濃厚ならこのレシピ!バナナジュースの作り方。美味しい手作りバナナミルク

投稿日:2021年3月30日 更新日:

バナナジュース

バナナの濃厚な味が楽しめる、バナナジュースのおすすめレシピをご紹介します。

調理のポイントは、バナナを冷凍させてからジュースに使うこと。
冷凍バナナでジュースを作るメリットは、大きく分けて3つあります。

味の濃さ

氷を加えなくても冷たいジュースが作れるので、味が薄まりません。

保存性

冷凍したバナナは1ヶ月ほど日持ちするので、ストックしておけば、飲みたい時にいつでも作れます。

完熟バナナの味をキープできる

熟れて甘みがピークに達したバナナを冷凍しておくことで、美味しさを閉じ込めておくことができます。

レシピ動画

材料

1人分:調理時間3分
バナナ 1本(正味100g)
牛乳 150ml
カロリー
1人分187kcal

作り方

完熟バナナ

このジュースを作る際には、完熟したバナナを使うことを強くおすすめします。
スーパーで買ってきたばかりの黄色くてきれいなバナナでは、美味しく作れません。

買ってきたバナナは、常温に数日置き、上の写真のようにシュガースポット(バナナの皮にできる黒い斑点)が出るまで完熟させると、バナナジュースが激うまになります。


バナナを手で潰す

まず、バナナの皮をむき、ラップで挟み、手のひらで叩いて潰します。


バナナを冷凍する

そして、ラップをぴったりと密着させ、保存袋に入れて冷凍します。

バナナをつぶして冷凍

この方法でバナナを冷凍すると、空気をしっかり遮断できるので変色しませんし、冷凍庫の中がかさばりません。
また、使う時には手で簡単に砕くことができるので、ジュースにしやすいです。

しかも、1ヶ月ほど保存がきくので、完熟バナナのピークの美味しさをいつでも楽しめますし、さらには、ジュースにする時に氷で冷やす必要もありません。


バナナとミルクをミキサーにかける

バナナが凍ったら、1本分(100g)を手で軽く砕いてミキサー(もしくはブレンダー)に入れ、牛乳(150ml)を加えます。


撹拌したバナナと牛乳

あとは、ミキサーのスイッチをオンにして、ジュース状になるまで撹拌したら完成です。


バナナスムージー

口当たりはトロッとしていて、味わいは濃厚。
砂糖などは一切加えずに作りますが、完熟バナナのおかげで、甘くて濃い味に仕上がります。

一口飲むと、バナナのしっかりとした甘みと爽やかな酸味が広がって、幸せな気分に浸れます。

冷凍バナナをストックしておけば短時間で作れるので、おやつとしてはもちろん、朝食としてもおすすめですよ。

関連レシピ