌スムージー

美肌効果が期待できるスムージーです。
詳しい作り方はリンク先をご覧ください。

このスムージーは、生のバナナでも冷凍バナナでも作れます。

バナナ以外の材料は、トマトと牛乳だけ。
整腸効果が期待できるバナナに加え、トマトに含まれるリコピンには抗酸化作用があるので、牛乳と合わせて摂ることで吸収率が高まるそうです。

管理栄養士の高木祐香さんのレシピ
5分
スーパーフルーツトマトバナナ牛乳ミントの葉

作り方を見る

究極の美腸バナナドリンク

冷凍バナナとヨーグルトのドリンク

究極の美腸ドリンク

このヨーグルトベースのドリンクは、整腸作用が大変優れているので、痩せる・若返る・健康になる効果が期待できるそうです。

材料は、ヨーグルト・豆乳・バナナ・抹茶・はちみつ。
すべて腸に良い食材です。
このドリンクも、生のバナナでも冷凍バナナでも作れます。

ちなみに、レシピ考案者の辨野さんは、このヨーグルトドリンクで腸の働きを高めた結果、10キロもの減量に成功した経験があるそうです。
ダイエットをしている方にもおすすめです。

農学博士の辨野義己さんのレシピ
1分
プレーンヨーグルト豆乳バナナ抹茶・はちみつ

作り方を見る

ドライバナナの作り方

ところで、バナナは乾燥して保存することもできます。

最後に東大ママドクターの伊藤明子さんが考案した「乾燥バナナチップ」の作り方をご紹介します。

伊藤さんによると、バナナを乾燥させると、バナナに豊富に含まれるカリウムが効率良く摂れるそうです。
水分が抜けてカリウムが凝縮するので、少量食べるだけでもたっぷり摂れるのだとか。
カリウムには血管を老けさせない効果があります。

材料【調理時間2分/干す時間除く】
バナナ 適量
作り方
  1. バナナを5ミリ幅にスライスする。
  2. 干物を干す網に並べ、夏場なら2〜4日天日干ししたらできあがり。

ドライバナナは自宅でも意外と簡単に手作りすることができるようです。

ドライバナナは栄養が豊富なおやつですが、一方で、表面にまぶしてある砂糖が気になる方は多いと思います。
でも自宅で手作りすれば、バナナの自然な甘みをいかしたヘルシーなおやつができますよ。

関連記事

バナナスムージーにヨーグルトを足して腸活&ダイエット!レシピと効果。

バナナとヨーグルトを使ったスムージーのレシピをご紹介します。材料は、バナナとヨーグルトと牛乳だけ。甘さ控えめの飲みやすいスムージーなので、腸…

ぶどうの栄養。皮ごと&種ごと食べると効果アップ!疲労回復におすすめ。

ぶどうに含まれる栄養成分とその効果について解説します。豊かな甘みが魅力的なぶどうは、その味が示すとおり、糖質が主成分。糖質の中でも、体に吸収…

トマトの保存方法!冷凍・冷蔵・常温の保存期間と長持ちのコツ。

トマトの保存方法をご紹介します。冷凍・冷蔵・常温の3パターンの保存法。それぞれに長所がありますが、トマトの旨味をしっかりと引き出したいなら、…

焼きバナナのフライパンレシピ。風邪予防に効く簡単おやつ。

「教えてもらう前と後」(TBSテレビ)で話題になった「風邪予防に効く80度バナナ」のレシピをご紹介します。管理栄養士の赤石定典さんが考案した…

セロリの保存方法。冷凍できるが食感は劣化!長期なら保存食がおすすめ。

セロリの冷凍保存・冷蔵保存について解説します。セロリは常温保存に向かない食材なので、買ったらすぐに冷蔵庫に入れます。その際には、葉と茎を切り…

おすすめ記事

さつまいものレンジでの蒸し方。短時間で柔らかく!ふかし芋の簡単レシピ。

さつまいもを電子レンジで蒸して、ふかし芋を作る簡単な方法をご紹介します…

さつまいもの上手な保存方法。常温、冷蔵、冷凍の3つに分けて紹介。

さつまいもの保存方法をご紹介します。紹介するのは、「常温」・「冷蔵」・…

栗ご飯のレシピ。シンプルな味付けが旨い!炊飯器を使った簡単な作り方。

栗ご飯のおすすめレシピをご紹介します。栗ごはんの炊き方にはいくつかの方…

栗の簡単な茹で方。茹で時間は50分!茹で栗の剥き方や保存も解説。

栗の茹で方をご紹介します。普通の鍋で茹でる方法と、圧力鍋で加圧する方法…

生落花生の茹で方と食べ方。旬の時期限定!水から塩茹でが一番。

生落花生の上手な茹で方と美味しい食べ方をご紹介します。生落花生の収穫時…

ゆで卵の作り方。茹で時間は何分?半熟や固ゆでの簡単基本レシピ。

ゆで卵の作り方を動画でご紹介します。鍋を使って作る、ゆで卵の簡単レシピ…

味噌汁の具材の組み合わせ人気100選。具だくさん味噌汁のアイデア集。

お味噌汁の具の組み合わせを、一挙にご紹介します。人気の定番レシピから、…

生落花生(ピーナッツ)の炒り方!レンジ・フライパン・オーブンを比較。

生落花生の炒り方(煎り方)をご紹介します。乾燥生落花生を、フライパン・…

なすの人気レシピ17選。簡単メニューからメイン料理まで一挙紹介。

なすの人気レシピ17品をご紹介します。レンジを使った簡単レシピや、メイ…

人参の人気レシピ22選。作り置きやお弁当おかずに便利な簡単人参料理。

人参の人気レシピを22品ご紹介します。当サイトの数多くの人参レシピの中…

さつまいもの蒸し方。簡単で美味しいふかし芋!鍋やフライパンでもOK。

さつまいもの美味しい蒸し方(ふかし方)をご紹介します。特別な道具がなく…

糖質制限ダイエットの人気レシピ88選。低糖質で簡単!食事メニューまとめ。

糖質制限におすすめの人気レシピ88品をご紹介します。使っている食材は、…

なすとひき肉の甘辛あんかけレシピ。丼にしても美味しい!和風簡単料理。

なすとひき肉を使った、醤油風味の甘辛おかずのレシピをご紹介します。なす…

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッ…

豚肉と厚揚げの簡単レシピ。濃厚でコク旨!豚こまの柔らか炒めの作り方。

豚肉と厚揚げを使った炒め物の簡単レシピをご紹介します。豚こま切れ肉・厚…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベー…

くるみのスコーン。カリッと焼いたクルミが旨い!くるみたっぷりレシピ。

くるみスコーンのおすすめレシピをご紹介します。くるみをふんだんに使った…

梨のコンポートの簡単レシピ。柔らか食感が美味い!日持ちは3週間。

梨(和梨)のコンポートの簡単レシピをご紹介します。梨を砂糖と一緒に煮る…

梨の切り方と剥き方!基本からおしゃれ&かわいい飾り切りまで6選。

梨の切り方と皮の剥き方をご紹介します。基本からおしゃれなやり方まで全6…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えし…

最新記事

里芋の味噌汁レシピ。具沢山で大満足!油揚げとねぎの組み合わせ。

里芋の味噌汁の作り方をご紹介します。里芋と組み合わせるのは、油揚げとネ…

いかくんとセロリのマリネレシピ。いかの燻製とセロリがかなりの好相性!

セロリといかくん(いかの燻製)を使った、簡単で美味しいマリネのレシピを…

小イワシの唐揚げレシピ。カタクチイワシ(シコイワシ)の丸ごと簡単料理

小いわし(カタクチイワシ:別名シコイワシ)の唐揚げレシピをご紹介します…

いわしフライのレシピ。少ない油で簡単!フライパンを使った作り方。

鰯(イワシ)フライのレシピをご紹介します。フライパンで揚げ焼きにするお…

里芋の煮物レシピ。煮っころがしが簡単で旨い!人気里芋料理の作り方。

里芋の煮物(煮っころがし)のレシピをご紹介します。里芋を食べやすい大き…